QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2011/12/15 (Thu) 14:30

夢を持つことといまここの平安な心

ある人に、いまここあるがままの自分に返り平静な心を保つことが大事だという話をしたところ、それも分からなくもないが、未来に思いを馳せて夢を描くことの方が大切ではないか、という意見を述べられました。これについて自分なりに考察してみたので、ヒントにしていただければ幸いです。

先ず、人間の苦しみの多くは、過去に執着したり後悔したり、未来を心配したり期待したり、今ここにいない人に愛着したり憎んだりすることから発生します。これらが全ての原因とは言いませんが、多くの部分を占めていることは確かです。従って、いまここあるがままの自分に立ち返り、平静な心を保つことが重要なのは間違いありません。

一方未来に夢を描くということはどうでしょうか?これはケースバイケースと言えると思います。単なる妄想や、今の自分を否定して別の存在になりたいとか、欲望を未来に投影してそれを満たしたいなどは、健全な心とは言えないでしょう。しかし自分や他人や他の生命の苦を滅するための建設的現実的プランを持って、それに対して精進努力することは大切だと言えると思います。

ここで動機ということが重要になると思います。欲望を満たしたい、他人より偉くなりたいなどの動機に基づいた夢は、たとえそれが一時的に叶えられたとしても、儚い夢となって再び消え去って行き、苦へと変わります。慈愛の心が動機にあれば、何か確実に前進するでしょう。そして過程ということも重要だと思います。結果を求めるのではなく、プロセスを生きるという意味です。結果は一瞬ですが、プロセスは続きます。また、夢に向かって努力するにしても、いまここの自分が原点ですから、いまここの平静な心はいずれにせよ必要だと言えるでしょう。

ちょっと視点を変えて過去の人物たちを振り返ってみましょう。天下を征服しようと野望に燃えた武将や王たちは、いくら領土を拡大し夢を叶えたとしてもそれで満足することはありませんでした。そして得た領土や権力についてもそれを維持することに必死になり、心が休まることなく死んで行きました。かたや夢や欲望を捨てた聖者たちは、心が平安で微笑みながら死んで行っています。

筆者なりの結論を書いてみます。夢を描くことは人により場合により有益な場合もあり、夢そのものを否定することまではできないが、それでもいまここの平安の境地の方が優るということです。あくまでも個人的な考察ですので、ヒントになれば幸いです。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

Comment

No title

夢を持つことの善悪は、その動機によって決まる。
その通りだと思います。

ダライ・ラマが「善悪の判断基準は、その動機が生きとし生けるもののためになることかどうかだ」というようなことを言っています。

そのお言葉に通じるものがあるなあ、と感じました。

自分のエゴで天下統一しようとしても、それは悪業であり、悪い結果になるということでしょうか。
もしかすると徳川家康はエゴではなく、天下太平を願って将軍になったので、江戸幕府は永く続いたのかも知れませんね。
なか早 |  2012年05月08日(火) 22:01 |   |  コメント編集

ご無沙汰してます

なか早さん

おはようございます、貴重なコメントありがとうございます。
最近とても忙しくて、ご無沙汰してます。
ミクシィもブログも全くやっていないので、
なんとかしなければと思っています。
しばらくしたら復活する予定ですので、よろしくお願いします。
CyberBaba |  2012年05月15日(火) 08:17 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/217-9964d06d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。