QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/02/19 (Sat) 20:00

2011ティクナットハン日本ツアー概要

Thich_Nhat_Hanh_2.jpg

・ ティク・ナット・ハン(釈一行)は1926年ベトナムに生まれた禅僧であり、詩人、学者、平和活動家です。ベトナム戦争中の平和への取り組みに対して、 1967年にM.L.キング牧師によりノーベル平和賞候補に推挙されました。100冊以上の著書を世に問い、仏教の教えとその実践をわかりやすく説くこと で広く知られています。ヨー ロッパやアメリカではダライ・ラマ14世と並ぶ高い評価を受けています。
・ティク・ナット・ハンはフランスのプラム・ヴィレッジを本拠地として、アメリカ、ドイツなど各地にリトリートセンターをもうけ、仏教の教えにもとづいた学びと実践の指導を続けています。世界とともに平和に生きるためのシンプルな生き方を提唱しています。
・ 16年ぶりの来日となる今回の2011年日本ツアーでは、京都と横浜と東京で講演会を開催します。また、横浜では三日間の宿泊リトリート(日常生活から離 れ、自分を見つめ直す)を二回開催して、随伴の僧・尼僧らのサポートにより、ティク・ナット・ハンの中心的教えである気づき(マインドフルネス)を深める 練修を行います。

日本ツアー期間:2011年4月24日~5月7日
※講演とリトリートは英語で行われ、全て日本語の通訳がつきます。

京都講演
日 時:2011年4月24日(日) 13:30~16:00
会 場:花園大学無聖館ホール(5F)
〒604ー8454 京都市中央区西ノ京壷ノ内町8ー1花園大学内
参加費:2,000円(定員450名先着順)
申込先:(財)禅文化研究所
〒604ー8454 京都市中央区西ノ京壷ノ内町8ー1花園大学内
http://zenbunka.or.jp/tnh2011/
* 参加ご希望の方は、インターネットにて、上記のアドレスにアクセスしてお申込下さい。あるいは現金書留で「ティク・ナット・ハン2011京都講演 チケット希望」とお書きいただき、申込者の住所、氏名、電話番号、参加人数を明記の上、チケット料金(2000円×人数)を添えてご送付ください。追って 講演会チケットとなハガキをお送りいたします。一旦ご購入いただいたチケットの払い戻しは原則的にできません。万が一、講演中止となった場合には、参加費 用だけの払い戻 しをさせていただきます。その際、お支払い時の手数料等は返金の対象となりませんので、予めご了承下さい。
主 催:臨済宗妙心寺派/(財)禅文化研究所
協 賛:花園大学

横浜講演会・宿泊リトリート(前期・後期)
会 場:曹洞宗大本山 總持寺
〒230-8686 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2ー1ー1
1.講演会
日 時:2011年4月29日(金・祝)14:00~16:00
参加費:一般3,000円/学生2,000円/中学生以下 無料
2.宿泊リトリート前期(講演会参加を含む/テーマ:マインドフルネス)
日 時:2011年4月29日(金) 14:00 ~ 5月1日(日) 15:00
(講演会はリトリートの一部となっております。宿泊リトリート前期は講演会からのご参加となります。)
参加費:一般38,000円/大学・高校生30,000円/小・中学生7,500円/乳幼児 無料
3.宿泊リトリート後期(テーマ:インタービーイング)
日 時:2011年5月3日(火) 14:00 ~ 5月5日(木) 15:00
参加費:一般38,000円/大学・高校生30,000円/小・中学生7,500円/乳幼児 無料
4.宿泊リトリート前期+後期
日 時:2011年4月29日(金) 14:00 ~ 5月1日(日) 15:00
+ 5月3日(火) 14:00 ~ 5月5日(木) 15:00
参加費:一般70,000円/大学・高校生60,000円/小・中学生15,000円/乳幼児 無料
⇒早期10%割引(3月末まで)、寝袋持参価格(一泊 2000円引き)、
障害をお持ちの方、付添いの方(1名)の割引制度もあります。
申込先:ティク・ナット・ハン2011来日事務局ホームページ http://thay.jp をご覧下さい。または下記まで。
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号 大阪駅前第4ビル9階932ー506号
「ティク・ナット・ハン2011来日事務局」FAX:06-6354-7931
*FAXの場合「ティク・ナット・ハン2011来日事務局宛」と明記して下さい。
主 催:ティク・ナット・ハン2011来日事務局
後 援:曹洞宗大本山 總持寺

東京講演会
日 時:2011年5月7日(土)
会 場:日比谷公会堂
時間:12:30 開場 13:00開演 参加費:2000円
主 催:(株)木楽舎 (株)サンガ
申 込:チケット発売は2月中旬を予定(チケットぴあ/eプラス)
お問い合わせ:(株)木楽舎 (担当:志村)
TEL.03-3524-9572 FAX03-3524-9675
までお問い合わせ下さい。

その他関連催事(予定)
・ティク・ナット・ハン書画展の開催(会場/期日未定)
・ティク・ナット・ハンの著書を集めたブックフェアを開催。

日本ツアー全体企画・運営(お問い合わせ先)
ティク・ナット・ハン2011来日事務局(代表:田村和久)
公式ホームページ http://thay.jp
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号 大阪駅前第4ビル9階932ー506号
「ティク・ナット・ハン2011来日事務局」FAX:06-6354-7931
*FAXの場合「ティク・ナット・ハン2011来日事務局宛」と明記して下さい。

協力:安曇野パーマカルチャー塾 虚空山彼岸寺 (株)木楽舎(株)サンガ (株)春秋社 (有)大法輪閣 (株)法蔵館

*併せてお願い(寄付・ボランティア募集等に関して)
ティク・ナット・ハン2011来日企画は無報酬・無収益のボランティア企画です。運営となる事務局には、資金・人的母体となる団体もありませんし、事務局メンバーも企画に賛同した有志で行っております。
日本ツアーは、プラムヴィレッジから来られる約30名(ティク・ナット・ハンを含む)の旅費、交通費、宿泊費、食費、会場費用等の全ての経費を、リトリートや講演会の入場料と寄付金でまかなう予定になっています。
1.寄付について
この企画に賛同していただける方は是非ご寄付をお願いいたします。皆様からお預かりしたご寄付は、来日ツアーをより良いものにしていくために、大切に使用させていただきます。
ご寄付いただいた折には
・金額の多可を問わず、各催事当日パンフレットに全て記載(順不同)※無記名、非記載希望の方は記載いたしません。
・日本ツアー終了後に、報告冊子を送付。及び寄付金を含む会計を公開。
させていただきます。
また、このプロジェクトで収益を得られた場合、収益金はベトナムの貧困援助プロジェクト、その他緊急援助を必要とするプロジェクトのために活動しているプラムヴィレッジに寄付いたします。
ご寄付は
・日本ツアープレイベント各催事(書画展など)にて
・ティク・ナット・ハン2011来日事務局ホームページ http://thay.jp から、来日ツアーへの寄付のお願いページへ
から宜しくお願いします。
*領収書が必要な方はお申し付け下さい。対応させていただきます。

2.ボランティア募集について
重ねて上記の事情により、催事当日・事前にお手伝いいただける方を募集しております。ボランティア希望の方は
http://thay.jp/
よりお問い合わせ下さい。

追伸:用語説明
・マインドフルネス(気づき)
「気 づき」とは、いまここ、この瞬間に気づき目覚める力です。毎日の生活の一瞬一瞬に意識的に触れる練修です。気づきをもつとは、今ここに真に生きるというこ とであり、周囲の人たちや周りで起こっていることと一つになることです。「気づき」とともにあることで、理解、愛、慈しみ、喜びのこころが育ちます。自分 自身 や社会の中に存在する苦しみに気づいて、それを変容する助けとなります。
・インタービーイング(相互依存・相即)
近 年、ティク・ナット・ハンは気候変動や、先進諸国が抱える大量消費の問題に大きな関心を寄せています。「インタービーイング」とは、宇宙にあるすべてのも のは相互に依存しあって存在しているという仏教の洞察を、西欧諸国に分かりやすく伝えようとしたティク・ナット・ハンの造語です。
「ここにある」とは「ともにあること」です。私たちが、あるいは、何かのものが、ただ自分だけで存在するということはありえないのです。私たちは、ほかのすべてのものとともに存在しているのです。(ティク・ナット・ハン著「微笑みを生きる」より)
私たちの行動を深く見つめると、自分自身と地球にとっての平和な生き方が見つかります。

発信元:ティク・ナット・ハン2011来日事務局 *転載自由

ブログ内参考記事 ティク・ナット・ハン式瞑想の特徴

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/198-75a53de1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。