QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/06/19 (Sat) 21:00

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの特徴

Luangpor_Teean.jpg

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーは、
タイ上座部仏教のルアンポー・ティアン派で修行されている瞑想法です。
ルアンポー・ティアン派はルアンポー・ティアン比丘(1911-1988)に由来します。

ただしルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーという呼び名は一般的ではなく、
筆者が仮にそう呼んでいるだけです。
一般的にはチャルーン・サティマハーサティ瞑想
気づきの瞑想、手動瞑想などと呼ばれていますが、
どれも固有名詞として使うにはふさわしくないので、
仮にルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーと呼ぶことにしました。

ルアンポー・ティアン派では最初からサマタ瞑想もヴィパッサナー瞑想も行います。
(サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想については瞑想学基礎をご参照ください。)
しかし重視されているのはヴィパッサナー瞑想です。

ルアンポー・ティアン派ではいくつかのヴィパッサナー瞑想を修行しますが、
主なものは手動瞑想、歩行瞑想の2つです。
特に手動瞑想は特徴的かつ重視されています。
手動瞑想は手を一定のパターンでリズミカルに動かし、その動きに気づくという方法です。
目は通常開いて行いますが、目を閉じて行う場合もあります。
具体的にどのような動きをするかは文章ではウィキペディアに、
画像ではYouTubeのこちらにいくつか出ています。
歩行瞑想ではゆっくり目にあるき、足の動きに気づくという方法をとります。
手動瞑想、歩行瞑想共に、マハシ式ヴィパッサナーで行うような
ラベリング(気づきを言語化する事)は、ルアンポー・ティアン式では行いません。
言語化をせずにただ気づいていきます。
また手動瞑想、歩行瞑想以外に、ゴエンカ式ヴィパッサナーのように、
体の感覚に気づいていくという瞑想法などもあります。

サマタ瞑想は補助的にのみ用いられ、パオ式のように高い禅定を求めることはありません。
瞑想法としては呼吸を見つめる瞑想であるアーナパーナ・サティなど、
四念処経(中部経典)にある瞑想から適宜選んで修行されます。

ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの基本的アプローチとしては、
高い禅定のような特殊な意識状態ではなく日常での意識状態で、
また特殊なテクニックをなるべく用いずに、
日常での体や心の動きを観察し気づいていこうとすることで、
ある意味非常にヴィパッサナーらしいヴィパッサナーだと言えると思います。

日本にはプラユキ・ナラテボー比丘によって紹介され指導されています。
プラユキ・ナラテボー比丘の瞑想合宿に参加したときの感想は、
過去記事プラユキ・ナラテボー瞑想合宿にありますので併せてお読みください。



シリーズ記事
ヴィパッサナーの種類
パオ式ヴィパッサナーの特徴
マハシ式ヴィパッサナーの特徴
ゴエンカ式ヴィパッサナーの特徴
ルアンポー・ティアン式ヴィパッサナーの特徴
山下良道(スダンマチャーラ)式ヴィパッサナーの特徴
オショウ式ヴィパッサナーの特徴
ティク・ナット・ハン式瞑想の特徴
現代ヴィパッサナーの歴史

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/159-6dda71b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。