QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/04/02 (Sat) 02:00

福島原発今後、食品放射性物質基準値は妥当か

2011年3月17日に制定された放射性物質食品暫定規制値は妥当かどうかを検証する。

放射性物質名食品種類日本欧州WHO
(非常時)
WHO
(平常時)
ヨウ素
(代表元素  I-131)
乳幼児飲料水・食品10015010010
飲料水・牛乳・乳製品30050010010
野菜類(根菜・芋類を除く)200020001000 
セシウム
(代表元素 Cs-137)
乳幼児飲料水・食品2004001000 
飲料水・牛乳・乳製品20010001000 
野菜類・穀類・肉・卵・魚・その他50012501000 
ウラン
(代表元素 U-235)
飲料水・牛乳・乳製品・幼児用食品20   
野菜類・穀類・肉・卵・魚・その他100   
プルトニウム類
(代表元素 Pt-239)
飲料水・牛乳・乳製品・幼児用食品1 1 
野菜類・穀類・肉・卵・魚・その他10 10 
表1 放射性物質含有規制値(単位 Bq/kg 空欄は未調査)
日本=2011年3月17日暫定規制値
欧州=EURATOM(欧州原子力共同体)事故等の非常時の規制値

この表を見ると、欧州に比べれば値は全て低く、WHOの非常時の値と比べると、ヨウ素が高くセシウムが低く、全体としては低めの設定であり、非常時の規制値としては、これだけ見ればほぼ妥当と考えられる。

次に大人の規制値ギリギリの食品だけを1年を通じて摂取し続けた場合の実効被曝量(Sv)を計算してみる。ここで以下の仮定をする。
水分摂取量 1日2.5kg
固形物摂取量 1日1.5kg、内根菜芋類を除く野菜類が0.3kg含まれるとする。

計算式は以下になる。
実効被曝線量(Sv) =
放射能濃度(Bq/kg) × 実効線量係数(Sv/Bq) × 摂取量(kg/日) × 摂取日数(365日)

元素食品実効線量係数実効被曝線量
I-131飲料2.5kg2.2×10^-8 Sv/Bq6.0 mSv
I-131根菜芋類を除く野菜類0.3kg2.2×10^-8 Sv/Bq4.8 mSv
Cs-137飲料2.5kg1.3×10^-8 Sv/Bq2.4 mSv
Cs-137食物1.5kg1.3×10^-8 Sv/Bq3.6 mSv
U-235飲料2.5kg4.7×10^-8 Sv/Bq0.9 mSv
U-235食物1.5kg4.7×10^-8 Sv/Bq2.6 mSv
Pt-239飲料2.5kg2.5×10^-7 Sv/Bq0.2 mSv
Pt-239食物1.5kg2.5×10^-7 Sv/Bq1.4 mSv
合計  21.9 mSv
表2 食品からの年間最大被曝量
実効線量係数は経口で摂取した場合のベクレルからシーベルトの換算係数

ここで21.9mSvが高いのか低いのかを評価してみる。

ここで評価基準となる3つの値を提示する。この3つくらいは常識として憶えておいていただきたい。
1mSv。一般人の自然被曝と医療を除いた以外の年間累積被曝量規制値。
10mSv。世界で最も自然放射線量の多い地域の年間自然放射線量。
100mSv。年間累積被曝量が100mSvに達すると健康に影響し、発癌率が0.5%増す。
さらに参考値として以下の2つ。
2.4mSv。地球上の年間の自然放射線量平均。
50mSv。日本政府基準では、実質累積被曝量が50mSvを超えると避難指示。
1mSvは安全、10mSvを超えると注意レベル、100mSvを超えると警告レベルと憶えておくと簡単だろう。

こうしてみると年間21.9mSvは注意レベルになる。しかし実際にはそんなに規制値ギリギリの食品ばかりを摂取しないであろうこと、非常時の暫定値であるということであれば、まあまあ妥当な値であると考えられる。

注意すべきはこの値を引き上げようとする動きがあることと、果たして非常時(1年以内)で済むのかということである。これについては厳しく監視をしていきたい。

追記として、このような計算はやろうと思えば誰にでもできる。自分で計算してみて単位に慣れれば、何ccとか何kgとか何cmとかのように、感覚として分かるようになってくる。人によって摂取量は異なり、年齢などによっても影響は異なり、また大気中放射線量による被曝量も加算する必要もあるだろう。それによって値が高いのか低いのかの評価は、それぞれの感覚によって異なる。面倒だとは思わずに是非自分で計算して感覚を掴んでいただきたい。政府やマスコミなどの発表する「直ちに人体に影響はない」などの言葉に疑心暗鬼なることなく、自分で判断できるようにしていただきたい。

参考URL
食安発0317第3号 平成23年3月17日(日本基準値)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf
Radioactive contamination of food risks: experts(欧州基準値)
http://au.news.yahoo.com/thewest/a/-/world/9041428/radioactive-contamination-of-%3Cspan%20class='highlight_normal%20highlight_food'%3Efood%3C/span%3E-risks-experts/
WHO Radiation Emergency Guidelines (WHO放射線非常時ガイダンス 13ページ)
http://www.who.int/ionizing_radiation/a_e/en/Radiation_emergency_guidelines.pdf
WHO Guidelines for drinking-water quality (飲料水水質ガイドライン 202-203ページ)
http://www.who.int/water_sanitation_health/dwq/fulltext.pdf
ベクレル(Bq)、シーベルト(Sv)計算・換算(換算機能あり)
http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php
緊急医療被ばくのホームページ ≪内部被ばくに関する線量換算係数≫
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html
ウィキペディア シーベルト (実効線量(mSv)の影響の表)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
ぶらり一人旅 ★☆★ 水道水の放射性ヨウ素131 国際基準まとめ(ソースあり)★☆★
http://nakamu.blog.ocn.ne.jp/hitori/2011/03/131_cd85.html


当ブログ原発事故関連記事
3/18福島原発今後の予測
福島県放射線量そろそろ限界
SPEEDIによると30キロ圏外でも“内部被ばく”注意報
3/28福島原発今後の予想
福島原発今後、食品放射性物質基準値は妥当か
福島原発今後の予測被曝量計算方法
乳児ための放射性母乳傾向と対策
福島原発プルトニウムの危険性評価

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/205-f2fa401d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。