QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/01/02 (Sat) 21:00

100%正しい教えは存在しない

100%正しい教えというのは存在せず、また100%間違った教えというのも存在しない。
これが筆者の基本的考え方です。

その理由は2つあります。

どんな聖人賢者であっても多少の間違いはあるはずです。
ブッダにもオショウ(ラジニーシ)にもクリシュナムルティにも、
ピンと来ない部分がいくつかあり、また明らかな間違いもあります。
例えばオショウがタイチーのチーはチーコンのチーであると言ったことがあります。
タイチーとは太極でチーコンとは気功のことです。
アルファベットに音訳してしまうとどちらもチーですが、
太極の極と気功の気では意味が違い、明らかな間違いです。
いろいろ探していき、そして自分自身の理解が深まれば、
ブッダにもクリシュナムルティにもおそらく間違いはあるでしょう。

また賢者たちは対機説法を使います。
特定のその時のその人にしか通じない説法です。
分かりやすく言えば、ある時ある人に右に行きなさいと言ったとします。
右に行くことは、その時のその人には正しいのですが、
別の時または別の人は左に行かなければならないのかもしれません。
もしかするとまっすぐ行くべきなのかもしれませんし、
もしかすると戻るべきなのかもしれません。
ですから、すべての教えが自分に適合しているとは限りません。

よって賢者たちは、
「いまこの瞬間」「臨機応変」「自分で確かめよ」ということを強調します。
やみくもに教えに従う必要はないのです。
というよりやみくもに従ってはいけないのです。

反対に、間違ったことが多い教えの中にも、正しいことは必ず含まれているはずです。
いくつか間違いがあるといって、その教え全てを完全に否定する必要はないのです。
結局、自分自分で吟味しながら良いとこ取りをしていくのがベストなのです。
そういう方針で今後もブログを書き進めていく予定です。

最後にオショウの言葉の引用です。

私は月を指す指である。
月に向かって行きなさい。
指に来てはいけない。


瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)  |  ↑Top

Comment

明けましておめでとう御座います

こちらでは、いろいろ勉強させていただいております。

>「いまこの瞬間」「臨機応変」「自分で確かめよ」ということを強調します。

賢者の言葉は固定的に捉えがちですが、臨機応変ということを頭に置くべきなんですね!

今年もよろしくお願いいたします。
カーラビンカ |  2010年01月03日(日) 12:50 |   |  コメント編集

良い言葉でつ。

はじめまして。

>私は月を指す指である。
>月に向かって行きなさい。
>指に来てはいけない。

よい言葉だにゃあ。。
グッと来ます。
さいたぽん |  2010年01月03日(日) 17:49 |   |  コメント編集

あけましておめでとうございます

カーラビンカさん

あけましておめでとうございます。

いつも読んでいただきありがとうございます。
わたしもいつもカーラビンカさんのブログを愛読させていただいております。

本年もよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年01月04日(月) 00:22 |   |  コメント編集

Re:良い言葉でつ。

さいたぽんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
私もこの言葉好きです。
美しい表現の上に笑いもあります。
今後ともご愛読よろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年01月04日(月) 00:24 |   |  コメント編集

明けましておめでとうございます

毎回様々な参考文献を交えて、ご意見を述べられているのが、
大変良い勉強になります。

ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

(リンクを貼って下さり、ありがとうございます。
私たちのブログにも、こちらのブログをリンクさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。)
fur |  2010年01月04日(月) 11:21 |   |  コメント編集

あけましておめでとうございます

furさん

ありがとうございます。

参考文献に関しては、あまり厳密に引用せずに自分の解釈で要約してりるケースが多いので、お気をつけください^^;

リンクの件ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年01月04日(月) 22:30 |   |  コメント編集

No title

菊川です。おはようございます。
釈迦は、50年説法しました。成道して、すぐ、大乗経である華厳経を説きます。しかし、聴衆が釈迦の言っていることを、まったく理解できなかったのです。釈迦は、説法を30日前後で中断し、衆生の理解度を向上させるために、小乗教である阿含教を12年説き、その後、不完全な大乗経である方等経を説きます。
こうして、幼稚園→小学校→中学→高校とレベルを上げて、最後、真実の教えである法華経を8年説法します。(涅槃経は1日の説法)
これが、釈迦の五十年間の説法の内訳です。
そこで、法華経以外の経典は、欠陥があるのです。例えば、女性は成仏できないなど。最初から、クルマの説明はできません。あるクルマは、ハンドルやウインカーがない。(説明していない)欠陥車だから、そこにあえて矛盾を入れるのです。
(小乗教は、「自分の不幸で心が一杯なのに、どうして他を救う気持ちになれようか!」というレベルの人の苦を取り除くために語った内容です)
そして、釈迦は、法華経において、「要当説真実(まさに真実を説く)」と冒頭に述べ、法華経を説き始めます。
法華経は100%正しい。これが私の主張です。ご参考までに。
菊川広幸 |  2010年01月10日(日) 06:24 |   |  コメント編集

法華経

菊川広幸さん

コメントありがとうございます。

う~ん、やっぱり100%正しいとは言いがたいのではないでしょうか?
岩波から出ている法華経を必死の思いで読んだことがありますが、
法華経は、法華経が素晴らしいとか、悟りが素晴らしいとかいう賛辞ばかりで、
人はどう生きるべきかという、教えが乏しいように感じました。
そこに大きな欠陥があると思いました。

どんなお経、書物にも、すべてのことは書ききれないので、
(もし書いたとしても、誰も一生かけても読みきれません)
やはり100%はありえないと思います。
CyberBaba |  2010年01月10日(日) 07:54 |   |  コメント編集

No title

こんばんわ。
法華経、深いですよ。まあ、読み方が難しいのです。
法華経の肝心は、寿量品です。
ここに、永遠の生命と究極の仏の人生が克明に書かれています。語ればきりがありません。(笑)
まあ、私は、一切が法華経なものですから。^^
菊川広幸 |  2010年01月12日(火) 21:11 |   |  コメント編集

差別感

はじめまして。地動説と天動説じゃないけど、どちらが正しいか?という議論はあっていいと思うんです。問題なのは、その場合生じてしまう「差別感」だと考えてます。「高慢」もありますね。「自分のやってる教えこそ絶対正しい。他は全て間違え」という排他的思考が根底にある限りダメだと思います。しかし、それとは別に「正しさ」というのもきちんと存在するんじゃないかと考えてます。ちょうど天動説が間違えだったように。私の場合、仏教徒なので、例えばイスラム教のような一神教にはかなり抵抗があり、差別感を抱いてました。しかし、イスラム寺院にお布施してみたら、そんな悪感情がかなり減ったのです。そうした差別感をなくした上で、次にその教義を学び、例えば、「仏教かイスラム教か?」という問いかけをするのが筋だと考えてます。ある教えが100%正しいか否かは、そうした前提条件をクリアした上で生じる「結果のひとつ」として、可能性そのものはあると考えてます。
しんちゃん |  2010年01月12日(火) 22:03 |   |  コメント編集

如来寿量品

菊川広幸さん

如来寿量品をあらためて読み返してみました。
要約するとこう書いてあります。
「如来というものは計算することもない昔から悟っていて、
 ゴータマ・シッダールタ一生にして悟ったものではない。
 そしていつの世にも現れているのである。
 しかしそれを知ってしまうと凡夫は、
 如来にはいつでも会えると、
 如来を軽視していまうであろう。
 だから如来は、如来には会いがたいという方便を使うのだ。」

ここには「あなた」の生き方に対する指針は何も書かれていません。
あえて言うなら、
如来や菩薩は常に「あなた」の周辺にいて、
「あなた」はそれに気づかないかもしれないし、
軽視さえするかもしれない、
だから注意深くいなさい、
というような意味合いが含まれています。

如来や菩薩は、どこにいるか分からないのです。
それはあなたが尊敬している人の中にではなく、
あなたが軽視している人の中にいるかもしれないのです。

それが読めていれば寿量品は日本語的に読めているでしょう。
それ以外寿量品に、日本語的に教えと言えるものは存在しません。
CyberBaba |  2010年01月13日(水) 01:42 |   |  コメント編集

Re:差別感

しんちゃんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
まったくおっしゃるとおりです。

> 地動説と天動説じゃないけど、どちらが正しいか?という議論はあっていいと思うんです。問題なのは、その場合生じてしまう「差別感」だと考えてます。

そう思います。

> 「高慢」もありますね。「自分のやってる教えこそ絶対正しい。他は全て間違え」という排他的思考が根底にある限りダメだと思います。

そのとおりですね。
排他的考えと言うのは、
あくまでも「自分」を世界の中心に据えています。
たまたま自分の好みにあった教え、
または親などの権威者から受けた教えを、
自分と同一視することから排他的考えが発生するのだと思います。

> しかし、それとは別に「正しさ」というのもきちんと存在するんじゃないかと考えてます。ちょうど天動説が間違えだったように。

おっしゃるとおり、正誤というのは存在すると思います。

> 私の場合、仏教徒なので、例えばイスラム教のような一神教にはかなり抵抗があり、差別感を抱いてました。しかし、イスラム寺院にお布施してみたら、そんな悪感情がかなり減ったのです。

私もイスラム教の雰囲気は大好きです。
あれほど透明で清廉な雰囲気は仏教にはありません。
ですからこんなものまで作ってしまったのですが、、、
「アザーン」
http://cyberbaba.blog57.fc2.com/blog-entry-25.html

> そうした差別感をなくした上で、次にその教義を学び、例えば、「仏教かイスラム教か?」という問いかけをするのが筋だと考えてます。

おっしゃるとおりだと思います。
初めに結論があってはいけないと思います。
そういう意味では、イスラム教の雰囲気は最高なのですが、
教えの論理的内容としては仏教に及ばないと思います。

> ある教えが100%正しいか否かは、そうした前提条件をクリアした上で生じる「結果のひとつ」として、可能性そのものはあると考えてます。

ここはちょっと意見が異なりますね。
やっぱり100%は無いというのが私の意見です。

ありがとうございました。
CyberBaba |  2010年01月13日(水) 01:55 |   |  コメント編集

No title

私たちの読み方は、違うのです。
①生命は永遠である。
②法華経の功徳とは、万人を仏にすることにある。
③本来、私たちの命には、仏の境涯が備わっている。
④法華経の行者は、未来に渡り、生死を繰り返しながら、この仏法を教え導く。
⑤様々な苦悩に苦しむ人々を、良医の如く救う。
⑥その行為の功徳は、安穏にして喜びに満ちる人々が集まり、生活する家は荘厳となる。
⑦仏の決意とは、常に衆生を仏にすることを願う利他の境涯である。
すなわち、永遠の生命、善悪の究極を悟り、全世界を幸福にしようとする大生命、利他に生きることを無上の喜びとし、大歓喜の中で生活できる最高境涯の仏界を、解き明かした経典として読み実践しています。
それが、私の立脚点です。
言葉少なく説明できませんけれど。まあ、そのように捉えているということです。
お騒がせして、申し訳ありません。私の意見ということで、お許しください。
菊川広幸 |  2010年01月13日(水) 23:30 |   |  コメント編集

思想的には立派だと思います

菊川広幸さん

①から⑦まで拝読いたしました。
思想的にはとても立派だと思います。
しかし国語の読解問題的には、そのようなことは寿量品には書いていないのです。

こう書くと偉そうで申し訳ありませんが、
私は小学校から大学受験まで、国語の読解は常にほぼ満点でした。
しかしその私が読んでも①から⑦までのことは寿量品には書いていません。
おそらくそれが文底秘沈の秘法なのだとは思いますが、、、

言語と言うのは意思疎通のツールです。
暗号文など一部の文章を除き、誰にでも理解できる文章が優れた文章です。
もし法華経の作者に①から⑦までのようなことを伝えようとする意図があったとするなら、
それをはっきり書かなかったことが法華経最大の欠陥でしょう。
一部の人だけに伝えたい暗号だとするならば、それはそれでも良いですが、
その場合は、広宣流布、つまり万民に法華経を理解させることは不可能です。
なぜなら日本語的にそう読めないからです。
つまり暗号だとしても、広宣流布に役立たないという大きな欠陥があります。

またこれだけ立派な思想ならば、わざわざ秘法にする意味がありません。
堂々と伝えれば良いのです。

私の結論は、法華経にはそうは書いていない、
もしそう書いてあるとすれば、それを万人が読めないようにしたことに欠陥がある、
となります。

上記のような理由から、
法華経も100%ではないと考えていることはお伝えしたいと思います。

ただ私もその部分が創価学会員の方々を含め、
日蓮宗系の方々の信仰の根本にあることは知っておりますので、
これ以上議論するのも失礼ですので差し控えさせていただこうとは思います。

まあ、信仰の問題はさておき、今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年01月14日(木) 00:59 |   |  コメント編集

No title

ご回答、申し訳ありません。
本日は、私の考えの一部を、ご参考までに申し上げます。
確かに、文字だけで読むと、暗号的なことになると思います。
経典の読み方は、天台・伝教・日蓮の読み方なのです。
話せば長くなるのですが、例えば、寿量品だけを例に取りますと、ただ読むと、ガヤの木下で悟って仏になったのではなく、太古の昔から私は仏であった。太古から、今、そして、未来永劫に渡り、私は仏であり、周囲の人々を教化するのである。例えるなら、良医のようなものである‥。このようなお話になりますよね。
これを、どのように読むのかということになります。
過去から、現在、現在から未来に生死を繰り返しながら生きる存在。それは、釈迦だけの話ではなく、私達も同じと読むのです。良医の如く、仏法を受け入れる人も、拒絶する人も含め、智慧を使い、この尊い仏法に導くことだと読むのです。
仏とは、方便品第二にあるように、「諸方の実相は、形、性質、その当体、その力、その作用は、縁に触れて結果を出すという宇宙の法則において、生きるものあるいは自然の全てが等しい法の中に存在する」という悟り、善に生きれば善(幸)、悪に生きれば悪(不幸)となることを悟り、その悟りに生き、その事実を伝え、周囲の人々の全てを幸せにする人生をいきることだと読むのです。
⑥は、「周囲が大火に焼かれているような時でさえの続きに、⑦は寿量品の末尾に書かれています。この寿量品の最後は、仏という存在が、常に、どのようにすれば人々を仏にできるだろうかと考え、行動する存在を明かしているのだと私は解釈しています。
法華経は、全28品に分散し、修行の方法から、法華経によって救われる対象の人々が述べられてます。悪人も畜生界も、女人も、全て仏になります。一切衆生が仏になる。すなわち、全人類に仏性があると読んでおります。
長くなりました。私のあくまで意見です。
菊川広幸 |  2010年01月15日(金) 16:22 |   |  コメント編集

ありがとうございます。

菊川広幸さん

丁寧な解説ありがとうございます。
なるほど、そういう読み方をするのですね、勉強になります。
また法華経にそう書いてあるかいないかは置いておいて、
思想的にはとてもよく理解でき共感できます。
私もそういう気持ちでブログを書いております。

今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年01月16日(土) 00:27 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/117-2adb71b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。