QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/12/30 (Wed) 21:00

瞑想と超能力

瞑想で超能力はつくのか?
こんな疑問を持たれる人もいるでしょう。

しかし瞑想に超能力を求めるのは邪道です。
これまで何度も書いてきているように、
瞑想とは心を安定させることと自己観察です。
両方とも超能力とは関係ありません。

では瞑想で超能力はつかないのかというと、人によります。
超能力をつけるための本来瞑想とはいえない瞑想をやっている人はもちろん、
そうでない真っ当な瞑想を行っている人でも超能力がつく場合があります。
それは瞑想によって心が安定し心の深いところに達すると、
眠っていた潜在能力が開発される可能性があるからです。

またそういう超能力でなくても、観察力・洞察力は確実に高まります。
そのため他人から見ると「あの人なんでも分かっちゃう」という状態になる人もいます。
しかしこちらの方はいわゆる超能力でもなんでもありません。


よくある問題に、超能力のある指導者を信頼して良いかということがあります。
一般的に言えば、超能力を売り物にする指導者は信頼しない方が良いでしょう。
何度も書きますが、瞑想とは心を安定させることと自己観察です。
それを重点にしない指導者は信頼に値しないでしょう。

以前スピリチュアリティの本質で書いたように、本当にスピリチュアルな人とは、
思い込み・こだわり・執着が無く、
物事(特に自分自身)の本質をあるがままに洞察する智恵を持ち、
全ての生命に対する慈悲の心を持ち、エゴ、自分が無い人です。
超能力のあるなしではなく、そこを指導者選びの判断基準にすると良いでしょう。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/116-592fcb1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。