QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 16:00

プロフィール

CyberBaba 伴 浩明
略称 サイババ(アフロヘアのサイババとは関係ありません ^^)

1962年6月13日生まれ
幼少のころより宗教、心理学、科学に興味を持ち、大学および大学院では電気電子工学を専攻する。20代後半よりインドをはじめ世界各地を巡礼、修行し、仏教、ヒンドゥー教、OSHO(ラジニーシ)、クリシュナムルティ、シュリ・シュリ・ラヴィシャンカール(Art of Living)などを学ぶ。インターネット初期のころよりインターネットでの執筆活動豊富。以来ソフトウェアエンジニア、翻訳家としての活動、修行・研究活動、インターネット活動を交互に繰り返す。

現在、自己の修行とスポーツトレーニングを行うかたわら、スピリチュアルコンサルタントとしてインターネット上にて記事を書く。

工学修士(上智大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻)
第一種情報処理技術者
インド政府公認ヨーガコース修了

趣味 テニス、フリーダンス、音楽鑑賞

質問、ご相談は随時うけつけております。
ただし非公開質問に関しましては有料とさせていただきます。
記事に関連した公開質問についてのみ無料です。

一般の方は1回につき4000円とさせていただきます。
プロの方の質問、相談の場合は別途見積もりさせていただきます。
ブログのメールフォームよりまたはmixiメッセージよりお願いいたします。
筆者mixiページ: http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4306797

浴衣姿
スポンサーサイト

プロフィール  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:00

般若心経目次


タグ :  目次

般若心経  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:10

ヒンドゥー目次


タグ :  目次

ヒンドゥー  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:20

瞑想・慈愛目次


タグ :  目次

瞑想・慈愛  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:30

社会・科学目次


タグ :  目次

社会・科学  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:40

コンピュータ目次


タグ :  目次

コンピュータ  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:45

Bodhi Linux 目次


Bodhi Linux  |  ↑Top

2008/11/26 (Wed) 20:50

コラム目次


タグ :  目次

コラム  |  ↑Top

2008/11/27 (Thu) 21:00

般若心経写経

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。
舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受想行識亦復如是。
舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
是故空中、無色、無受想行識、無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法。
無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。
無苦集滅道。無智亦無得。
以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、
遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。
三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。
故知般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚故。
説般若波羅蜜多呪。即説呪曰、
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
般若心経

般若心経  |  ↑Top

2008/11/28 (Fri) 09:00

般若心経は実践の勧め

般若心経については沢山の解説書が出ていますが、
般若心経の教えで本当に言いたいことは実は難しい理論ではなく、
実際に修行をするようにという実践の強い勧めです。
これからそれを解説していきます。

般若心経で一番言いたい事は何かというと、
やはり最後の般若波羅蜜多呪(真言、マントラ)の部分です。
「羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」

その証拠に、その直前の部分でしつこいほど、
これ以上の真実の言葉はなく一切の苦を取り除く、と言っています。
「是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚故。」

ではこのマントラの意味はなんでしょうか?
この部分は意訳せずに音訳されているので、 従来様々な解釈がされていますが、
中心的な意味は実は明解です。

原語のサンスクリット語ではこうなっています。
「Gate Gate Paragate Para Samgate Bodhi Svaha」
「ガテー ガテー パーラガテー パーラ サンガテー ボーディ スヴァーハー」

それぞれ単語の意味を訳してみます。
・gate 文法的には行ったという過去完了、転じて(乗り越えて)行け、修行せよの意味
・para 向こう岸、彼岸の意味、つまり悟り、涅槃の意味
・sam 強調の意味、または共にの意味、ここではもっと、真剣になどと訳すのが妥当
・bodhi 理解、智恵、悟りの意味
・svaha 幸いなれなどの意味を持つ感嘆詞

マントラ全文の中心的な意味を訳すとこうなります。
「修行せよ 修行せよ
 彼岸を目指して修行せよ 彼岸を目指して徹底的に修行せよ
 智恵、悟りよ幸いなれ」

つまり、「もっと修行せよ、これ以上悟りへ至る真実はない。」
そうしつこく何度も何度も言っていることが解ります。
言い換えれば、実践に勝る教えはない、と言っているのです。
これだけは絶対忘れてはいけないのです。
般若心経を読んだり頭で理解するだけで、 実際に修行しようとしないならば、
般若心経を少しも理解していないことになるのです。

般若心経が実践せよという修行が何かについては、
般若心経は瞑想の勧めで次回解説します。

般若心経  |  コメント(4)  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。