QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/11/04 (Wed) 21:00

乳牛の生涯

肉牛と違い、のんびりと草を食べ平和な生涯を送る印象のある乳牛ですが、
実態は違います。
このような乳牛はごく一部の限られた牛のみで、実際には過酷な運命が待っています。

牛は生れるとすぐに親から離され、親は子の姿を見ることもできません。
オスはすぐに出荷され、肉牛として育てられ、1年後には肉となります。
メスは乳牛として育てられますが、牛乳は与えられません。
牛乳は人間が飲むので、肉骨粉などが含まれた人工乳を与えられます。
角や尻尾は邪魔なので、切られる場合もよくあります。
ある程度成長すると狭い牛舎に一頭づつ隔離して入れられます。
ほとんど身動きできない狭い牛舎ですが、牛舎によってはさらに、
身動きすると電気ショックが与えられるようにしてあるところもあります。
牛は出産しないと乳を出さないので、何度も人工授精させられます。
乳がよく出るようにホルモン剤などが大量に投与されます。
清潔にしてある牛舎もありますが、不潔な牛舎もよくあります。
狭いところに閉じ込められているので、当然病気にもよくかかります。
また飼料は草ではなく、牛乳がおいしくなるよう穀物が与えられます。
穀物は牛にとっては不健康な餌で、これも病気の原因となります。
牛にとって不健康なだけではなく、食糧問題や環境問題の原因ともなっています。
牛の寿命は約20年ですが、数年で廃牛となり、やはり肉となります。

人間が食べている肉や乳製品はこのように大きな問題を抱えています。

なによりも映像で見た牛の眼、あまりにも哀れで残酷でした。
肉牛や豚や鶏も推して知るべしです。
肉や乳製品はなるべく控えましょう。

社会・科学  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/104-618e6286

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。