QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/12/02 (Wed) 21:00

ダンマパダに始まり般若心経に終わる

仏教はダンマパダに始まり般若心経に終わる、これが筆者の持論です。

ダンマパダは日本語では「法句経」と呼ばれ、
岩波文庫では「真理のことば」(中村元訳)とタイトルされています。

般若心経は日本で最も知られているおなじみの短いお経です。

従来よくあるこの2つのお経の評価ですが、
ダンマパダを評価する人は般若心経を評価せず、
般若心経を評価する人はダンマパダを評価しないというのが通常です。

なぜならダンマパダは主にテーラワーダ仏教(上座部仏教)で評価され、
般若心経は主に大乗仏教で評価されているからです。

テーラワーダ仏教では、ダンマパダはブッダの生のことばであり、
日常生活の心構えや生き方を具体的に書いたものとして高く評価しますが、
般若心経は後世の偽作で意味もはっきりしないとして評価しません。

大乗仏教では、ダンマパダは小乗仏教(テーラワーダ仏教の蔑称)の
低い教えとして評価しませんが、
般若心経は空の教えを短く説いた傑作であり、
また最後のマントラを意味も解らずご利益があるものとして評価します。

しかし両者は対立するお経ではないのです。

ダンマパダは日常生活の心構えや生き方を解りやすく説いており、
具体的に実生活で役に立ちます。

般若心経は自分自身や一切の物事は空である、
すなわち常に変化し核となる実体がないものであると理解すれば、
一切の苦を離れ涅槃に達することができると説き、
そのためにはヴィパッサナー瞑想(観の瞑想、自己観察瞑想)を
しっかりやることが最も重要だと説いています。

従って、仏教はダンマパダに始まり般若心経に終わる、
という筆者の結論に達するのです。

ダンマパダは「困った時はダンマパダ」というブログサイトがお勧めです。
http://76263383.at.webry.info/
般若心経の解釈は当ブログのカテゴリ「般若心経」シリーズがお勧めです。
http://cyberbaba.blog57.fc2.com/blog-category-1.html

両者あわせて2つのお経を良さを味わい、
テーラワーダ仏教、大乗仏教の枠を超えた、
仏教の真髄を理解していただきたいと思います。


瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  ↑Top

Comment

No title

Cyber Baba 様。こんばんは。
仏教ランキングをみましたら、あなたの持論の「仏教はダンマパダに始まり般若心経に終わる」がありましたので、直球で来たなと思いまして早速、ブログを読ませて頂きました。内容はダンマパダには、般若心経以上に深遠な真理が書かれているのですが、それはともかくとして、私のブログを推薦して頂きまして、大変ありがとうございます。私も度々こちらに訪問させていただきます。先ずはお礼まで。
ワンギーサ |  2009年12月02日(水) 22:56 |   |  コメント編集

ありがとうございます

ワンギーサさん

直々のコメントをいただきありがとうございます。

ダンマパダには深遠な真理がたくさん書かれていると思います。
それに対し般若心経は要約すればただ一言、
「ヴィパッサナー瞑想修行に優る教えはない」とだけ言っています。
どちらが深遠かは比べようがないと思いますし、
ダンマパダの教えと全く矛盾しないと思います。

それはともかく、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2009年12月03日(木) 08:02 |   |  コメント編集

No title

ダンマパダも素晴らしいけど、般若心経もすばらしい。ダンマパダ全巻を持って歩けないけど、般若心経なら、ポケットに入る。釈尊が制定した戒律に対して「そんなもの、多すぎて、覚えられない。わずらわしい」と抗議した信者に、釈尊は「それなら一言、心を清らかに」と言ったそうです。戒律が好きな人は戒律を守り、戒律を守らなくても心を清らかにできる人は、そのようにすればいい。教えとは、所詮、川を渡る筏なのだから。
おんちゃん |  2010年09月03日(金) 18:29 |   |  コメント編集

はじめまして

おんちゃんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。教えとは川を渡る筏です。使える筏を使えば良いと思います。

ところでダンマパダは般若心経ほどではありませんが、短いお経です。本文記事下のAnazonの中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」の「真理のことば」がダンマパダです。文庫本で手軽に持ち運べます。訳も名訳だと思います。是非ご覧になってみてください。

今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年09月07日(火) 06:21 |   |  コメント編集

勘違いでした

お返事、ありがとうございます。そうなんですか、ダンマパダ、短いですか?随分昔に読んだので、すっかり忘れてしまいました・・・^^;。 北嶋泰観さんの「ダンマパダを学ぶ会」のHPで、相当分厚い本が、高い値段で紹介されていたので、てっきり大部かと思ってしまいました。今確認すると、訳注本とありましたから、解説がついていて、ページ数が多くなったのですね。よく調べないで、失礼しました。このように、おっちょこちょいな人間ですが、こちらは大変勉強になりますので、時々来て、読ませていただきます。どうぞよろしくお願いします。
おんちゃん |  2010年09月09日(木) 18:01 |   |  コメント編集

Re: 勘違いでした

おんちゃんさん

コメントありがとうございます。

ダンマパダは般若心経ほど短くはないですが、長くはないです。先に紹介した文庫本では、「感興のことば」(ウダーナヴァルガ)とセットになっているくらいですから。上記の文庫本は中村元の名訳で、現代文訳で平易な文章で書かれているのでお勧めです。解釈はいろいろな人がつけていますが、先ずは解釈なし先入観なしで読んでみるのが良いかと思います。

では今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年09月09日(木) 22:10 |   |  コメント編集

偶然なのか?

お返事、ありがとうございました。最近参加し始めた瞑想会で、「○○ページの偈文を学ぶ」と書いてあるので、てっきり、会が、何かの本からそれを抜粋してコピーし、資料として配ってくれるのかと思って、手ぶらで行きましたら、実は、それは「ダンマパダ」の中の偈文のことで、「ダンマパダ」は自分で準備しなければならない、とのことです。
またまたの勘違いなのですけど、こちらでダンマパダを勧められたのが、偶然でないような気がしてきました。いよいよ、ダンマパダを学ぶ時期が来たのでしょうか(笑)。
おんちゃん |  2010年09月13日(月) 10:40 |   |  コメント編集

良い機会だと思います

おんちゃんさん

コメントありがとうございます。
偶然か必然かはわかりませんが、ダンマパダを学ぶ良い機会だと思います。ぜひ岩波の文庫本買ってください。

もしミクシィ会員でしたら、「ダンマパダ(法句経)」にも全訳がありますので是非ご覧になってください。これを訳した方は私の若い友人ですが、これも名訳です。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2987356
CyberBaba |  2010年09月16日(木) 19:20 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/109-33f1bd51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。