QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/05/01 (Sat) 21:00

中道とはバランスである

ブッダの根本的な教えの一つに中道というのがあります。

中道とは極端に走らないことで、
一般的には苦行と放逸を避けることとされていますが、
もっと突き詰めるとバランスであると言えます。

右に行き過ぎたら左へ寄る、左へ行き過ぎたら右へ寄る、
感覚としてはチューニングが近いと思います。

どこがバランスポイントかと言うと、これは時々刻々と変化しています。
世の中の根本原理として無常、つねに物事は変化する、ということがあります。
ブッダの時代のバランスポイントと現代のバランスポイントは違って当然です。
キリストの時代と地域、ムハンマドの時代と地域でもまた違ってきます。

ですから、細かい戒律に関してはこれが普遍的に正しいというものは存在しないのです。
戒律や規範を持つということはそれはそれで重要なことですが、
何が今の自分にとってバランスのとれた戒律や規範かということは、
過去の教えの中には存在しないのです。

戒律や規範をひたすら遵守するということは大抵の場合バランスを欠き、
ある意味苦行となります。
また戒律や規範を完全に無視するというのもバランスを欠き、
こちらはある意味放逸となります。

綱渡りの曲芸師のように、常に注意深くバランスポイントを保つことが重要でしょう。
常にバランスを保つことは物事が無常なので非常に困難ですが、
バランスを保てばそれが自ずと中道となります。
スポンサーサイト

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/05 (Wed) 21:00

瞑想中に見えるヴィジョン

瞑想中にヴィジョンが見えることがあります。
それを神秘体験や至高体験だと思っている人がよくいますが、
それはほとんどの場合誤りです。
瞑想中に見えるヴィジョンは、ほとんどの場合夢や空想の一種で、
神秘体験でもなんでもありません。
瞑想をすると当たり前のことが当たり前に見えるようになるのが正しく、
まれには違う場合もありますが、ほとんどの場合はいわゆる魔境です。
声などの場合も同様です。

魔境かどうかの判断方法は、ヴィジョンに執着を持ったり、
自分が偉くなったように気になったりしたなら魔境です。

これは他人からみると非常によく判るのですが、本人はそう思わない場合が多いのです。
ですからヴィジョンを見たり声を聞いたりしたら、疑ってかかるのが良策です。
そしてそれもまた無常で過ぎ去るものですから、決して執着しないようにすべきです。
今あるがままがを観る、これが瞑想の本道であることを忘れないようにしましょう。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  ↑Top

2010/05/08 (Sat) 21:00

自分の宗教が一番というエゴ

道の途中でブッダに会ったらブッダを斬れ

よく知られた言葉です。
いろいろな解釈がありますが、一つの解釈は、教えや師に執着するなということです。

いわゆる宗教を見てみると、どの宗教でも、
自分の信じている教えや師が一番だと思って執着しています。
自分の宗教が一番だと信じているのは、
信じる宗教であるキリスト教やイスラム教に限りません。
信じない宗教である仏教やヒンドゥー教、
近くはオショウ(ラジニーシ)やクリシュナムルティの信奉者でも同じです。
宗教に限らず、流派のあるものや、師弟関係のあるものはみなそうです。

なぜか?と聞かれたら、一番だから信じている、そうほとんどの人は答えると思います。
しかし実際は違う場合が多いのです。
「自分」が信じているから一番なのです。
よく自分の心を観察してみましょう。
たぶん一番だと思う根拠は思っているほど強力な根拠ではないはずです。

私は信じているのはない、理解しているのだ、と答える人も多いでしょう。
しかし本当に理解しているならなぜ悟れないのでしょう。
自分が悟っていないのに一番だという根拠は薄弱だと言わざるを得ません。

過去に役に立ったから、と答える人もいるかもしれません。
しかしそれは過去の話です。
そのときから大して進歩していないのはなぜでしょう?

一つの教えを体系的に体得することは重要です。
しかしそれと同時に様々な教えを総合的に理解することにより、
初めて観えてくる世界があります。
例えば、戒律を守ることはその意味があり、
また反対に戒律を一切持たないこともまた意味があり、
両者は矛盾しないということが解ってきます。

自分の宗教でまだ悟れず、また他の宗教はよく知らない、
それでいて自分の信じる教えや師が一番だと執着するのは、
自分が一番だというエゴに他なりません。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)  |  ↑Top

2010/05/12 (Wed) 21:00

八正道(はじめに)

今回から八正道について連載していきたいと思います。

八正道とは四聖諦の四つめの道諦の以下の八つの道です。
正見、正思(正思惟)、正語、正業、正命、正精進、正念、正定

何がブッダのオリジナルの教えか教えでないか、
今となっては確かめることはほとんど不可能ですが、
中道、四聖諦、八正道はブッダのオリジナルというのが通説です。

八正道についてここであらためて書くのは、
このように仏教の基本であることと、
通常の解説は難しすぎるからです。
例えば正見とは無常・苦・無我を見ることであるなどです。
無我をいきなり見ることができれば既に悟っていますから、
もう八正道など必要ないのです。

ここではもう少し解りやすく解説していきますが、
そのため通常の仏教的解釈と異なる場合があるのでご了承ください。

八正道は全て実践するのが理想です。
しかし最初から全てを実践するのは難しいでしょう。
バランスを考えて重要なものからやると良いでしょう。
どれも重要ですが、一般的には最初の正見から順にやっていくのが良いと思います。

次回から具体的項目を二つづつ書いていきます。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/15 (Sat) 21:00

八正道(正見・正思)

今回は八正道の正見と正思(正思惟)です。
八正道の後の6つは、全て何が正しいかという問題が起きますが、
正見と正思がきちんとできていれば何が正しいかが分かります。
従って正見と正思は八正道の中でも基本中の基本といえます。

・正見
正見とは正しく見ることです。
正しく見るとは、フィルター・色眼鏡を通さずあるがままを見ることです。
言い換えると、知識(主に偏見や先入観)や好悪の感情抜きに見ることです。
常識や過去の体験や経典などの書物の知識でさえ、
正見する場合フィルターとして作用します。
物事は無常なのです。
例えば昨日会った人は今日は違うのです。
常に物事を新鮮な目で見るようにしましょう。

・正思(正思惟)
正思とは正しく考えることです。
注意事項は正見とほぼ同じです。
知識(主に偏見や先入観)や好悪の感情抜きに、論理的に考えることです。
知識や感情に振り回されて論理を捻じ曲げてはいけません。
常識や過去の体験や経典などの知識も単なる一情報として扱い、
絶対視はしないしないようにします。
正見で正しく見て、正思で正しく考えれば、正しい結論へ導くことができます。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/19 (Wed) 21:00

八正道(正語・正業)

今回は八正道の正語と正業です。
正見と正思が内面でのものの見方・考え方であったのに対し、
正語と正業は外面での行為についてです。
通常の簡単な説明では五戒を守るということですが、
ただ戒律を守ると言うと拒否反応を起こす人もいるでしょうから、
少し角度を変えて説明します。

・正語
正語とは正しい言葉を話すことです。
具体的には、真実のみを語り、
嘘をつかない、悪口を言わない、荒い言葉を使わない、無駄なことを言わないです。
もう少し突っ込んで言えば、相手に通じる言葉を使うことです。
通じない言葉、例えば相手が分からないような用語を使って話しても無意味です。
しかし、言うべきこと、例えば批判などを言うなという意味ではありません。
相手に通じる言葉であればきちんと伝えるべきです。
しかしそれが不可能だと判断したら黙っているのが賢明でしょう。

・正業
正業とは正しい行いをすることです。
正しい行いとは、他の生命を害したり迷惑をかけたりしないということです。
もう少し突っ込んで言えば、慈悲の心で相手のためになる行動をすることです。
世の中は単純ではないので、正語にしても正業にしても、
その時その状況で何が正しいのか単純には言えません。
中道のバランス感覚と正見と正思を使って、
何が正しいのかをケースバイケースで判断することが重要です。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/22 (Sat) 21:00

八正道(正命・正精進)

今回は八正道の正命と正精進です。
正語と正業が主として、他人や他の生命を思いやるということだったのに対し、
正命と正精進は自分自身を大切にするという見方もできるでしょう。

・正命
正命とは正しい生活をするということです。
バランスのとれた規則正しい寝食を取り、正しい仕事や勉強をするということです。
ここで何が正しいかは、八正道の他の項目に比べれば単純に常識で判ると思います。
仕事について言えば、法律に触れることはもちろん、
他人や他の生命を害するような仕事は正しいとは言えません。
ただし、やはりその境界が曖昧な場合もありますし、
寝食についても病気や仕事の都合などで必ずしも規則正しいだけが良いとも言えないので、
中道のバランス感覚と正見・正思で何が正しいかを判断する必要があります。

・正精進
正精進とは正しい努力・修行をするということです。
ここで先ず問題になるのは、努力は必要かということです。
一切の努力は無駄である、自然であるがままが一番であるという考え方もあるからです。
しかしブッダは努力は必要だと言っています。
また、究極的には努力が役に立たないという賢者たちも、
それは究極的にはということで、やはり努力は必要だというのが一般的立場です。
どういう事かと言うと、ある問題を解こうとしてもどうしても解けない、
あきらめてトイレに行ったときふっと解けるというような事です。
最終的に努力をなくしたときに問題が解決する、
しかしそれまで努力していなければやはり解決しなかったのです。
悟りも同様なことが言えるようです。
悟ろうと努力しているうちは悟れない、しかし努力なしではやはり悟れないそうです。
つまり正しい努力が必要だということです。
次に問題なのは、やはり何が正しいのかということです。
何が正しい精進なのかはおそらく八正道のうちで一番難しいです。
上記のように、最終的には努力で解決しないことが多いからです。
やはり中道のバランス感覚と正見・正思で判断しながら、試行錯誤するしかないでしょう。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/26 (Wed) 21:00

八正道(正念・正定)

八正道最終回、正念と正定です。
正念と正定はヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想を指しています。
(ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想については瞑想学基礎をお読みください。)

・正念
正念とは、パーリ語では sammaa sati で、正しい気づきです。
sati は念と訳されていますが、念じることではなく気づきです。
従って気づきの瞑想である、正しいヴィパッサナー瞑想をするという意味です。
ヴィパッサナー瞑想についての簡単な知識は過去にたくさん書いていますので、
瞑想・慈愛目次より過去記事を検索してください。
ここでまた問題になるのが、何が正しい気づきなのかということです。
目安としては、徐々に常に気づいているようにする、
徐々に深く気づいているようにするということです。
しかし何が正しい気づきなのかは簡単ではないので、
良い指導者を探すことが良いでしょう。

・正定
正定とは、パーリ語では sammaa samaadhi で、正しいサマーディ(禅定)です。
従ってサマーディの瞑想である、正しいサマタ瞑想をするということです。
サマーディが必要かどうかについては、仏教界でも異論がありますが、
八正道の一つとして必要だとブッダは言っています。
サマーディに関してはやはり過去にたくさん書いていますので、
瞑想・慈愛目次より過去記事を検索してください。
ただしあくまでも分かりやすく書いているので、
正確なことは、「サマーディ」「禅定」「四禅」などのキーワードで検索してください。
正しいサマーディに達するのは非常に難しいです。
独自でやると魔境に陥る可能性も高いです。
やはり良い指導者やメソッドが大切になるでしょう。
なお、サマーディを修行するメソッドとしてはパオ瞑想がシステム的に優れていますが、
それでもサマーディに達することができる人は多くはありません。
それだけ難しいので、単独でサマーディに達したというのは大抵の場合魔境ですので、
単独ではやらない方が良いでしょう。

以上で八正道シリーズを終了します。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/05/29 (Sat) 21:00

ネットで正語

以前八正道(正語・正業)で正しく語ることが重要だと述べましたが、
特にインターネット上では注意すべきです。

よくネットでは伝わらないという人がいますが、それは間違いです。
ネットの方がよく伝わることはたくさんあるのです。
ネットでの会話は書き言葉と話し言葉の中間で、
本音が書き手の予想以上に増幅されて伝わり、
相手の本音を知るにはネットの方がよく分かるとさえ言えます。

しかしなぜネットでは本当に誤解されることが多いのでしょう?
それはネットの言葉は本来書き言葉であるのに、
話し言葉のように気楽に使えるため、
話し言葉のように気楽に書いたことが、
書き言葉のように深刻に相手に伝わってしまうためです。
冗談さえ冗談として受け取られない場合も多々あります。

もう1つは、書き足りない足りないことや書き間違ったことがあったとしても、
それを訂正することが難しいからです。
相手の返信が無いのに追記で補足や訂正をするのはかえってしつこく感じられ、
相手の反応を見ながらフォローするということができないためです。

ですからネットでは正語を普段以上に気をつける必要があります。
特に相手と直接の面識の無い場合、匿名の場合はより気をつける必要があります。
ネットでのコミュニケーションは今後より重要さを増していくと考えられます。
ネットのコミュニケーションは特別とは考えずに、
正語を心がけて有効に活用しましょう。

参考記事
八正道(正語・正業)

社会・科学  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。