QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/03/04 (Wed) 21:00

魂はひとつ(ハヌマーンの言葉)

rama_hamuman.jpg


あるときラーマ王子(実はヴィシュヌ神のアヴァターラ)は、
猿神ハヌマーンにこう尋ねます。
「君は私を何と見るか?」
ハヌマーンはこう答えます。
「私が私自身を肉体であると考えるとき、
 あなたは主人であり、私は家来です。
 私が私自身を肉体に宿った個別の魂であると考えるとき、
 あなたは全体であり、私はあなたの部分です。
 しかし私が私自身を至高の魂であると理解すると、
 あなたと私はひとつです。」          (叙事詩ラーマーヤナより)

以前魂の不滅(クリシュナの言葉)で、
魂は不滅で無限で境界がなく個がないということを述べましたが、
ハヌマーンの言葉もまさに同じです。

ベトナムの僧侶ティク・ナット・ハンは、
空とは分かれていないことであり全体であると言っていますが、それとも同じです。

ここにヒンドゥー教と仏教の根本の一致を見ます。
またOSHO(ラジニーシ)クリシュナムルティの教えとも一致します。

しかし実際にそれを観ずることは簡単ではありません。
独り瞑想するだけではそれは困難でしょう。
まず自分と他人の区別をなくすことが必要です。
つまり慈悲の行為です。

ハヌマーンがこの境地に至ったのは、瞑想を行うと共に、
完全に我を捨ててラーマに尽くしたからです。
つまり我を捨てた慈悲の行為です。

瞑想と慈悲、どちらも必要であるという、
仏教とヒンドゥー教の教えの一致をここに見出せます。

ヒンドゥー  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  ↑Top

Comment

No title

こんにちは!毎日コメントして、うるさいですか~~??(冗談です。)

私、この話しも大好きです!
前にも読みましたが、毎回「ワンネスとは何か」とか、「スピリチュアルな変容とは何か」といったことを、
私に大変わかりやすく説明してくれています。

素晴らしい話しだと思います。
本当に毎回とても感動します。

ありがとうございます。
fur |  2010年02月06日(土) 11:18 |   |  コメント編集

うるさいです~

て冗談です(笑)
コメントつくとうれしいです!

この話いいですよね。
ラーマーヤナは桃太郎の話の原型とも言われていますが、もっと奥深いですね。
て私も全部通して読んだ訳ではありませんが ^^:

またコメントよろしくお願いします!
CyberBaba |  2010年02月06日(土) 12:36 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/40-169c671e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。