QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/02/11 (Wed) 21:00

少子化は歓迎すべき

現在少子化が問題とされ、少子化対策の大臣まで任命されていますが、
少子化は根本的には歓迎すべきことです。

世界の人口は産業革命以降爆発的に増え、約7倍にまで増えています。
sustainability1-population.jpg

20世紀以降、爆発的に増加した世界人口
[UNFPA(国連人口基金)東京事務所:世界人口推移グラフ]


日本も例外ではなく、明治維新以後人口は約4倍まで増えています。
popuration_japan.jpg

明治維新までは鬼頭宏「人口から読む日本の歴史」(2000)
1920年、50年、75年、2000年は総務省「国勢調査」、2006年は総務省「推計人口」
2030年、2050年、2075年、2100年は国立社会保障・人口問題研究所
「日本の将来推計人口(2006年12月推計)」の出生中位(死亡中位)推計


それに伴い、エネルギーの消費量も産業革命以降爆発的に増えています。
sustainability1-energy.gif

急増する世界のエネルギー消費量
[HYDROPOLE:Data from Jean-Marie Martin-Amouroux, IEPE, Grenoble, France, private communication (2003) BP Statistical Review of World Energy 2004.]

注目すべきなのは、バイオマスエネルギーは横ばいですが、
石油をはじめとする化石燃料の消費量が産業革命以降急増していることです。
化石燃料は有限です。
従ってこのまま人口増加が続くと深刻なエネルギー不足となります。
化石燃料が不足する前に代替エネルギーを開発すれば良い、
と考える方もおられると思いますが、
現時点では様々な代替エネルギーを組み合わせて使ったとしても、
おそらく現在ほどのエネルギーを得ることは相当困難または不可能でしょう。
(可能だという以下のような試算もあるようなので、
 今後の研究に望みをかけたいと思いますが
 SAVE THE FUTURE (NHK) 1-4
http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/200901050000/
http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/200901070000/
http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/200901090000/
http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/200901100000/

それだけではなく、環境負荷や人口が増えることによる動物・植物などへの影響を考えると、
今以上に人口を増やすことはもちろん、今のままでも非常に危険だと考えられます。
人間により絶滅されられた種や、絶滅の危機に瀕している種は限りなくあります。
地球は人間だけの物ではありません。

従って人口は徐々に減らしていく必要があります。

理想的には、産業革命や明治維新あたりの人口、日本で言えば約3000万人程度、
地球全体で言えば10億人程度まで減らすことが必要だと考えられます。

従って、社会保障制度などの金銭的問題を除けば、少子化は歓迎すべきことなのです。
金銭的問題に関しては、それこそ技術革新により一人の単位時間当たりの生産性を向上させ、
また社会制度の抜本的改革をしてなんとかすればよいのです。
(社会制度の改革に関しては社会主義と資本主義をご参照ください)

目先の金銭問題に囚われて、地球全体の危機を見逃してはいけません。

参考URL
持続可能な文明 (1) 人口増加の抑制 - 連山
図録▽人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)

社会・科学  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  ↑Top

Comment

No title

少子化は悪い、悪い、そんな風潮だけが先立っていては問題だと思います。問題だから人口を増やそう。ではなく、なぜ少子化が問題だと思われているのか、その理由はなぜなのか、歴史的に見て、科学的に見て、地球規模の視点ではどうなのか、あらゆる視点から物事を見て、だから少子化はよくない。
世間にどうしてなのか詳しく伝える必要がありますね。もちろん本当にそうなのか、疑問に思うことも大切ですが。今のところ皆少子化どころではないのでしょうか。心のゆとりがなければ考えに及ばない気もします。
編集部.K |  2009年02月12日(木) 10:05 |   |  コメント編集

No title

編集部.Kさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。

ところで、URLが間違っているらしく、
編集部.Kさんのページを見ることができません。
ご確認の上、修正いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2009年02月13日(金) 00:50 |   |  コメント編集

No title

 子が、親を助けます。
 親が、子を育てます。
 人が増えると、にぎわいます。
 増え過ぎると、窮屈です。
ツヨシ |  2009年02月13日(金) 07:38 |   |  コメント編集

No title

国家にとって税金収入が減るのが問題なのでしょう。
もし本当に欲しければ、途上国などから移民を
受け入れればいい。
地球にとっては、劣化し、浪費、破壊の人間はもう不要ですね。
duality |  2009年02月13日(金) 23:09 |   |  コメント編集

No title

ツヨシさん
そうですね。
CyberBaba |  2009年02月14日(土) 00:50 |   |  コメント編集

No title

dualityさん

大きな声では言えませんが、
私は人間より動物とかの他の生命の方が大切に感じられます。
それは極端でも、少なくとも同等です。
人間だけが大きな顔をして地球を破壊するなら、
いなくなってもいいとも思います。

それはさておき、新聞でこんな記事を見ました。

最近若いを中心に、車に乗る人が減ってきて、
渋滞などが解消されてそれは良いことだが、
自動車産業、道路収入だけでなく、車を持たない人にも影響が出てきている。
たとえばマンションなどで、空き駐車場が増えて、
管理費や維持費にも影響が出ているケースもある。
車が減るのも困ったものだ。

あ~あと思いました。そういう考えしかできないのでしょうね。
CyberBaba |  2009年02月14日(土) 00:56 |   |  コメント編集

No title

URLが間違っていたようで大変失礼なことをして申し訳ありませんでした。
訂正して頂きどうもありがとうございます。
編集部.K |  2009年02月19日(木) 09:19 |   |  コメント編集

No title

編集部.Kさん

修正ありがとうございます。
これからもちょくちょく読ませていただきます。
CyberBaba |  2009年02月20日(金) 09:47 |   |  コメント編集

No title

世界的にみれば人口爆発で環境を破壊しているのはまちがいありませんが。こと、日本となると支える側の人間がへり、財政難にたっているのはまちがいないでしょう。

グローバルにみれば先進国の少子化は歓迎なのかもしれませんが、後進国の人口爆発も問題ですね。避妊とゆう選択肢は彼らにはないのでしょうか?貧困がおおきな鍵になってるようです。とにかく、このままでは人類は破滅をみます。
saori |  2009年02月28日(土) 09:28 |   |  コメント編集

No title

saoriさん、コメントありがとうございます。

日本の財政難は、少子化が続くとことを視野にいれて今から対策を立てるべきでしょう。

後進国の人口爆発はしばらくは続くでしょう。避妊という選択は人によるとは思いますが、あまり無いでしょうね。そういう国々では家族が増えることが喜ばれる文化があるからです。もちろん先進国でも家族が増えることを喜ぶ人も多いですが、どちらかというと個人主義の傾向が強く、必ずしも家族が子供が生まれることを喜ばないからです。また貧困も原因ではあるでしょう。労働力が欲しいからです。これは先進国からの搾取が根本原因で、我々も搾取の恩恵を受けているのです。
CyberBaba |  2009年02月28日(土) 21:19 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/31-73fc5e1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。