QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/02/01 (Tue) 18:00

悟った人に師事すれば悟れるか

正しい師を探すというのは大切なことではありますが、よくある誤解に、悟った人(大悟した人)なら教える能力も高く、その人に師事すれば必ず悟れるはずだというのがあります。そうではありません。

ブッダの時代はブッダが多くの人を悟りに導きました。もし悟った人の教える能力が必ず高いなら、その後はネズミ算式に悟った人が増えていくはずです。そしてとおの昔に人類全てが悟っているはずです。しかしそうはなっていません。

buddha.jpg


悟りの境地と教える能力は直接は関係しないのです。

さらに2つの要因があります。

1つ目は弟子のレベルです。学問を例にしましょう。例えば相対性理論を理解することが悟りだとします。いきなり大学院教授に相対性理論を説かれても理解できません。先ず基礎的な数学や物理を学ぶ必要があります。そのためには大学院教授を師にすることは適切ではありません。中学や高校の先生の方が良師になる場合が多々あります。

もう1つは師との相性です。武道では自分と体格の似た師を選ぶことが一つのポイントとされています。例えば体が大きければ小技を屈指するより直線的な大技が有効です。体が小さければ小技を磨く必要があります。体格が似ていればそういう技を伝えてもらいやすいからです。精神修養でも同じようなことが言えます。ブッダの教えを一言聴いて忽然と悟った農夫が、知識をたっぷり詰め込んだ学者に教えることは困難でしょう。

ですから、よほど悟りに近い一握りの人を除き、悟った人を師にするために探し求めることはあまり意味がありません。それよりも縁のある相性の合う人を師にした方が通常は有効です。

また悟った人と言えども悟りそのものを教えることはできないそうです。ただヒントを与えるだけだそうです。結局は自分で悟るしかない。ブッダもそうやって悟りました。ならば、どんな人からも物事からも動物からも自然からも学ぶ、そういう態度が一番有効だと考えられます。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

Comment

紅葉先生

先生は、相性が一番でしょう。
人は、必要に応じて、先生に出会えるようになっているけれど、それに気がつかないことが多い、とも言います。
私の先生の要件は、「心が開かれているか?」ですね。これは、「素朴な質問」をすれば分かります。「俺様にこんなアホな質問をするな!」「お前には常識、基礎知識がないのか!」「仏典読んだこと無いのか!」と言って怒るのは不合格。幼稚園児に手ほどきするような説明をしたくないなら「これこれの本を読みなさい」と言えばいい。素朴な質問に怒る人は、もうそれだけでアウト。
質問に対して、一発回答、腹オチすれば嬉しいですが、「イヤ、それ、難しくて、ワシにも分からんのじゃ」なんて言ってくれると、もっとうれしい(笑)。
裏を見せ、表を見せて散る紅葉。そんな感じですかね。
猫ちゃん |  2011年02月02日(水) 06:53 |   |  コメント編集

Re: 紅葉先生

猫ちゃんさん

読んでいて思わず微笑んでしまいました。確かに相性が一番ですね。

私は先生と師匠は分けて考えていて、先生は知識やテクニックを教えてくれる人、師匠は人間的に成長させてくれる人または見習いたい人です。猫ちゃんさんの書かれている怒る先生は師匠としては完全アウト、先生としても微妙ですね。

私の最初の師匠は思えば自分の祖父です。物心ついたときから、途中2年別居しましたが、祖父が亡くなる小学校低学年くらいまで一緒に住んでいて、とても尊敬していました。一緒に遊びながらいろんな事を教えてくれ、祖父のようになりたいと思っていました。たぶんその祖父のイメージが潜在的に強いのでしょう、友達になってくれない人、上から見下す人は師匠としてはパスです。

次の師匠は父ですが、厳しすぎて自分勝手で、祖父ほどは尊敬していませんが、まあ一応師匠でしょう。

その他師匠だと思える人はそんなに多くないですね。以前にも猫ちゃんさんにはお話しましたが、30歳前後にインドで出会ったお坊さん3人が師匠と言えるでしょうか。2人は日本人、1人はスリランカ人のお坊さんで、3人とも私より10も20も年上でしたが対等に扱ってくれ、そういう態度を尊敬していました。お坊さんというのはそういうものかと思っていましたが、その後その3人は例外なのだと知りました。私も当時の彼らくらいの歳になり、教えていただいた知識は忘れてしまいましたが、生き方や人との接し方などは今でも見習いたいと思うところ多々あります。

ちなみに祖父も父もその3人も、分からない事は分からないとはっきり言いました。

今は師匠と思える人は誰もいないので、主に法友達から学ぼうと思っています。

ところで小説のお話ですが、師匠としてかっこいいのは、「ゲド戦記」の主人公ゲドの師匠、沈黙のオジオンですね。いかにも老賢者という感じの寡黙な人です。以前英語で書いたミクシィ日記があるので、次回の記事はそれをアップすることにします。
CyberBaba |  2011年02月02日(水) 11:14 |   |  コメント編集

おじいちゃん子だったのですね

おじいちゃんに可愛がられた記憶があるとは羨ましいです。

これだけでも、コア・ステイトが安定していますからね。

次のオジオンの英文の4行目HedはHadのミスタッチではありませんか?

瞑想のまねごとをしてもいっこうに変化はないので、「悟り」はあきらめました。

コア・トランスフォーメーションの本を読み、試すとエックハルト・トールさんの言う

インナー・ピースには簡単に入れました。ご存じかもしれませんが、シェアーしたいと

思いまた参入しました。

反原発ではなく、脱原発と言おうは良いですね。
アーサー |  2011年06月09日(木) 07:10 |   |  コメント編集

Re: おじいちゃん子だったのですね

アーサーさん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

祖父は本当に好きでしたし尊敬していました。

オジオンはご指摘のとおりです、修正しました、ありがとうございます。

コア・トランスフォーメーション、良さそうですね、ありがとうございます。

脱原発はもう流れになって来ている気がします。

最近記事を書いていませんが、また書きますのでよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2011年06月13日(月) 00:05 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/191-cabe7ad2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。