QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/08/07 (Sat) 23:00

欲望は滅する必要があるのか

欲望はいけないとよく言われます。
この言葉を聞くと人々の反応は大抵2つに分かれます。
1つは鵜呑みにしてその通りだと言う人と、
もう1つは反発して欲望は必要だと言う人です。

しかし一言で欲と言っても実はいろいろな種類があります。
筆者は以前、欲求と欲望という記事で、
必要なものを求める欲求と、必要でないものを求める欲望を区別しました。
さらに欲には、もう一つ向上心というものがあります。

ちょっと整理してみます。
・欲望  必要のないものを求める心
・欲求  必要なものを求める心
・向上心 必要がないように見えるが、実はあった方が良い欲
これらはすべて欲ですが、性質が違っています。

このうち滅しなければならないのは欲望です。
なぜならば欲望は苦の原因となるからです。
必要でもないのに追い求め、不満の心が生じます。
欲望が叶えられても満足するのは一瞬で、再び不満が持ち上がってきます。

欲求は必要なので仕方がありません。
向上心は自分あるいは他人の苦を滅しようとする心だとも言えます。
この2つは滅する必要はありません。
しかし欲望は滅する必要があります。

ここでは概略だけを書きましたが、ご自身でよく観察・考察してみてください。

関連記事
欲求と欲望
スポンサーサイト

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。