QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/01/25 (Tue) 17:00

向上心(チャンタ)

今回はプラユキさんの受け売りです。筆者なりの解釈が混ざっているので、ちょっとした間違いがあるかもしれませんがご了承ください。大きくは間違ってはいないはずなので、特に問題はないと思いますが。

下の図は、十二因縁の7番目の受、8番目の渇愛、9番目の取の部分を拡大して加筆したものです。
chanta.jpg

通常無自覚でいる場合、感覚で受けた快・不快などに対し欲望や怒りなどが発生し、それが執着となります。これが不幸・苦へ繋がる赤い矢印です。一方の青い矢印、これが重要で向上心・意欲です。渇愛も向上心もひとくくりに欲だという人もいますが、この区別は重要です。向上心・求(ぐ、チャンタ)とはなにかというと、念(気づき)定(安定した心)慧(智慧)を目指す心で、幸福・楽に繋がる矢印です。

感覚というのは外部の刺激等によって自動的に生じてくるので通常コントロールできません。ここで無自覚に渇愛、執着に発展させるのではなく、どんな感覚であっても、つまり快であっても不快であっても快でも不快でもなくても、それらを糧とし、向上心をもって念・定・慧へ発展させることが不幸・苦への矢印を幸福・楽への矢印に転換させるポイントです。

これはいわゆる瞑想中だけでなく、日常生活でも心がける必要があります。というより、いろいろな感覚刺激を受ける日常生活の方が修行になるとも言えます。難しいことではなく、心がけですので、是非普段から心がけてみてください。

関連記事
欲望は滅する必要があるのか
欲求と欲望
シリーズ記事
向上心(チャンタ)
向上心の動機

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/189-fbe56fa3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。