QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/01/01 (Sat) 10:00

勇気の湧き出る般若心経

あけましておめでとうございます。

新年にふさわしい記事ということで考えて、
今回は「勇気の湧き出る般若心経」にいたしました。

般若心経についてはいろいろな解釈がされていますが、実は明快なお経です。

一番重要なのは最後の真言です。
この真言はダブルミーニング・マルチミーニングかつ、音の詩的音楽的響きが重要なので、
ニュアンスまで訳すこと不可能ですが、中心的な意味はこう言っていることが解ります。

修行せよ修行せよ
彼岸に向かって修行せよ
彼岸に向かってもっともっと修行せよ
智恵、悟りよ幸いなれ

サンスクリット語の発音ではこうなります。

ガテーガテー
パーラガテー
パーラサンガテー
ボーディスヴァーハー

つまり一所懸命に修行しなさいという、
ブッダ自身の暖かく力強い励ましの言葉なのです。
そして実践以上の教えは無いという当たり前のことを繰り返し言っているのです。

なぜそういう解釈になるのか、具体的修行の内容は何か、修行の結果どうなるのか、
そのあたりは過去記事般若心経シリーズに解りやすく解説しているので、
是非そちらをご参照ください。
http://cyberbaba.blog57.fc2.com/blog-category-1.html

なお般若心経は後世の作で偽経であるとか、
ブッダはサンスクリット語ではなくパーリ語を使っていたはずだとか、
般若心経を説いているのはブッダではなく観自在菩薩のはずだとか、
空の解釈や法の解釈がおかしいから間違っているとか、
いろいろご意見はありましょうが、それらはどうでも良いことです。
事実だけが真理ではありません。フィクションの中にも真理はあります。

ブッダがこの言葉を直接自分に語りかけた、
そんな気持ちでサンスクリット語で真言を唱えてみてください。
よし、今年も頑張るぞ、そんな勇気が湧いてくるはずです。

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/176-92b33697

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。