QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/12/22 (Wed) 06:00

瞑想で何が変わるか

昨夜は月食でしたね。(雨で見えませんでしたが)
月食の日には特別なパワーがあると言われていますが、筆者は特に信じていません。
もちろん月や太陽の動きは潮の満ち引きなども司り、
人間にも大きな影響があるはずなのは間違いありませんが、
一部の人たちが信じるほどの大きなパワーだとは思えません。

さて月食の影響なのか、それとも偶然なのか、
昨日は人との会話などにおいていろいろなことがありました。
その中から一つ。

瞑想で何が変わるかということについてです。
極端に言えば瞑想では何も変わりません。
ただ、ものの観方が変わるのです。
もっと言えば、自分の思い込みや概念、つまりいわゆる妄想が晴れて、
物事があるがままに見えてくるのです。

昨日ある人から、早朝覚醒(朝早く目が覚める)で悩んでいると相談されました。
4時とか5時に目が覚めてしまって辛いということでした。
睡眠時間が短くて辛いのかと思いよくよく訊いてみると、
夜は8時くらいにくたぁっと寝てしまい、それも悩みだと言います。

筆者が、それは早寝早起きで良いことじゃないか、と言うと、
えっという顔をした後、そうか良いことなんだ、と気づきました。
そしてその悩みは消えてしまったのです。

現実は何も変わっていません。
その人は相変わらず8時に寝て4時に目が覚めるでしょう。
しかしものの観方が変わり妄想が消え、苦が滅したのです。

これが瞑想のエッセンスです。(もちろんこれだけではありませんが)
今回は自分で気づいたのではなく、他人に気づかされましたが、
瞑想をすることにより、自分で気づけるようになり、苦を滅していくことができます。
瞑想によって変わるのは、ものの観方なのです。
スポンサーサイト

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  ↑Top

2010/12/23 (Thu) 20:00

プラユキさん動画など



プラユキ・ナラテボー師の説法の様子の動画がありますのでアップしておきます。

タイ語ですが、お寺の雰囲気がよく伝わり、また、説法中にバックで
気づきの瞑想をおこなっている僧侶や村人の様子も見れるので、
みなさんに楽しんでもらえるのでないかと思います。
(ナラテボー師自身のコメント)


他に、瞑想会に参加された方のブログなどのリンクを貼っておきます。
コアから輝くとき「気づきの瞑想」
私には夢がある「講演&瞑想会 実施報告 in 伊勢」
起業家アソシエーション プロジェクト8「本格的「瞑想」初体験!」
アート&ヨーガ(浜松・磐田)「ララテボー師の瞑想会」
Yogini Sita のひとりごと「プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会」
ヨガ・ライフ~by Soul Yogi 「プラユキさんとプチ瞑想会」
そのまんまでマイ ペンライ!「プラユキ・ナラテボー師に会いました」
智恵の海「プラユキ・ナラテボー瞑想合宿」

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/12/25 (Sat) 20:00

レイヤー的ものの観方

前回瞑想でものの観方が変わるという話を書きましたが、
それに関連して今回はレイヤー的ものの観方という話です。

レイヤーとは階層構造のことです。
コンピュータープログラミングなどに詳しい方はピンとくると思います。
典型的なのはインターネットプロトコルレイヤーです。
しかしインターネットプロトコルでは例として専門的過ぎるので、
もう少しわかりやすい別の例を示します。

例えばコンピュータの文字情報です。
一番下のレイヤーでは、文字は0と1に変換され、
電荷の+-や磁極の向きや光の反射率などの物理状態として記録されます。
その上のレイヤーでは文字は文字コードとして記録されます。
そして一番上のレイヤーでは文字は文章として意味を持ちます。

それぞれのレイヤーは互いに関連はありますが、
それぞれ別の世界に属していて、
それぞれ別の秩序、規則、法則、情報があります。

大雑把な表現をすれば、物事を詳細に見ていって、
最終的には物理状態なのだから文字情報には意味がない、
そういう観方がテーラワーダ(仏教上座部)的ものの観方で、
逆に文章の意味に注目し、
物理情報などは文字情報の本質ではないのだから物理情報など意味がない、
そういう観方が大乗仏教やスピリチュアル系的ものの観方だとも言えると思います。

よくテーラワーダでは、花を見て美しいと思うのは妄想だ、ただ色と認識しなさいとか、
声を聞いたらただ音だと認識しなさい言いますが、
これは一番下のレイヤーだけに着目したものです。
しかし眼や耳で受け取った情報には別のレイヤーの情報も含まれています。

もし花が美しいと思うのが妄想なら仏壇に花を供えるのはナンセンスですし、
声が単なる音ならば、ただ音だと認識しなさいという言葉そのものが何の意味も持たず、
言っていること自体が自己矛盾しています。

逆に花の美しさや言葉の意味だけに捉われ、
それを過大視し、下のレイヤー情報を無視するのも偏ったものの観方です。

それぞれのレイヤーは別の情報を持っているという、
多元的ものの観方が正しいものの観方であり、
正見であり中道であるといえます。

関連シリーズ記事
統合的アプローチ、分類的アプローチ
レイヤー的ものの観方
水平的多角的ものの観方

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  ↑Top

2010/12/28 (Tue) 20:00

水平的多角的ものの観方

しかし、~ですが、このブログにはこういう逆説の接続詞が多いことに
気づいている方も多いと思います。
逆説の接続詞は否定的であってあまり使うべきではないと考えている人も多く、
筆者もなるべく使わないようにはしていますが、それでも多い。
それは多角的に物事を観ているからです。

前回の記事は垂直的レイヤー的ものの観方でしたが、
今回は水平的多角的ものの観方です。
水平的多角的に観る違った例を2つ挙げます。

1つ目は長所は長所、短所は短所という例です。
例えばある2つの製品があるとします。
ある製品は品質は良い、しかし値段が高い、
もうひとつの製品は安い、しかし品質が悪いという例です。

2つ目は長所=短所、短所=長所という例です。
やはり2つの製品で、片方は機能が少なく、片方は機能が多い例です。
機能が少ない製品は使い方が分かりやすく簡単に使える、
しかしやりたいことが制限される。
機能が多い製品はやりたいことは何でもできる、
しかし使い方が分かりにくく難しいという例です。

垂直的レイヤー的ものの観方や、以前書いた統合的アプローチ、分類的アプローチとは、
また違った観方だと理解いただけたでしょうか?
他にもたぶんいろいろな観方があるかもしれませんので、
また気がついたら書きますし、みなさんも探してみてはいかがでしょうか?

関連シリーズ記事
統合的アプローチ、分類的アプローチ
レイヤー的ものの観方
水平的多角的ものの観方

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2010/12/30 (Thu) 18:00

健全なエゴ

エゴというのは否定的な文脈で語られることが多いですが、
健全なエゴというものは必要です。
プラユキさんはよくこうおっしゃります。筆者も自分なりに考察してみました。

エゴという言葉がどういう意味で使われるかは人により文脈により様々ですが、
基本にあるのは個としての自覚ということがあると思います。
「私」という意識です。
そして「私」には領域や境界という概念が伴い、通常は身体や身体の周りの空間や、
周りの物質や心を含めた情報などが「私」の領域に含まれます。
つまり区別です。
エゴというのは個としての自覚・区別が基本であり、社会生活を営む上では必須です。

ではエゴがなければどうなるかと考え、
個としてのエゴが希薄な生物の典型として、ミツバチを思い浮かべてみました。
ミツバチは個としての自覚がないまたは希薄で、
代わりに群れとしてのアイデンティティ、エゴを持っています。

働き蜂はせっせと働き、群れの危機の場合は進んで命を捧げます。
女王蜂と雄蜂は子作りに精を出しますが、
これも自分のためというより、群れのためという要素が強いです。

次に、こういう生活、個としてのエゴのない生活を人間がやったらどうなるかと考えました。
これは人間にとっては苦痛でしょう。
プライバシーは全くなく相部屋の生活、自他の区別もない、
個性もない部品のような生活が思い浮かびました。

さらに、別の観点から考えました。
ミツバチは個としてのエゴは希薄ですが、群れとしてのエゴはまだ持っています。
これもなくして宇宙全体の一部であるという意識を持ったらどうなるか。
ミツバチの生活はあまり変わらず、また今以上にハッピーでもないでしょう。

結論として、個としての自覚・区別という意味でのエゴは必要で、
それはブッダでもキリストでも持っています。
それがなければ教えも説けないどころか、生活もできません。
そして「私」のことだけが全てを理解できる可能性を持っていて、
また「私」のことだけが完全にコントロールできる可能性を持っています。

ではブッダの説いた無我とは何だろうかという疑問が残ります。
おそらくそれは善悪の判断をせず徹底的に我を観察した結果、
全く別の次元、別の角度からの観方を発見したのだと考えられます。
そして、エゴをただ否定するだけではその境地に達することは不可能でしょう。

関連記事
不健全なエゴ

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(15)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。