QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/02/17 (Wed) 21:00

奉仕・布施のご利益・功徳

これまで奉仕や布施をすると慈愛の修行になると書いてきましたが、
奉仕や布施をするといわゆるご利益や功徳はあるのでしょうか?

奉仕や布施は相手のためにする心が第一です。
困っていたり苦しんでいるのを助ける、喜びを与える、成長を助ける、役に立ててもらう、
このような結果が功徳です。
そしてそれに貢献できたという喜びが功徳です。

さらにもっと深い見返りがあります。
心が浄化され執着が減り、心が成長し慈しみの心が増すのです。
奉仕や布施が自然にできるようになるいうことは、
エゴがなくなってくることであり、悟りに近づくことでもあるのです。

しかし実際問題として、もっと現実的な見返りを求めずに奉仕や布施はできるのでしょうか。
筆者はできると断言します。
自分の子に何かをして見返りを求めるでしょうか。
もちろん将来養って欲しいという下心のある親もいるでしょうが、
通常はそういう下心はほとんどありません。
自分の親に何かをして見返りを求めるでしょうか。
小遣いを貰いたいという下心がある場合もあるでしょうが、
親が年老いていればそんなものも求めません。
自分の家族や自分自身のことと同じように相手のことを考えて何かをする、
これが本当の奉仕・布施です。

いわゆるご利益や功徳を求めるのは本当の奉仕や布施ではありません。
それは商売や投資やギャンブルと同じ心理であり、
かえって自分の心を汚し執着を増しエゴを強めます。

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

Comment

同感です!

おはようございます。全くその通りだと思います(^O^)。常々疑問に感じていることをサイババさんが端的にわかりやすく表現してくれたようで、深く共感することが出来ました!実のところ「お布施をして功徳をつみましょう」という言い方には違和感があったし、今でも偽善的な要素を感じます。確かに例えば「具合の悪い親のことが心配なので、病院に連れていきました。功徳を積めるいいチャンスでした。この善行為を‥」…こう書いてみると、不自然でいやらしさを感じてしまいます。ありがとうございました。
しんちゃん |  2010年02月18日(木) 04:50 |   |  コメント編集

私も同感です!

しんちゃんさん

いつもありがとうございます。

> 実のところ「お布施をして功徳をつみましょう」という言い方には違和感があったし、今でも偽善的な要素を感じます。

そうなのです、全く同感です!
そうやってお布施を強要しているのではないかと疑いたくなります。
しかし直感的には、奉仕や布施はやった方が良いに決まっています。
いわゆる功徳や波羅蜜という言葉ではなく、
実際にどういう効用があるのかを考察したのがこの記事です。

ありがとうございます。
CyberBaba |  2010年02月18日(木) 20:28 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/130-fe478eef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。