QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/04/24 (Sat) 21:00

思考を止める恐怖

瞑想とはある意味、思考を止めることですが、
たぶん思考を止めることに恐怖を感じる人もおられると思うので、
今回はそのことについてです。

思考を止めることに恐怖を感じるのは、筆者も経験があります。
まだ瞑想とかよく知らない中学生とか高校生の頃、
試しに思考を止めてみようと思ったのですが、とても恐怖を感じました。

もし止めてしまって再び思考できなくなったらどうしようとか、
再び思考し始めることができたとしても記憶喪失になったらどうしようとか、
本当に思考を止められるのかどうかとか、
そんなことをしていたら気が狂うのではないかとか、
思考をしないというのは人生の無駄ではないかとかです。

しかし心配はいりません。
最近のコンピュータは使わないときにはCPUを休ませることができます。
人間の思考も同様です。
必要のないときには止めても何も問題ありません。
科学的に見ても思考はエネルギーを消費し糖分の補給が必要となるので、
必要のないときには休ませるべきです。
また、思考しないというのは人生の無駄ではないか、これも心配いりません。
思考というのは無駄なことを考えていることが多いのです。
適当に休ませることによって、より効果的に使えるようになります。

しかし無理に思考を止める努力をする必要はありません。
気づいていないだけで思考が止まっていることは誰にでもあるのです。
正しい瞑想法を行えば、それに気づくことができ、
また自分で思考を止めることも簡単にできるようになります。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/145-4178517a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。