QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/05/29 (Sat) 21:00

ネットで正語

以前八正道(正語・正業)で正しく語ることが重要だと述べましたが、
特にインターネット上では注意すべきです。

よくネットでは伝わらないという人がいますが、それは間違いです。
ネットの方がよく伝わることはたくさんあるのです。
ネットでの会話は書き言葉と話し言葉の中間で、
本音が書き手の予想以上に増幅されて伝わり、
相手の本音を知るにはネットの方がよく分かるとさえ言えます。

しかしなぜネットでは本当に誤解されることが多いのでしょう?
それはネットの言葉は本来書き言葉であるのに、
話し言葉のように気楽に使えるため、
話し言葉のように気楽に書いたことが、
書き言葉のように深刻に相手に伝わってしまうためです。
冗談さえ冗談として受け取られない場合も多々あります。

もう1つは、書き足りない足りないことや書き間違ったことがあったとしても、
それを訂正することが難しいからです。
相手の返信が無いのに追記で補足や訂正をするのはかえってしつこく感じられ、
相手の反応を見ながらフォローするということができないためです。

ですからネットでは正語を普段以上に気をつける必要があります。
特に相手と直接の面識の無い場合、匿名の場合はより気をつける必要があります。
ネットでのコミュニケーションは今後より重要さを増していくと考えられます。
ネットのコミュニケーションは特別とは考えずに、
正語を心がけて有効に活用しましょう。

参考記事
八正道(正語・正業)

社会・科学  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  ↑Top

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010年06月28日(月) 17:57 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/155-95a570e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。