QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2010/07/07 (Wed) 21:00

統合的アプローチ、分類的アプローチ

悟り(己を理解し苦を滅する)を目指す場合、修行法を選択する場合など、
物事を見る場合、統合的アプローチと分類的アプローチがあります。

統合的アプローチとは、様々な見方や考え方の共通点・エッセンスを見出し、
それらを統合しようとするアプローチです。
例えば瞑想とは何かという場合、心を安定させて己と向き合うことだ、
という場合、これは統合的な見方です。

分類的アプローチとは、様々な見方や考え方の相違点を見出し、
それらを分類しようとするアプローチです。
例えば瞑想とは何かという場合、この宗派の瞑想法はこうであるとか、
この瞑想法とあの瞑想法の違いは何であるかということを見る場合、
これは分類的な見方です。

さてそこで、修行者はどちらのアプローチをするべきかということですが、
先ずは統合的アプローチを取るべきでしょう。
なぜならば、修行者は生命とは何かということを大きなテーマにしているので、
どこにでも共通する何かを発見するべきだからです。

では分類的アプローチは必要ないのかというと、そうではありません。
生命、人間というものは細かく言えばみんな違うので、
自分のタイプを知り、自分に合った修行法を模索する必要があるからです。
その場合は分類的な見方が役に立ちます。

ただし注意しなければいけないのは、相違点を強調して差別化することです。
物事には特徴、つまり長所・短所というものがあります。
自分がやってきた教えや方法論に執着し、差別化することは避けるべきです。
よく見られるのは、ヒンドゥー教(ヨーガ)と仏教とどちらが優れているかとか、
ヴィパッサナーと禅は全く違うものであり相容れないなどという論争です。
そして自分のやり方のみが正しいと主張し、他を十把一絡げにして否定します。
これらの論争は自己に対する執着から生じます。

先ずは統合的アプローチで共通点を探り、
そして分類的アプローチで思いいれを抜きにして客観的に特徴だけを観る。
これが修行者として正しい物事の見方だと言えるでしょう。

関連シリーズ記事
統合的アプローチ、分類的アプローチ
レイヤー的ものの観方
水平的多角的ものの観方

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

Comment

No title

しばらくです!いつもお世話になります。大変参考になります。

なるほど 総合的と分析的ですね。それぞれに長所と欠点があるようですね。
分析的はともするとのめり込み全体が分からなくなる。
総合的はすこしクールでモチベーションの維持とかは大変でしょうか?

両方のバランスが必要かも知れませんね?
ウタカタ |  2010年08月24日(火) 07:37 |   |  コメント編集

No title

ウタカタさん

コメントおそくなってすみません。

基本的には統合的の方が良いと思います。分類的の場合には、ここが違う、あそこが違うと排他的になる傾向があります。もちろん両者のバランスは必要ですが。
CyberBaba |  2010年08月26日(木) 22:15 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/163-eab2a864

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。