QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2012/01/09 (Mon) 15:30

説法と説教

説法と説教は似ていますが、意味をよくよく考えてみると、面白い違いがあることが分かります。説法は法(道理)を説くという意味で、説教は教えを説くという意味です。仏教ではお坊さんが説法をすると言いますが、キリスト教では神父さんや牧師さんが説教をすると言います。ちょっと見ると単なる用語の違いのようですが、実は2つの宗教の本質的なものの考え方を非常によく表しています。

seppou.jpgsekkyou.jpg

仏教では法(道理)というものは、自分自身によって、体験により理解することが必要だと考えます。従って、自分自身で理解できるように道理を解説し、法を説くのが説法です。

キリスト教では真理とは神が定めたものであり、神のみが知るものであり、人智で知る事はできないと考えます。従って、神の御心のままに従うことが正しいと考え、神の教えである聖書の教えを説くのが説教です。

説法は自分自身で理解することを求め、説教は理屈抜きに従うことを要求します。

もちろんキリスト教でも文字通りの意味での説法をすることはありますし、仏教でも文字通りの意味での説教をすることもあります。しかし原則としてキリスト教は説教であり、仏教は説法なのです。そしてキリスト教ではそれを無条件に信じることが重要だとします。反対に仏教ではそれを自分で確認せずに信じてはいけないということが重要であるとします。良い悪いではなく、仏教とキリスト教ではそういう考え方の違いがあります。

ところで、そういう聖職者ではなく、我々一般人が現実の場で、たとえば子供や後輩などに、説法することと説教することはどちらが良いのででしょうか?それは相手の年齢や理解力などによって異なってきます。相手に道理が通じる場合には説法の方が有効でしょうし、とにかく絶対に正しいという確信がありかつ相手に道理を説いても通じない場合には説教が必要でしょう。しかし通常の場合、正しいという確信があるのに相手に道理が通じないケースはそれほど多くはありません。従って、特別な場合を除き一般的には説法をすべきです。特に相手の年齢が高くなるに従って、説教は控え説法をすべきです。説教はほとんど最後の手段と思ったほうが良いでしょう。むやみに説教するのは、自分自身が解っていない証拠です。
スポンサーサイト

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

2012/01/24 (Tue) 17:00

八正道は必要十分か?

筆者は事あるごとに人に八正道を勧めていますが、先日ある人と、八正道は誰にとっても必要か、あるいは八正道で十分だと言えるのか、という話になりました。筆者の個人的な結論から言うと、八正道はルールブックではなく、誰にとっても必要十分とは言えないが、一般論としてガイドブックとしてとても有効な方法であり、王道であると考えています。

先ず八正道は何のためにあるかというと、苦を滅するための道としてあります。現代風に言えば自他ともに幸福になるための方法です。そのために八正道が有効な方法・心がけかどうかを検討してみます。

八正道をもう一度、平たく筆者の言葉で書きます。正しいという言葉が何度も出てきますが、これは事実として正しいという意味と、自他ともに幸福になるための方法として有効という意味の両方があると考えてください。

・正見 正しく見ること。
偏見・先入観などなしにあるがままを見ること。何が正しいかを知るための基本なので当然だと言えるでしょう。

・正思 正しく考えること。
感情や思い込みに振り回されず、論理を捻じ曲げたり飛躍させたりすることなく、論理的に考えること。正見と同様、何が正しいかを知るための基本なので当然だと言えるでしょう。

・正語 正しい言葉。
嘘をつかないこと、人が傷つく言葉、不快になる言葉を言わないこと。嘘をつくと混乱しますし、自分自身も嫌な思いをするので、原則としては当然でしょう。また人が傷つく言葉、不快になる言葉は自他ともに幸福になるという目的に反するので当然でしょう。

・正業 正しい行い。
他を害する行動をしない、益する行動をとる。自他ともに幸福になるという目的からすれば当然でしょう。

・正命 正しい生活。
自分を害する行動をしない、益する行動をとる。自他ともに幸福になるという目的からすれば当然でしょう。

・正精進 正しい努力。
努力しないで幸福が転がり込んでくると考える人もいるようですが、自他ともに幸福になるにはやり努力が必要でしょう。何が正しい努力かは判断が難しいところですが、自他ともに幸福になるという目的を忘れないようにし、正見・正思を適用すればだいたい見当はつくでしょう。ちなみに間違った努力というのも存在します。例えば苦行です。

・正念 正しい気づき。
注意力と言っても良いかも知れません。気づきがなければ何も分からないも同然なので、当然といえるでしょう。

・正定 正しい心の安定。
心が安定していれば自分はある程度幸福ですし、他も幸福にしやすいでしょう。また上記7つを実践しやすくなるでしょう。

こうしてみると、自他ともに幸福になるための一般論・ガイドブックとしては至極もっともだと言えると思います。どのような信条・価値観を持った人にでも通用するでしょう。そして八正道をもっと短い言葉で表現すると智恵と慈愛(仏教用語で言えば智慧と慈悲)、八正道を実践する上で気をつけるべきことがバランス感覚、つまり中道と言えると思います。

筆者はこれを特に「仏教」として勧めている訳ではありません。例えて言えば、健康になりたい人(自他ともに幸福になりたい人)に、運動(八正道)を勧めているようなものです。そして八正道は王道だと思っています。また上記の解説は平易に書きましたが、突き詰めて実践すると大変奥が深いとも感じます。異論は多々あるとは思いますが、筆者のスタンスをご理解いただければ幸いです。

次回は八正道が必要十分ではない例として、人の話を聴くことについて書きます。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/01/25 (Wed) 17:00

八正道が必要十分でない例(正しく聴く)

前回八正道は必要十分か?で、八正道は苦を滅する道、現代風に言えば自他ともに幸福になるための方法として、思想や信条や価値観が違っていても多くの人にとって非常に有効な方法・ガイドブック・心がけであり、王道だということを書きました。今回は八正道が必要十分でない例を挙げてみます。

先ず八正道を平たく復習です。
・正見 正しく見ること。
・正思 正しく考えること。
・正語 正しい言葉。
・正業 正しい行い。
・正命 正しい生活。
・正精進 正しい努力。
・正念 正しい気づき。
・正定 正しい心の安定。

必要でない項目を挙げるのは難しいのですが、分類法によっては、正語と正業を一緒にすることも可能です。言動を行動を一緒にする分類法です。あるいは正業と正命を一緒にすることも可能でしょう。他に対する行動と自分に対する行動を一緒にする分類法です。

あるいは単なる分類法ではなく、本当に人によっては必要ないかもしれない項目を挙げてみます。例えば正精進です。努力することは当たり前だと思っていて、しかも無理をせず何でも計画的にやっている人にとっては今更釈迦に説法です。正語についても不要な人もいるでしょう。嘘などつかないし、いつも丁寧な言葉を使っている人にとっては、特に心がける必要もないでしょう。

十分でない項目は挙げることができます。例えば今回のメインテーマである、人の話を正しく聴く事です。ただしこれも分類法によると言えるかもしれません。広い意味では正見に含まれるかもしれませんが、それでもやはり独立した項目とした方が理解しやすいでしょう。

人の話を正しく聴く事は、自他ともに幸福になるために重要です。話を聴いてあげるだけで話している人が安心する場合もありますし、自分自身のためになる場合も多々あります。何よりも相互理解のために重要です。人によってはこれも不要でしょうが、人によってはよくよく心がける必要があります。人の話を聴くというのは、用語を作るとすれば、正聞または正聴と言えるでしょう。また正語とセットになっているという見方もできます。

人の話を正しく聴くというのは、先ず時間的に聞くことから始まります。自分一人一方的に話をしていないかという事に先ず気をつける必要があります。次に相手の本当に言いたいことを理解する必要があります。それについて同意するしない以前に、この人はこういう事を言いたいんだ、という事を理解して受け入れる必要があります。揚げ足を取ったり、あるいは自分の価値観に合わないからと言っていい加減に聞くとかではなく、真意を汲み取ろうとする事が大切です。同意するしないは次の段階です。次の段階では、同意しないなら「あなたのおっしゃる事は分かりました。私の考えはこうです。」とか、あるいは同意なら同意のサインを出すとか、あるいはうなづくだけで同意も反対もしないとか、ケースバイケースでいくつかに分かれます。ここで大事なのはちゃんと聴いているというサインを出すことだと、個人的には思います。同意なのにそのサインを出さない人もいますが、そうなると話している人は伝わったのか伝わらなかったのが分からず不安になってきます。これほど正しく聴くということは大切な心がけです。

今回は八正道が必要十分でない例を挙げましたが、それでも八正道は王道であり奥が深いと筆者は考えます。次回は八正道を心がけていない場合、どんなデメリットが発生するのか具体例を挙げてみます。

追記1
ミクシィの方のコメントで、八正道に欠けているものとして、正感謝(ありがたいと感じる、気づく。感謝を伝える)が無いと感じているというコメントをいただきました。非常に納得ですので、追記いたしました。
追記2
同じくミクシィのコメントで、正謝(正しく謝る)というのをいただきました。筆者もとても耳が痛い項目です。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  ↑Top

2012/01/29 (Sun) 21:30

八正道を心がけない場合のデメリット

前々回前回と八正道について書いてきましたが、それでもやっぱり八正道は単なる道徳だとか規則だとかうるさいルールだとかにしか思えない方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、八正道を心がけていないとどういうデメリットが発生するかについて、分かりやすい具体例を挙げてみます。例によって分かりやすく平たく書きます。

・正見 正しく見ること。
偏見・先入観などなしにあるがままを見ること。これを心がけていないと、例えば誰かに初めて会ったとして、その第一印象だけでその人を判断してしまったりします。たまたまそのときは何か悩みとかあって、暗い愚痴とかを言っていたとしても、普段はそういう人ではないかもしれないのに、こういう人だと決め付けてしまったりします。

・正思 正しく考えること。
感情や思い込みに振り回されず、論理を捻じ曲げたり飛躍させたりすることなく、論理的に考えること。これを心がけていないと、先ず結論ありきで、結論を導くために論理を捻じ曲げたり、自分を正当化するために理屈をこねるとかしてしまったりします。

・正語 正しい言葉。
嘘をつかないこと、人が傷つく言葉、不快になる言葉を言わないこと。これを心がけていないと、人から批判されたときについ嘘をついてしまったり、怒りにまかせて、または調子に乗って言わなくても良い、人を傷つける言葉を言ってしまったりします。

・正業 正しい行い。
他を害する行動をしない、益する行動をとる。これを心がけていないと、つい人の迷惑になるようなことをしてしまったりします。

・正命 正しい生活。
自分を害する行動をしない、益する行動をとる。これを心がけていないと、ついタバコを吸いすぎたり、甘いものを食べ過ぎてしまったり、暴飲暴食をしてしまったりします。

・正精進 正しい努力。
これを心がけていないと、休息ではなく怠けたり、努力ではなく無理をしたり、行き当たりばったりで意味なくもがくことになったりします。

・正念 正しい気づき。
注意力と言っても良いかも知れません。これを心がけていないと注意力散漫になったり、あるいは無理な集中をして疲れてしまったりします。

・正定 正しい心の安定。
これを心がけていないと、感情に振り回されるだけになってしまったりします。

上に挙げたのは分かりやすい一例に過ぎません。実際にはもっとたくさんのデメリットがあるでしょう。八正道が単なる道徳だとか規則だとかうるさいルールだとかではなく、実生活でも必要な心がけだとご理解いただけたと思います。

次回は、八正道をどのように実践したら良いのかという個人的な見解を書きます。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/01/30 (Mon) 18:00

八正道超入門実践法

今回の八正道シリーズも4回目となりました。前回までで八正道の有効性、重要性は理解していただけたと思いますが、今回は超入門実践方法です。ただしあくまでも入門篇ですので、八正道や智慧や悟りなどに既に詳しい方には向いていないかもしれませんし、またこういう方法もあるという筆者の個人的提案ですので、参考例として読んでいただき、後はご自分で深く追求されるのが良いと思います。

八正道を8つ並べて書きます。
正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定

最初から8つ全部を実践するのはなかなか難しいと思います。特に正念、正定については、きちんとやろうとした場合、瞑想が必須となってきます。今回は入門篇ですので、誰でもやりやすい方法を紹介します。

先ず8つの内、どれが一番重要かと言えば、1番目の正見です。正しく物事を観ることができれば後の7つは自動的についてくるとも言えますし、逆説的になりますが、正見が簡単にできないから後の7つもやらなければならないとも言えます。

正見が何かと言う事を復習すると、偏見・先入観なしに物事をありのまま正しく観る事です。これを深く追求すると、己とは何か、人間とは何か、生命とは何かがありのまま理解できるとされています。

ここで筆者が個人的に重要だと思うのは、よく仏教書などにあるのですが、例えば正見とは無我であると見るべきだ等、結論を先に持って来るべきではないという事です。その結論自体が先入観となってしまうからです。そして、例えば無我ですが、自分は無我に違いないと信じ、無我が分からないと悩み、あるいは正見していないのに理屈だけで無我だと思い込む事になってしまいます。

正見で最も大切なのは、先入観を持たずにあるがままを観ることです。仏教、特にテーラワーダ(上座部仏教)では自分とは本質的に存在しない、つまり無我だとされていますが、もしかするとアートマン(魂)というのがあるかもしれませんし、神を発見するかもしれませんし、仏性を発見するかもしれませんし、あるいはその他いろいろ可能性はあります。

しかし入門篇としてはそんなことまで考える必要は無いでしょう。というより、かえってそういう先入観や思考は有害です。先ずは日常生活で自分の心や出会った人や物事を、先入観や偏見無しであるがままに観る心がけが一番大事だと筆者は考えます。

次にやるべき事は、自分自身を八正道のリストに照らし合わせてバランスを考えることでしょう。8つ全部心がけることがベストではありますが、それは難しいので、正見以外に特に心がけるべきことを自分で見つけ、それを重点に心がけるのが良いと思います。

そして最後に、八正道のリストと照らし合わせて自分自身をチェックすることが有効です。1日1回でもいいし、1週間に1回でもいいし、1月に1回でもいいので、八正道のリストと照らし合わせて、自分がどこまでできているか、次の重点ポイントはどこかなどをチェックすることです。そうしていくことで漠然と8つ全部を心がけようとするより、一層効果が上がるでしょう。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  ↑Top

2012/01/31 (Tue) 16:00

八正道正見心がけのポイント

glass.jpg

このコップの縁の形、パッと見てどんな形だと認識しますか?次にどうしてそういう形として認識するかをちょっと考えてみてください。

前回、八正道で一番大切なのは正見だという事と、八正道のリストと自分自身を照らし合わせてみるのが有効だという事を書きましたが、今回は一番大切な正見を心がける上でのポイントを書いてみます。例によって筆者の個人的考えですので、他にも見解はあるはずなので、ご自分で検討・考察なさってください。

さてコップの縁ですが、パッと見た瞬間、円形と認識したはずです。しかしこの画像は楕円形です。なぜ円形と認識したかというと、過去の知識や経験によって、脳が自動的に立体を再現して円形と認識しているからです。

ここで言いたい事は2つあります。いかに先入観で物事を見ているかという事と、現実問題としてそれも必要な場合が多いという事です。この場合は過去の知識や経験によって円形と認識する方が、見たままの画像により楕円形と認識するより正しいでしょう。しかし騙し絵や騙し立体のような場合には、円形と認識するのは間違っています。しかし現実の生活の中で一々これは円形か錯覚かなどと疑っていては生活できません。ですから、先入観で物事を観ることは避けられないし、過去の知識や経験を使った方が正しい認識である場合も多々ある事を知っておく必要があります。


その上で正見、つまり偏見・先入観なくあるがままを正しく見るという事についてポイントを書いていきます。

全く先入観無しに全ての物事を見る事が不可能かつ不要と解った現在、どのような場合に先入観を排除すべきかという事が非常に重要なポイントとなってきます。

筆者が正見が最も必要だと思う対象は、自分自身、他人、事件やトラブルなどの問題の3つです。この3つに対しては先入観による錯覚が起きやすく、誤解が生じやすいからです。またこの3つを正しく観ることによって、己の本質、人間の本質、物事の道理というのが見えてくるはずです。

二番目に重要な対象は、自分の専門分野についてです。例えばこのコップについても、画家やデザイナーは詳細に観るべきでしょうし、また幾何数学者なども本当に円形と言えるのか、先入観無く観るべきでしょう。


次にどうやって先入観を排除するかという心構えについてのポイントを列挙します。あくまでも参考なので、これを参考にご自身でお考えください。

・知っている、分かっていると思わないこと。
知っている、分かっていると思い込むことが錯覚の始まりです。

・よく観ること。
よく観れば気づくことがたくさんあります。

・物事の観方は一通りではないと十分認識すること。
ものの観方はいろいろあります。一通りの観方だけで解ったと思わないことが重要です。ものの観方については過去記事にあるので、参考にしてください。
レイヤー的ものの観方
水平的多角的ものの観方
統合的アプローチ、分類的アプローチ

・無常だと十分認識すること。
人や物事は常に変化しています。全く同じ人、同じ場面には二度と出会えません。その場その場で正しく観ることが重要です。

・省みて検討・考察すること(正思)。
その時は見逃していても、後から検討・考察(正思)すると間違いや他の観方に気づくことがよくあります。重要な事については寝る前にでも、もう一度省みてみる事が有効です。ただし、考えすぎると妄想に発展する可能性があるので、程々にしておくべきでしょう。その場その場で正しく観ることが基本です。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。