QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/03/07 (Sat) 21:00

VMware Tools vs. open-vm-tools

VMware Tools と open-vm-tools のどちらが導入しやすいかの比較。

最初に注意。VMware Tools も open-vm-tools もバージョンがいくつかある。
あるバージョンでは動くが、違うバージョンでは動かないということもよくあり、
必ずしも新しいバージョンが良いとは限らない。
またインストールの方法が異なる場合もある。
Web上の記事を参考にする場合は、必ずバージョンを確認すること。
また、ただインストールでエラーが出ないだけで、
機能が実現していないケースもよくあるので、
本当に機能が実現しているのかどうかを確認すること。


バージョンの話は後日にすることにして、どちらも本来使える機能は同じはずで、
導入、つまりインストールの手間もそれほど違わないなずだが、実際には大きな違いがある。
どちらもインストールすると、以下の機能が使えるようになる、はずである。

・ホストOS、ゲストOS間のシームレスなマウス移動
・ホストOS、ゲストOS間の文字のコピー、カット、ペースト
・ホストOS、ゲストOS間のファイル、フォルダのドラッグ&ドロップによるコピー
・マウスドラッグによるゲストOSの画面拡大(縮小は元からできる)
・ホストOSの共有フォルダをゲストOSで共有(HGFS)

しかし VMware Tools では筆者が試した6つの LinuxゲストOS中全てで、
上記全ての機能が実現したが、open-vm-tools ではまだ成功していない。

理由は以下による。

1.open-vm-tools は、依存モジュールが多すぎる。コンパイルを通すだけで大変である。
 VMware Tools は kernel-devel, gcc, make があればコンパイルができる。
 open-vm-tools は、依存モジュールが存在しない場合、
 configure に --without-x のようなオプションをつけるよう勧めてくるが、
 それではコンパイルに成功しても、必要なコマンド、モジュール(複数)が、
 単に作成されないだけである。

2.open-vm-tools は、インストール後の設定を自動的にやってくれない。
 VMware Tools は、基本的にはインストール時に設定も自動的にやってくれる。
 VMware Tools も open-vm-tools も、
 作成されるコマンド、モジュールはほとんど同じである。
 vmmemctl, vmhgfs, vmware-guestd, vmware-user が、
 デーモンとして実行されねばならないのだが、
 open-vm-tools は自動的に実行するように設定してくれない。
 VMware Tools はスクリプトの作成、ディレクトリの作成などを自動的にやってくれる。

つまり、面倒が多いので open-vm-tools は筆者はまだ動作確認していない。
従って VMware Tools に軍配が上がるのである。

VMware Tools のバージョンと筆者が試した Linux ゲスト OSの動作確認状況については、
後日 VMware Tools 動作確認一覧表で記述の予定。

関連記事
Fedora 10 に VMware Tools をインストール
Vine Linux 4.2 に VMware Tools をインストール
VMware Tools 動作確認一覧表
VMware HGFS mount 設定

コンピュータ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/41-9def4446

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。