QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/08/02 (Tue) 16:00

死んだらどうなる?3つの可能性

筆者は死んだらどうなるかについて論じる事は好きではありません。どうなるかについて証明することができないからです。そういうことをあれこれ考えたり論じたりするよりも、今ここを気づきと慈愛と智恵を持って正しく生きる、そうすることが一番重要だと思っています。しかし親しい人の死に直面して、死んだらどうなるのかについて考えてしまったので、整理して書いてみました。

死んだらどうなるかについては、大きく分けて3つの説があります。
  1. 死んだら終わりで何もなくなる
    唯物論や唯脳論など現代科学の多くがとる立場です。
  2. 死んだら天国または地獄に振り分けられる
    キリスト教やイスラム教などがとる立場です。死後直後に振り分けられるのではなく、最後の審判までの猶予期間がある場合もあります。
  3. 死んだら別の生命に輪廻転生する
    仏教やヒンドゥー教などがとる立場です。死後直ちに転生するという説や四十九日などの一定期間後に転生するという説などがあります。ただし解脱や神との合一などで、輪廻から解放される可能性があるという説が有力です。

ではブッダは何と言ったのでしょうか?いくつか説がありますが、死後については黙して語らなかったという説と、上記どれもが間違いであると言ったという説が有力です。どれも間違いであるというのは、断見常見を退けたという説です。断見とは上記の1番にあたり、死んだら何も無くなるという説です。常見とは上記の2番や3番にあたり、死んでも何かが永遠に続くという説です。仏教では通常、輪廻はあるが魂は無いと言っていて、それは常見ではないとしていますが、魂という言葉を使わないだけでそれに代わる何かが永遠に輪廻を繰り返すと言っているのでこれは常見でしょう。

断見も常見も誤りであるという説は、無常や無我という考え方とも一致します。「今の私」というものは、因縁つまり関係性によって変化しながら存在しているだけで、確たる実体としてそれ自体で存在はしていない。死んだらやはり因縁によって何かがあると言えばあるが、やはり確たる実体としてそれ自体で存在はしていない。つまり死んだら「今の私」は存在しない。

しかしやはりこれも単なる思考に過ぎず、死んだらどうなるかの証明にはなっていません。そうなると黙して語らない、あるいは我々であれば、そういうことを気にしないということが正しい態度だと思われます。たまに考えるくらいならともかく、いくら真剣に考えても結論が出ないので、無駄であるばかりでなく、妄想の世界に引きずりこまれる可能性が高いからです。

正しい生き方は死んだらどうなるかを気にせず、今ここを気づきと慈愛と智恵をもって正しく生きるということでしょう。そしてそういう生き方は上記3つどの場合でも、あるいはそれ以外であっても損する可能性はまずありません。死んで終わりなら死後に後悔することはありませんし、死後天国へ行けるか良い生に生れたり解脱できるのであればそれはそれで結構なことです。それら以外でも、今ここを気づきと慈愛と智恵をもって生きることが損する可能性は思いつきません。なによりも、今ここを気づきと慈愛と智恵を持って生きれば、未来の不安などなくなりますし、今を充実して生きることができます。

【注記】
  • 気づき 見たまま、感じたままを、そのままとらえること。人間は通常強く思考していることが多いので、見れども観えず、聞けども聴こえずの状態にあることが多い。特に自分自身の心身に気づくことが重要。
  • 慈愛 他の人や生命を思いやり、苦がなくなり幸福になることを願う気持ち。
  • 智恵 理解、洞察。借り物の知識ではない論理、道理。
スポンサーサイト

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

2011/08/12 (Fri) 23:30

このブログは瞑想ガイドブックです

このブログにも登場するある方の法話の中で、「分類分けしてカタログ化するのは生きた蝶を標本化するようで嫌だ」という批判をいただきました。しかし筆者はこのブログを瞑想世界へ旅行ガイドとして書いている面が強いので、カタログで結構だと思っています。また蝶の標本ではなく、スケッチです。ですから筆者が良いと思った方は(特にヴィパッサナー瞑想関連ですが)、なるべく満遍なく紹介するようにしていて、登場しない人がいないように心がけています。(最近プラユキ・ナラテボー師に肩入れしがちではありますが。)

特に、瞑想に興味があるが、まだほとんど知らない、こういう人達のガイドブックを目指しています。その場合、カタログ化は必須です。A師の説く教えしか知らないで、それが全てだと思ってしまうと、B師が偽者に見えてくる。あるいはA師は自分に合わないがどうすることもできない。そういう事態を避けることができます。

また、ヴィパッサナー瞑想界も含めて宗教界は現在結構分立対立状態にあり、セクショナリズムが蔓延っています。誰もが自分の所が一番だと思い、他は間違っているか劣っていると考えています。そうではなく、それぞれの人に合った教えやメソッドがあるはずだというのがこのブログの基本スタンスです。どれか特定の派の中からその派を中心に観るのではなく、外から平等に客観的に観ることも必要です。そうすることでセクショナリズムも崩れていきます。


最近、高校時代の倫理社会の教科書を引っ張り出しました。その教科書には世界や日本の思想家の思想が網羅的客観的に辞典のように書かれています。思い起こしてみると、生涯でもっとも役に立った本の一つです。もちろんそれぞれの項はそれほど長くはなく、感銘を受けるというような本ではありませんが、全体像や個々の特徴がよく分かります。その中で当時特に印象に残ったのが、ブッダの項と実存主義の項です。しかし他の人は違うところが印象に残ったかもしれません。もちろんこの教科書はさわりの部分しか書いていませんが、あとは自分で実際に観てみればよい。ガイドブックとして役に立ったのです。


さらに心がけているのは、情報として純粋化するということです。なるべく主観を書かない、こちらから押し付けないということです。情報を得て、どう選択するかは読者の判断を最優先しています。


そういう方針ですので、カタログ化されて気に入らない方もいらっしゃるでしょうが、読者の立場に立てば役に立つことですので、ご理解お願いいたいます。また読者の方は単なるガイドブックとして使い捨てされて結構ですので、このブログを情報を手がかりに「実際に体験の世界」へ進んで行かれれば、これに勝る幸いはありません。

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。