QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2012/10/19 (Fri) 12:00

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート

Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

前回までインストール直後のアップデートの手順と注意点の解説行った。
今回は2回目以降のアップデートの手順と設定について解説する。概略は次の通り。
・Synaptic を使ったアップデートの手順
・apt-get を使ったアップデートの手順
・Synaptic または apt-get を使う場合の設定

以下2回目以降のアップデートの手順と設定について解説。

・Synaptic を使ったアップデートの手順
bodhi_update_61.jpg

Synapticパッケージマネージャを起動し、次の順にアイコンをクリックする。
つまり、アイコンを左から順にクリックしていけば良い。

Reload
Mark All Upgrades
Apply


Reload はリポジトリにあるパッケージ情報の再読読込。apt-get update と同じ。
Mark All Upgrades はアップデートのある全てのパッケージのアップデート指定。
Apply はアップデートの実行。

以上で終了。アップデートの途中で何か質問されてきたり、トラブルがあった場合の対処についてはBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)を参照していただきたい。
また Mark All Upgrades でアップデートするパッケージがない場合は Apply がアクティブにならないので、そのままSynaptic を終了して良い。

・apt-get を使ったアップデートの手順
ターミナルを起動し、以下の順にコマンドを入力する。

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade


以上で終了。アップデートの途中で何か質問されてきたり、トラブルがあった場合はやはりBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)が参考になるだろう。

なおパッケージのアップデートは、sudo apt-get dist-upgrade の他に、sudo apt-get upgrade があるが、少なくとも Bodhi Linux の場合は dist-upgrade の方が良い。upgrade だと取り残されるパッケージが発生する場合があり、Enlightenment が起動しなくなる場合がある。Synaptic では内部で dist-upgrade を使っているので取り残されるパッケージはない。upgrade と dist-upgrade の違いについての詳細は検索していただきたい。

場合によってはアップデート終了後、次のコマンドを入力しても良い。

sudo apt-get autoremove


autoremove は不要になったパッケージの自動削除である。不要になったパッケージがある場合は upgrade の最中に表示され、sudo apt-get autoremove を入力すると自動削除できると教えてくれる。やらなくても良いが、無駄なパッケージを置いておいても仕方ないし、ディスクスペースの解放になる。

さらに、好みによって以下のコマンドのどちらかを実行しても良い。

sudo apt-get autoclean
sudo apt-get clean


これらはダウンロードされたパッケージインストールファイル(パッケージ名.deb ファイル)の削除である。.deb ファイルは /var/cache/apt/archives/ にキャッシュされている。それらのファイルの削除である。autoclean と clean の違いは、autoclean はもうインストールされていないパッケージの .deb ファイルの削除、clean は全ての .deb ファイルの削除である。なお筆者のばあいはどちらも実行しない。理由は、旧いバージョンのパッケージが必要となったり、.deb ファイルの情報が必要となったりする場合があるためである。しかし一般にはそういうケースはほとんどないだろうから、削除してしまっても良い。

・Synaptic または apt-get を使う場合の設定
Synaptic または apt-get を使う場合の設定は通常デフォルトのままで良いが、変更したい場合の手順について。Synaptic を起動し、以下の順でリポジトリ情報を表示する。

Menu -> Settings -> Repositories


タブが5つあるので、左のタブから順に簡単に説明する。

bodhi_update_62.jpg
Ubuntu Software

Ubuntu のパッケージのリポジトリである。チェックボックス5つは基本的にデフォルトままで良いだろう。Download from: については、もし以前に何も設定を変えていないなら、最適なサーバに変更した方がダウンロードが速くなるので、最適なサーバに変更した方がよい。変更の方法はBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)を参照のこと。ここでの変更は /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_63.jpg
Other Software

Ubuntu 以外のパッケージのリポジトリである。Bodhi Linux のパッケージのリポジトリもここに含まれている。基本的にこのままで良いが、もし他のリポジトリを追加し、もうそのリポジトリのパッケージが不要になったらチェックを外すか、または削除した方が良い。ダウンロードが速くなる。ここでの変更も /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_64.jpg
Updates

アップデート通知(update-notifier)を使わない場合、関係するのは上の4つのチェックボックスのみである。下の4つのドロップダウンメニューはアップデート通知に関連なので、アップデート通知を使わない場合は関係ない。デフォルトのままでも良いが、4番目の Unsupported updates (precise-backports) のチェックは外したほうが良いかもしれない。詳しくはこちらを。
Ubuntu Weekly Recipe:第83回 アップデートの管理
ここでの変更も /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_65.jpg
Authentication

リポジトリの公開鍵の一覧である。鍵の追加や削除はここで行う。(コマンドから行なっても良いが)。通常あまりいじることはないだろう。


bodhi_update_66.jpg
Statistics

ソフトウェアのインストール情報の Ubuntu チームへの匿名での送信。パッケージの人気度の調査に使う。チェックしておけば Ubuntu パッケージの改善に協力することになる。チェックしてもしなくてもどちらでも良い。

以上で2回目以降のアップデートの手順の解説は終了。


Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/255-217c8971

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●-

管理人の承認後に表示されます
2012/10/27(土) 10:24:04 |

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。