QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/05/19 (Wed) 21:00

八正道(正語・正業)

今回は八正道の正語と正業です。
正見と正思が内面でのものの見方・考え方であったのに対し、
正語と正業は外面での行為についてです。
通常の簡単な説明では五戒を守るということですが、
ただ戒律を守ると言うと拒否反応を起こす人もいるでしょうから、
少し角度を変えて説明します。

・正語
正語とは正しい言葉を話すことです。
具体的には、真実のみを語り、
嘘をつかない、悪口を言わない、荒い言葉を使わない、無駄なことを言わないです。
もう少し突っ込んで言えば、相手に通じる言葉を使うことです。
通じない言葉、例えば相手が分からないような用語を使って話しても無意味です。
しかし、言うべきこと、例えば批判などを言うなという意味ではありません。
相手に通じる言葉であればきちんと伝えるべきです。
しかしそれが不可能だと判断したら黙っているのが賢明でしょう。

・正業
正業とは正しい行いをすることです。
正しい行いとは、他の生命を害したり迷惑をかけたりしないということです。
もう少し突っ込んで言えば、慈悲の心で相手のためになる行動をすることです。
世の中は単純ではないので、正語にしても正業にしても、
その時その状況で何が正しいのか単純には言えません。
中道のバランス感覚と正見と正思を使って、
何が正しいのかをケースバイケースで判断することが重要です。

シリーズ記事
八正道(はじめに)
八正道(正見・正思)
八正道(正語・正業)
八正道(正命・正精進)
八正道(正念・正定)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/152-46b8b656

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。