QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/06/05 (Sat) 21:00

悟り・無我・空

今回は、もう一度原点に帰って、悟り(大悟)とは何かについてです。
悟ったと思われる人たちの言説を総合すると、論理的には悟りとは簡単です。

悟りとは、我という者は存在しないと実感することです。(無我)
そして全体と一つであると実感することです。(空)

無我や空の境地については言葉では説明できないそうです。
それは、リンゴを食べたことのない人にリンゴの味を説明するようなものだそうです。
しかしそれでも断片的には知ることができます。
苦の滅却、全体との一体感、観るものと観られるものの一致、無心などです。
これは特定の宗教に限ったことではなく、様々な人たちがそう言っています。

気をつけなければならないのは、これらを語る人たちが、
皆本当に悟っている訳ではないことです。
無我を語りつつエゴの塊のような人もいます。
そういう人たちは魔境にいます。

悟れば無我であり空なので、自他の差別がなくなり、
慈悲深く洞察力に優れているのは、論理的に当然の帰結です。
そうではない人もたくさんいるので注意が必要です。

しかし悟りとは特別な人たちの特殊な境地と考えるべきではないでしょう。
自分自身の本質の問題であり、誰もが悟れる可能性はあるし、また必要もあるのです。

参考記事
悟りとは何か?
悟りの判定方法
スポンサーサイト

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/06/09 (Wed) 21:00

頓悟と漸悟

頓悟とは、究極の悟りに一足飛びに達することです。
漸悟とは、徐々に究極の悟りに達することです。

悟りとはいきなり訪れるものなのでしょうか、
それとも徐々にやってくるものなのでしょうか?

悟りとは実感による理解ですから、その性質上、
その前後では何か飛躍的な違いがあります。
その意味では頓悟しかないとも言えます。

しかしそこに至るまでは努力や積み重ねが通常必要で、
その意味では漸悟が普通で頓悟は特殊ケースとも言えます。

では本当の頓悟、つまり修行も何もしないで悟るということはあるのでしょうか?
どうやら無いとは言えないようです。
何かのきっかけ、例えばブッダに出会って一言説法を聴いただけとか、
事故に遭ったとかで、それまで何もしていない人がいきなり悟ることもあるようです。
しかしそれは特殊ケースと考えられます。

通常は努力修行が必要で、徐々に悟っていくようです。
しかし悟りの瞬間は大きな飛躍があり、それは突然訪れるようです。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

2010/06/16 (Wed) 21:00

プラユキ・ナラテボー瞑想合宿

purayuki.jpg


ヴィパッサナー瞑想の一種である手動瞑想を修行に取り入れている、
タイ上座部仏教ルアンポー・ティアン派スカトー寺副住職、
プラユキ・ナラテボー比丘の瞑想合宿に行ってきました。

ルアンポー・ティアン派の修行方法というより、
プラユキ・ナラテボー比丘に興味が惹かれて行ったのですが、
想像以上に素晴らしい方でした。
穏やかでゆったりしていて笑顔が素晴らしい。
お坊さんにありがちな上から目線がなく、講義も親切で解りやすく、
仏教を初めて学ぶ人にも、ある程度知っている人にもとても役に立ち、
受け売りの知識なし、否定的な言葉も全くありませんでした。
面白いワークなどもあり、話しも上手で聴衆の集中力を切らしませんでした。

ダライ・ラマの解説でさえよく解らなかった十二因縁の話が眼から鱗で、
これを解るように解説した人は初めてでした。

個人面談などもして結構話し込みました。
その中で特に良かったのは、一切皆苦は本当か?という話です。
筆者は一切皆苦は間違いだと思っていますが、プラユキ・ナラテボー比丘も同意見でした。
なぜなら四聖諦の滅諦で、ブッダは苦は滅することができるとはっきり言っているから。
滅することができるのだから一切皆苦ではないというご意見でした。
いままで一切皆苦についてはいろいろ議論したことがありますが、
こんなあっさり単純明快に言い切った人は初めてでした。
性格も見解も穏やかで明るく、仏教界を背負って立つ方だと思いました。

ミクシィコミュニティ「プラユキ・ナラテボー比丘」も作成しましたので、
ミクシィ会員の方は是非ご参加ください。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5086426

プラユキ・ナラテボー比丘プロフィール
本名、坂本秀幸。1962年、埼玉県生まれ、上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動を行い、タイ語を学ぶ。
大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。
1988年、ルアンポー・カムキアン師の下にて出家。

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの特徴についても併せてお読みください。


コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  ↑Top

2010/06/19 (Sat) 21:00

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの特徴

Luangpor_Teean.jpg

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーは、
タイ上座部仏教のルアンポー・ティアン派で修行されている瞑想法です。
ルアンポー・ティアン派はルアンポー・ティアン比丘(1911-1988)に由来します。

ただしルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーという呼び名は一般的ではなく、
筆者が仮にそう呼んでいるだけです。
一般的にはチャルーン・サティマハーサティ瞑想
気づきの瞑想、手動瞑想などと呼ばれていますが、
どれも固有名詞として使うにはふさわしくないので、
仮にルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーと呼ぶことにしました。

ルアンポー・ティアン派では最初からサマタ瞑想もヴィパッサナー瞑想も行います。
(サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想については瞑想学基礎をご参照ください。)
しかし重視されているのはヴィパッサナー瞑想です。

ルアンポー・ティアン派ではいくつかのヴィパッサナー瞑想を修行しますが、
主なものは手動瞑想、歩行瞑想の2つです。
特に手動瞑想は特徴的かつ重視されています。
手動瞑想は手を一定のパターンでリズミカルに動かし、その動きに気づくという方法です。
目は通常開いて行いますが、目を閉じて行う場合もあります。
具体的にどのような動きをするかは文章ではウィキペディアに、
画像ではYouTubeのこちらにいくつか出ています。
歩行瞑想ではゆっくり目にあるき、足の動きに気づくという方法をとります。
手動瞑想、歩行瞑想共に、マハシ式ヴィパッサナーで行うような
ラベリング(気づきを言語化する事)は、ルアンポー・ティアン式では行いません。
言語化をせずにただ気づいていきます。
また手動瞑想、歩行瞑想以外に、ゴエンカ式ヴィパッサナーのように、
体の感覚に気づいていくという瞑想法などもあります。

サマタ瞑想は補助的にのみ用いられ、パオ式のように高い禅定を求めることはありません。
瞑想法としては呼吸を見つめる瞑想であるアーナパーナ・サティなど、
四念処経(中部経典)にある瞑想から適宜選んで修行されます。

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの基本的アプローチとしては、
高い禅定のような特殊な意識状態ではなく日常での意識状態で、
また特殊なテクニックをなるべく用いずに、
日常での体や心の動きを観察し気づいていこうとすることで、
ある意味非常にヴィパッサナーらしいヴィパッサナーだと言えると思います。

日本にはプラユキ・ナラテボー比丘によって紹介され指導されています。
プラユキ・ナラテボー比丘の瞑想合宿に参加したときの感想は、
過去記事プラユキ・ナラテボー瞑想合宿にありますので併せてお読みください。



シリーズ記事
ヴィパッサナーの種類
パオ式ヴィパッサナーの特徴
マハシ式ヴィパッサナーの特徴
ゴエンカ式ヴィパッサナーの特徴
ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの特徴
山下良道(スダンマチャーラ)式ヴィパッサナーの特徴
オショウ式ヴィパッサナーの特徴
ティク・ナット・ハン式瞑想の特徴
現代ヴィパッサナーの歴史

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/06/23 (Wed) 21:00

片足歩行瞑想

足の動きに注意を向け気づく歩行瞑想がなかなか上手くいかない方、
ラベリング(気づきを言語化すること)をするしないに関わらず、
結構多いのではないでしょうか?

その最大の理由は足が二本あることにあります。
足が二本あるので意識を右左と常に切り替えなければなりません。
これで気が散ってしまい、足の動きを詳細に観察できないのです。

今回はそれを解消するための裏技です。
とても簡単な方法で、片足だけを観察すれば良いのです。

先ず右足だけに注目し、
上がっている、前へ行っている、下がっている、踏みしめているという、
完全なサイクルを観察します。
両足の時より足の動きを詳細に観察できることが分かると思います。
しばらくしたら観察する足を変えます。

右左交互に片足だけ観察することが上手くできるようになったら、
今後は両足同時に観察します。
すると自分がどのように歩いているかが非常によく分かるようになります。
両足で上手くいかなくなったらいつでも片足に戻します。

この方法で上達すると、ゆっくり歩くのではなく、通常の速さで歩いても、
自分が何をしているかが非常にクリアーに見えます。
集中力もつき、またとても楽しい瞑想法なので、是非試してみてください。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/06/26 (Sat) 21:00

悟りに抵抗がある人へ

最近あらためて気づいたことなのですが、
悟りという言葉に抵抗がある人、結構多いようですね。
確かに、悟りを開いたとか、あの人は悟っているとか、
なにか大袈裟かつ偉そうで、にもかかわらず馬鹿げた感じもします。
(ちなみに悟りを開いたとういう表現は日本語としておかしいです)

悟りとは何か?と言えば、
広い意味では(小悟)は何でもいいから何かに気づき実感として理解すること、
狭い意味では(大悟)は自分の本質に気づき実感として理解することです。
そして大悟すると一切の苦を滅することができるとされています。

しかしやっぱり悟りという言葉が気にいらない人は、
単に苦を滅すると考えればよいと思います。
小さい苦がなくなることが小悟、全ての苦がなくなることが大悟です。
そして日々苦をなくす努力をすることが修行です。
一つ苦をなくせば一つ悟ったのです。
そして全部の苦がなくなれば本当の悟り、つまり大悟です。
そして大悟したときは自分の本質も理解することができる。
こんな風に考えてはいかがでしょうか?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/06/30 (Wed) 23:00

スポーツとナショナリズム

サッカーワールドカップ、日本はパラグアイに負けてしまいましたね。
筆者はスポーツにナショナリズムを持ち込むのは大嫌いですが、
それでもワールドカップには賛成だし、日本を応援していました。

どういうことかというと、ワールドカップのような世界大会は楽しいし、
そのときのチーム編成単位が国になるのは自然なことだと思うのです。
そして自国というのはいわば地域代表であって、
やはり応援してあげるのが自然だと思います。

甲子園の高校野球を例にとるとわかりやすいと思います。
出身都道府県に特にアイデンティティはないが、一応地元を応援する。
応援しているが自己同一化や執着はなく、他都道府県代表もやっぱり応援してあげる。
ワールドカップやオリンピックはこういう態度でいるのが良いのではないでしょうか?

一番馬鹿げているのは国への自己同一化です。
普段サッカーは全く知らないし選手も知らないのに、
チームが国だと思い、自分を国への自己同一化をしてしまうことです。
そしてそこに喜怒哀楽をぶちまける。
これは精神修養上まったく意味がなく害があります。

また逆の態度もあります。
ナショナリズムが嫌いだと言って、わざと全く無視することです。
もちろん本当にサッカーに興味がないならそれでも良いのですが、
無理してわざと無視をする。
これは自己同一化よりははるかにましですが、やっぱり無理があります。

自己同一化もせず、かといってわざと無視することもなく、
その中間にいること、これも一つの中道だと思います。

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。