QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/06/30 (Wed) 23:00

スポーツとナショナリズム

サッカーワールドカップ、日本はパラグアイに負けてしまいましたね。
筆者はスポーツにナショナリズムを持ち込むのは大嫌いですが、
それでもワールドカップには賛成だし、日本を応援していました。

どういうことかというと、ワールドカップのような世界大会は楽しいし、
そのときのチーム編成単位が国になるのは自然なことだと思うのです。
そして自国というのはいわば地域代表であって、
やはり応援してあげるのが自然だと思います。

甲子園の高校野球を例にとるとわかりやすいと思います。
出身都道府県に特にアイデンティティはないが、一応地元を応援する。
応援しているが自己同一化や執着はなく、他都道府県代表もやっぱり応援してあげる。
ワールドカップやオリンピックはこういう態度でいるのが良いのではないでしょうか?

一番馬鹿げているのは国への自己同一化です。
普段サッカーは全く知らないし選手も知らないのに、
チームが国だと思い、自分を国への自己同一化をしてしまうことです。
そしてそこに喜怒哀楽をぶちまける。
これは精神修養上まったく意味がなく害があります。

また逆の態度もあります。
ナショナリズムが嫌いだと言って、わざと全く無視することです。
もちろん本当にサッカーに興味がないならそれでも良いのですが、
無理してわざと無視をする。
これは自己同一化よりははるかにましですが、やっぱり無理があります。

自己同一化もせず、かといってわざと無視することもなく、
その中間にいること、これも一つの中道だと思います。

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

Comment

中道 

すばらしい記事ですね!

中道ですか。
中道でかつ生きることをエンジョイするのが理想かもしれませんね。

こういった 一般社会的 問題に関しても スタンスがすばらしいです。
utakata |  2010年08月01日(日) 09:30 |   |  コメント編集

Re: 中道

utakataさん

ありがとうございます。
一般社会的問題に関しても中道の立場にいることが基本だと思います。偏ったものの見方をせずに、中道・正見することが大切だと考えております。
CyberBaba |  2010年08月01日(日) 21:34 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/162-c825477f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。