QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2012/01/29 (Sun) 21:30

八正道を心がけない場合のデメリット

前々回前回と八正道について書いてきましたが、それでもやっぱり八正道は単なる道徳だとか規則だとかうるさいルールだとかにしか思えない方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、八正道を心がけていないとどういうデメリットが発生するかについて、分かりやすい具体例を挙げてみます。例によって分かりやすく平たく書きます。

・正見 正しく見ること。
偏見・先入観などなしにあるがままを見ること。これを心がけていないと、例えば誰かに初めて会ったとして、その第一印象だけでその人を判断してしまったりします。たまたまそのときは何か悩みとかあって、暗い愚痴とかを言っていたとしても、普段はそういう人ではないかもしれないのに、こういう人だと決め付けてしまったりします。

・正思 正しく考えること。
感情や思い込みに振り回されず、論理を捻じ曲げたり飛躍させたりすることなく、論理的に考えること。これを心がけていないと、先ず結論ありきで、結論を導くために論理を捻じ曲げたり、自分を正当化するために理屈をこねるとかしてしまったりします。

・正語 正しい言葉。
嘘をつかないこと、人が傷つく言葉、不快になる言葉を言わないこと。これを心がけていないと、人から批判されたときについ嘘をついてしまったり、怒りにまかせて、または調子に乗って言わなくても良い、人を傷つける言葉を言ってしまったりします。

・正業 正しい行い。
他を害する行動をしない、益する行動をとる。これを心がけていないと、つい人の迷惑になるようなことをしてしまったりします。

・正命 正しい生活。
自分を害する行動をしない、益する行動をとる。これを心がけていないと、ついタバコを吸いすぎたり、甘いものを食べ過ぎてしまったり、暴飲暴食をしてしまったりします。

・正精進 正しい努力。
これを心がけていないと、休息ではなく怠けたり、努力ではなく無理をしたり、行き当たりばったりで意味なくもがくことになったりします。

・正念 正しい気づき。
注意力と言っても良いかも知れません。これを心がけていないと注意力散漫になったり、あるいは無理な集中をして疲れてしまったりします。

・正定 正しい心の安定。
これを心がけていないと、感情に振り回されるだけになってしまったりします。

上に挙げたのは分かりやすい一例に過ぎません。実際にはもっとたくさんのデメリットがあるでしょう。八正道が単なる道徳だとか規則だとかうるさいルールだとかではなく、実生活でも必要な心がけだとご理解いただけたと思います。

次回は、八正道をどのように実践したら良いのかという個人的な見解を書きます。

やさしい八正道入門まとめと目次

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/226-b8ca736d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。