QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/04/14 (Thu) 22:30

放射能が汚しても

放射能が水を汚し大気を汚しても
恐怖や不安や怒りでこころを汚さない


今回は少しだけいつもの路線に戻ります。福島原発事故以来読み始めた方には違和感があるかもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

冒頭の言葉はベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンの日本へ向けたメッセージです。我々は今このことを大切にしなければならないと思います。「人間にどれぐらい精神力・能力があるかは災難の時に分かる」とブッダ(お釈迦様)は言ったそうです。恐怖や不安については、自分自身で判断できないときに起きてくる場合が多いので、今までは事故や放射能の影響について自分自身で判断する方法などを書いてきましたが、今回は怒りに焦点を当ててみたいと思います。

原発事故について、東京電力や政府に対して怒りが湧いてくるのはある意味当然だとも言えますが、それでもやはり怒りは心の汚れです。怒りを善しとしていては心は汚れるばかりで成長はありません。特に、東電だから政府だからというだけで、その内容に関わらずいちいち怒ってはいないでしょうか?何かを言えば言ったで怒り、言わなければ言わないでまた怒る。こういう心は是非の区別をなくしており、怒りの連鎖反応を起こしており、健全とは言えません。

冷静に是非を観ていけば怒りの心は収まり、慈悲の心が湧いてきます。東電にしても政府にしても、相手も自分と同じ人間で、この期に及んで自分の利益や保身だけを考えている人は少なく、落ち度は多々あるにしても、なんとかしようと必死になっている事が解ってきます。それでもまだ間違っていると思ったことだけ、ビシッと指摘すれば良いのです。

そうは言ってもまだ激しい怒りが収まらない、そういう場合は怒りを無理やり押さえ込むのではなく「怒りの瞑想」または「慈悲の瞑想」をお勧めします。過去記事怒りの瞑想汝の敵を愛せよをご参照ください。それでもどうしようもない場合は、原発近辺で直接被害を受けている方でなければ、この問題から距離を置く事が無難でしょう。直接被害を受けている方はそんな事を言っていられないでしょうから、何を相手に要求するのか文章や箇条書きで書いてみると良いでしょう。

冷静になってくると、自分のできること、やるべきことが見えてきます。そしてネガティブな心の状態からポジティブな心の状態に変わってきます。最近は「反原発」ではなく「脱原発」と呼ぼうという動きなどもありますが、そのようにポジティブな心になり、具体的にどうすれば良いかという事に心が向いてきます。怒って文句ばかり言っていた頃と、全く違った自分になることが可能です。

ブッダはまたこうも言っています。

自分に打ち克つことは、他の誰に勝つことよりも優れていることなのです。
慎み深く、平和な気持ちを持ち続けている人は勝利者です。


こういう時だからこそ、これを心の成長に生かしていこうとすることが大切でしょう。生老病死や災難はいつかは必ずやってきて、免れることはできません。そんな場合でも平和な気持ちを持ち続けることが大切でしょう。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

Comment

No title

いつも拝読させていただいています。

同感です。非常時にこそ、心の平安が必要ですね。

東電、政府(民主党)を批判するのはかわいそうです。
もともと、自民党が政権を担っていた時に原子力発電推進政策を推進してきたから、これだけ多くの原発を作ってしまったのです。

当時の自民党政府に責任をとってもらいたいです!
怒らずに、冷静に考えてそう思いますv-221

これからは脱原発で行きましょう。
太陽光発電を推進しましょう。


なか早 |  2011年04月17日(日) 13:55 |   |  コメント編集

心の平安

なか早さん

お久しぶりです、ご愛読およびコメントありがとうございます。

責任を取ってもらいたい人は他にもたくさんいますが、
怒らずに冷静に主張するのは良いことですね。

脱原発は大いに推進して欲しいです。
太陽光以外にも、風力、地熱などが有望なようです。
まだまだ困難はたくさんあるのですが、
原発の費用をそちらに回せば大丈夫でしょう。

では、今後ともよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2011年04月17日(日) 20:53 |   |  コメント編集

No title

はじめまして、ブログ村のランキンクから来ました。

私は、「脱原発」という言葉には賛成です。

しかし、現在の政府や東電の動きには、賛成できかねるところが多々あります。

政府は、ただちに、脱原発に向けて予算を割いていくべきなんです。

放射能漏れで、レベル7にたっしたとて、東電を責めるのはおろかでしょう。そこの方々も、命をかけて必死にやってくださっている。どうしようもないんです。

いかりと言うことに関しては、人間の三毒ですので、なくならないものと私は思っています。だから、瞋恚すら仏様の恵みと、私は取っています。

このよのなか、人間はいろいろ不安がったり悩んだりしていらぬ煩悶をしますけど、なにも問題の無い世の中です。

それは、哀しいことや許したくないことなど、愚かな人間にはいろいろ思い悩むことがあります。

でも、大日如来の現成たる宇宙は、完璧です。間違いがありません。コーランにアブダビというように、宇宙はひとつに決まっている。すばらしい宇宙なんです。

だから、私は、仏様を信じています。
なにがあっても、仏様は見守ってくれています。
地獄に落ちても見守ってくれています。
尊い仏様なのです。

というのが、私の素人意見でした。
生意気言ってすみませんでした。


Pearsword |  2011年04月18日(月) 22:04 |   |  コメント編集

ありがとうございます

Pearswordさん

はじめまして、貴重なご意見ありがとうございます。

確かに東電や政府の動きには賛成しかねるところが多々あり、
特に早々に脱原発に向けて方針を固めて行くべきですね。
この期に及んでまだ原発を続けようとしている人もいるようですが、
非常に困った事です。

怒りに関しては大悟するまでは完全にはなくならないとされています。
しかし徐々に減ってはいくし、また減らす努力はすべきだと思います。
怒りに任せていては何も解決しないでしょう。

この世が完璧か、仏様はいつも見守ってくださっているか、
このあたりは真実はどうなのか私には証明できませんが、
なるようになると思いますし、
またどういう状態になっても常に平常心を保っていたいと思います。
本来何も問題がない、こういう心境はとても大切だと思いました。

またよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2011年04月19日(火) 22:53 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/207-eba2c430

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。