QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2013/03/17 (Sun) 09:00

Bodhi Linux 必須アプリケーションのインストール

インストール直後、Bodhi Linux には数個のアプリケーションしか入っていない。これでは今後の設定などで不便な場合があるので、いくつかのアプリケーションをインストールする。何が必須かについては個人的な好みなどもあるだろうが、筆者は以下の5つをインストールした。

・Firefox
・Adobe Reader
・lv
・GNOME Terminal
・Easystroke
・gpaco

詳細については以下。

・Firefox
Bodhi Linux には Midori という軽量ブラウザが標準でインストールされている。しかし不具合も結構あり、異常終了したり、ダウンロードできないページがあったりで、結構不便なことがある。Firefox はかなり重いが、インストールしておけば何かあった場合に便利である。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install firefox


・Adobe Reader
PDFファイルを読むためにはほぼ必須。他にもPDFファイルを読めるアプリケーションはあるが、やはり本家の Adobe Reader が不具合が最も少ない。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドで日本語版がインストールできる。

sudo apt-get install adobereader-jpn


・lv
lv は多国語化ファイルビューアである。Bodhi Linux にはもちろん more や less などのファイルビューアがインストールされているが、lv がやっぱり便利。キーストロークの短く慣れていて、ファイルを見たい時にはつい lv と打ってしまうので、無いと不便。また文字コード変換もできるので、それも便利。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install lv


・GNOME Terminal
Bodhi Linux には バージョンによって、Terminology または LXTerminal というターミナルが標準でインストールされている。しかしカスタマイズの点で優れていてかつ使い慣れた GNOME Terminal をインストールした。Terminology や LXTerminal よりやや起動が遅いが、それでもやっぱり便利。筆者の場合必須のカスタマイズは、コピーを CTRl-C、 ペーストを CTRL-V に割り当てることである。ただし、コピーを CTRL-C に割り当ててしまうと、ターミナルの CTRL-C つまり実行中のプログラムの緊急停止が効かなくなってしまう。その場合ターミナルの CTRL-C を使いたい場合は、CTRL-SHIFT-C と打てば大丈夫。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install gnome-terminal


・Easystroke
Easystroke はマウスボタンやマウスジェスチャをコマンドやショートカットキーストロークなどのアクションに割り当てるプログラムである。マウスを使いやすいようにするのに便利。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install easystroke


設定については以下の記事を参照のこと。
Easystroke 設定メモ

・gpaco
gpaco は Synaptic パッケージマネージャや apt-get を使わずにインストールしたパッケージの管理に便利である。具体的にはソースからインストールした場合や、設定ファイルを書き換えた場合の記録用に使える。要らない人も多いだろうが、筆者はインストールした。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install gpaco



目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧
スポンサーサイト

Bodhi Linux  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2013/03/17 (Sun) 18:00

Bodhi Linux Enlightenment 最低限のカスタマイズ

Bodhi Linux のデフォルトのウィンドウマネージャは Enlightenment である。(他のウィンドウマネージャ、例えば LXDE や XFCE などもインストールすれば使える。)Enlightenment のカスタマイズ項目はたくさんあり、それぞれ個人の使いやすいようにカスタマイズすれば良いが、ここでは筆者が行った最小限のカスタマイズについて述べる。カスタマイズした項目は以下。

・重なったウィンドウのどこでも一部をクリックした場合、そのウインドウが一番上に来るようにする
・設定ダイアログのデフォルトをアドバンストモードにする
・デスクトップテーマのデザイン変更
・設定ダイアログを最小化最大化できるようにする
・画面のスケーリングの変更
・シェルフのサイズの変更
・ガジェットのインストール
・ガジェットのフォントサイズの変更

詳細は以下。

・重なったウィンドウのどこでも一部をクリックした場合、そのウインドウが一番上に来るようにする
ウィンドウが重なっている場合、デフォルトではウィンドウのタイトルバーをクリックしないと下のウィンドウが一番上に来ない。これは結構不便である。重なったウィンドウのどこでも一部をクリックした場合、そのウインドウが一番上に来るように変更した。変更方法は以下。

Main Menu → Settings -> All -> Windows -> Window Focus -> Click Window to Focus


・設定ダイアログのデフォルトをアドバンストモードにする
設定ダイアログは、ベーシックモードとアドバンストモードの2つを持っている設定項目が多い。デフォルトではベーシックモードが最初に表示され、Advenced をクリックするとアドバンストモードが表示されるようになっている。これを最初からアドバンストモードで表示するよう変更した。変更方法は以下。

Main Menu → Settings -> All -> Settings -> Dialogs -> Advanced Mode


・デスクトップテーマのデザイン変更
デスクトップテーマのデザインは、いくつかのテーマを組み合わせることも可能である。変更方法は以下。

Main Menu → Settings -> All -> Look -> Theme


ここからパーツごとのテーマの選択ができる。
また、新たにテーマをインストールするには以下のページが便利。
bodhi_e17_themes_v2 - Bodhi Linux
ここから直接インストールもできるが、閲覧だけして Synaptic パッケージマネージャからインストールことも可能。Synaptic でキーワード "bodhi theme" で検索すると出てくる。ただし筆者の場合、気に入ったテーマが無かったので、結局自分でテーマを自作した。方法については後日掲載予定。

・設定ダイアログを最小化最大化できるようにする
デフォルトでは設定ダイアログの最大化最小化はできない。これをできるようにした。変更方法は以下

Main Menu → Settings -> All -> Settings -> Dialogs -> Normal Windows


・画面のスケーリングの変更
デフォルトでは画面のスケーリングはなぜか 1.2 になっている。つまり各種スケーリングの設定値より20%拡大されて表示される。表示を厳密に微調整したい場合は混乱が起きるので、これを 1.0 に変更した。変更方法は以下。

Main Menu → Settings -> All -> Look -> Scaling -> Don't Scale


・シェルフのサイズの変更
シェルフとは、Windows で言うタスクバー、他の Linux で言うパネルのことである。このサイズを 28 ピクセルに変更した。変更方法は以下。

シェルフ右クリック -> Settings -> Size -> Height ( 28 pixels )


・ガジェットのインストール
Enlightenment でガジェットとは、デスクトップのガジェットとシェルフのガジェットの両方を指す。シェルフにCPU使用率、メモリ使用率を表示したいので、それぞれのパッケージ cpu と mem をインストールした。さらに、デフォルトの時計は見にくかったので、tclock というパッケージをインストールした。インストール方法は Synaptic パッケージマネージャから、または以下のコマンドでインストールできる。

sudo apt-get install cpu mem tclock


インストールしたガジェットをシェルフに表示するには、2段階の操作が必要となる。
1段階目はモジュールのロードである。

Main Menu → Settings -> Modules -> System -> Cpu -> Load
Main Menu → Settings -> Modules -> System -> Mem -> Load
Main Menu → Settings -> Modules -> Utilities -> TClock -> Load


2段階目はシェルフへの追加である。

シェルフを右クリック -> Contents -> Available Gadgets -> Cpu -> Add Gadget
シェルフを右クリック -> Contents -> Available Gadgets -> Mem -> Add Gadget
シェルフを右クリック -> Contents -> Available Gadgets -> TClock -> Add Gadget


ガジェットの設定を変更するには以下の操作。

シェルフを右クリック -> ガジェット名 -> Settings


ガジェットによってはデザインの変更ができるものがある。デザインを変更したい場合は以下の操作。(ただし、実際に表示してみないとどんなデザインなのかが分からないのが難点。)

Main Menu -> Settings -> All -> Look -> Theme -> Theme Category -> modules/ガジェットのモジュール名 -> Themes -> テーマ名 -> Assign -> Apply


ガジェットの位置を移動するには以下の操作。

シェルフを右クリック -> Begin Moving Gadgets -> マウスでドラッグ


移動を終了するには以下の操作。

シェルフを右クリック -> Stop Moving Gadgets


消したいガジェットがある場合は以下の操作で消せる。

消したいガジェットを右クリック -> ガジェット名 -> Remove


この時間違ってシェルフを消さないように!
消してしまった場合の回復方法は以下を参照のこと。
Enlightenment トラブルシューティング

・ガジェットのフォントサイズの変更
シェルフのサイズを小さくしたので、ガジェットによっては文字がはみ出てしまう。そこでガジェットのフォントサイズの変更をした。変更方法は以下。

Main Menu → Settings -> All -> Look -> Fonts -> Core -> Modules -> Small -> Enable Font Class -> Font -> DejaVu Sans -> Size -> 変更したいサイズ


これでも思い通りにならないフォントがいくつかあるので、いくつかのガジェットはソースを入手し変更した。方法については後日掲載予定。

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2013/03/20 (Wed) 02:00

Bodhi Linux サーバとの連携設定とインストール

今回ノートPCに Bodhi Linux をインストールするにあたり、主な作業はデスクトップPCの Ubuntu 10.04 (後に Linux Mint 13 に変更)で行い、その結果をノートPCに移植するという手法をとった。デスクトップPCには VMWare をインストールし、その上に Bodhi Linux をインストールし、動作確認・設定確認・種々の開発を行い、それをノートPCに移植した。そのためには、デスクトップPCをサーバとし、ノートPCをクライアントとするための設定やインストールが必要となる。今回はデスクトップPCをサーバ(Ubuntu 10.04 または Linux Mint 13)とし、ノートPCをクライアント(Bodhi Linux 2.x.x)にするための設定およびインストールの解説をする。

サーバ側の設定およびインストール
・ssh サーバのインストールと設定
・Leafpad エディタのインストール
・PCManFM ファイルマネージャのインストール

クライアント側の設定およびインストール
・ssh X forwarding の設定
・gFTP のインストール

以下詳細について解説。

・ssh サーバのインストールと設定
先ずやらなければならないことは、ssh でクライアントとサーバで通信できるようにすることである。またCUIだけでなく、GUIも使えるようにしたい。そのためにサーバ側に ssh サーバをインストールし、X(GUI)が使える設定をする必要がある。ssh サーバは Synaptic パッケージマネージャから、あるいは以下のコマンドでイントールできる。

sudo apt-get install ssh


設定についてはデフォルトでも使える場合が多いが、以下の設定ファイルを確認した方が良い。

/etc/ssh/sshd_config


ここで次のようになっていることを確認する。

X11Forwarding yes


またクライアントからスーパーユーザでのログインを許可しない場合は以下に変更する。

PermitRootLogin no



・Leafpad エディタのインストール
Ubuntu 10.04 のデフォルトのエディタ gedit は、サーバで gedit を使っていると、クライアントから起動できない。そのため他のエディタをインストールしておいた方が便利。今回は Bodhi Linux のデフォルトのエディタ Leafpad をサーバ側にもインストールした。Leafpad のインストールは Synaptic パッケージマネージャから、あるいは以下のコマンドでイントールできる。

sudo apt-get install leafpad


なお Linux Mint 13 のデフォルトのエディタ Pluma は、サーバ側で起動していてもクライアント側からも起動できる。

・PCManFM ファイルマネージャのインストール
Ubuntu 10.04 のファイルマネージャ Nautilus、Linux Mint 13 のファイルマネージャ Caja はデスクトップ環境と深く結びついている。Nautilus や Caja をクライアントで開くことも可能であるが、クライアントのデスクトップ背景がサーバと同じ背景になってしまったり、何かと都合が悪い。そのため別のファイルマネージャをインストールした方が良い。今回は Bodhi Linux 2.0.1 のデフォルトのファイルマネージャ PCManFM をサーバ側にもインストールした。PCManFM のインストールは Synaptic パッケージマネージャから、あるいは以下のコマンドでイントールできる。

sudo apt-get install pcmanfm



・ssh X forwarding の設定
サーバ側の環境が整ったら、ssh でサーバにログインできるようになる。先ずサーバのIPアドレスを以下のコマンドで確認する。

ifconfig


次にクライアント側から以下のコマンドでサーバにログインする。

ssh -X サーバのユーザ名@サーバのIPアドレス


ここで -X は X forwarding を有効にするためのオプション。
ログインできたら先程インストールした Leafpad や PCManFM を起動してみる。サーバ側のファイルの読み書きができれば成功。なのでクライアント側では特に設定は必要ないが、-X を省略したい場合には、/etc/ssh/ssh_config か ~/.ssh/config に以下を記述する。

ForwardX11 yes



・gFTP のインストール
上記まででサーバのファイルの読み書きはできるようになったが、サーバ・クライアント間のファイルのコピーはできない。そこで グラフィカルFTPクライアントの gFTP をインストールする。インストールは Synaptic パッケージマネージャから、あるいは以下のコマンドでイントールできる。

sudo apt-get install gftp


なおサーバ側で FTP サーバを起動する必要はない。gFTP は ssh を使ったファイルのコピーができるので、それを使えば良い。

以上でサーバとの連携設定とインストールは完了。

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2013/03/20 (Wed) 13:00

Easystroke 設定メモ

Easystroke は Linux で動作する、マウスジェスチャによってコマンドやキーショートカットなどを実行させることができるプログラムである。筆者はあまりマウスジェスチャは使わないのだが、Easystroke はマウスボタンをコマンドやキーショートカットに割り当てることができるので使っている。

やりたいことは以下。
・第8ボタン(左サイド手前)を Ctrl-C(コピー)に割り当てる
・第9ボタン(左サイド奥)を Ctrl-X(カット)に割り当てる
・第2ボタン(中央)を Ctrl-V(貼り付け)に割り当てる
・第2ボタンを押しながら下へマウスジェスチャを Ctrl-Z(元に戻す)に割り当てる
・第2ボタンを押しながら上へマウスジェスチャを Shift-Ctrl-Z(やり直す)に割り当てる

easystroke_setting.png

先ず設定タブを開き、機能を割り当てたいボタンを選択する。

・ジェスチャ・ボタン(G) ボタン 2
これは必ず1つは必要。デフォルトでボタン2なのでそのまま使う。ジェスチャのタイムアウトは「タイムアウトなし」にしておく。

・(インスタント)ボタン8、(インスタント)ボタン9
ボタン8とボタン9を追加する。インスタントというのは、ボタンを押した瞬間アクションが有効になるという意味。つまりジェスチャを割り当てず、ボタンを押しただけでアクションが起きる。

easystroke_action.png

次にアクションタブを開き、アクションを割り当てる。

・ジェスチャ1〜ジェスチャ3
ボタン2に「貼り付け」、ボタン8に「コピー」、ボタン9に「カット」 を割り当てる。こうすると Firefox のボタン8で「戻る」、ボタン9で「進む」が使えなくなるが、筆者の場合はマウスボタンで戻るや進むを使いたくないのでこれで良い。

・ジェスチャ4〜ジェスチャ5
ここは設定の肝。ボタン8とボタン9は同時に押してしまうことがある。ここを設定しないと、Firefox でブログなどを書いているときに問題が起きることがある。何か書いていてコピーやカットをしようとした時、間違ってボタン8とボタン9を同時に押してしまうと、前の画面に戻ってしまい、書いた内容の一部が失われることがある。これを防ぐために、同時に押した時の設定もしておく。

・ジェスチャ6〜ジェスチャ7
ボタン2のジェスチャに「元に戻す」と「やり直す」を割り当てる。

easystroke_advanced.png

最後に高度な設定のタブを開く。よく分からない項目ばかりだが、「ODSを表示」のチェックを外す。ボタンを2つ同時に押した時に「Ctrl」と表示された青い小さな画面が右上に出るので、それを消すためにチェックは外した。

以上で設定終了。

関連記事
Bodhi Linux 必須アプリケーションのインストール

コンピュータ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。