QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2013/03/20 (Wed) 13:00

Easystroke 設定メモ

Easystroke は Linux で動作する、マウスジェスチャによってコマンドやキーショートカットなどを実行させることができるプログラムである。筆者はあまりマウスジェスチャは使わないのだが、Easystroke はマウスボタンをコマンドやキーショートカットに割り当てることができるので使っている。

やりたいことは以下。
・第8ボタン(左サイド手前)を Ctrl-C(コピー)に割り当てる
・第9ボタン(左サイド奥)を Ctrl-X(カット)に割り当てる
・第2ボタン(中央)を Ctrl-V(貼り付け)に割り当てる
・第2ボタンを押しながら下へマウスジェスチャを Ctrl-Z(元に戻す)に割り当てる
・第2ボタンを押しながら上へマウスジェスチャを Shift-Ctrl-Z(やり直す)に割り当てる

easystroke_setting.png

先ず設定タブを開き、機能を割り当てたいボタンを選択する。

・ジェスチャ・ボタン(G) ボタン 2
これは必ず1つは必要。デフォルトでボタン2なのでそのまま使う。ジェスチャのタイムアウトは「タイムアウトなし」にしておく。

・(インスタント)ボタン8、(インスタント)ボタン9
ボタン8とボタン9を追加する。インスタントというのは、ボタンを押した瞬間アクションが有効になるという意味。つまりジェスチャを割り当てず、ボタンを押しただけでアクションが起きる。

easystroke_action.png

次にアクションタブを開き、アクションを割り当てる。

・ジェスチャ1〜ジェスチャ3
ボタン2に「貼り付け」、ボタン8に「コピー」、ボタン9に「カット」 を割り当てる。こうすると Firefox のボタン8で「戻る」、ボタン9で「進む」が使えなくなるが、筆者の場合はマウスボタンで戻るや進むを使いたくないのでこれで良い。

・ジェスチャ4〜ジェスチャ5
ここは設定の肝。ボタン8とボタン9は同時に押してしまうことがある。ここを設定しないと、Firefox でブログなどを書いているときに問題が起きることがある。何か書いていてコピーやカットをしようとした時、間違ってボタン8とボタン9を同時に押してしまうと、前の画面に戻ってしまい、書いた内容の一部が失われることがある。これを防ぐために、同時に押した時の設定もしておく。

・ジェスチャ6〜ジェスチャ7
ボタン2のジェスチャに「元に戻す」と「やり直す」を割り当てる。

easystroke_advanced.png

最後に高度な設定のタブを開く。よく分からない項目ばかりだが、「ODSを表示」のチェックを外す。ボタンを2つ同時に押した時に「Ctrl」と表示された青い小さな画面が右上に出るので、それを消すためにチェックは外した。

以上で設定終了。

関連記事
Bodhi Linux 必須アプリケーションのインストール

コンピュータ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/263-b582a20f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。