QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/03/14 (Sat) 21:00

VMware HGFS mount 設定

VMware のホストOS(Windows)の共有フォルダをゲストOS(Linux)に
HGFS mount する際、通常マウントポイントは /mnt/hgfs である。
これは変えられないものと思っていたが、実は変更することができる。

HGFSマウントの情報はホストOSの .vmx ファイル(VMware設定ファイル)と、
ゲストOSの /etc/fstab に記載されている。

sharedFolder0.hostPath = "C:\share" ←.vmxファイルでのホストOSのパス設定
sharedFolder0.guestName = "share" ←.vmxファイルでのゲストOSのパス設定
.host:/ /mnt/hgfs vmhgfs defaults,ttl=5 0 0 ←/etc/fstab


これらの組み合わせを変えてやることで好きなところにマウントできる。
上記の例ではゲストOSの /mnt/hgfs/share がホストOSの C:\share と一致する。

また mount コマンドを使って手動での HGFS マウントも可能。

mount -t vmhgfs .host:/ /share
mount -t vmhgfs .host:/share /share


組み合わせは何通りもあり意外と複雑なので、
どのようにマウントされるのかは各々試していただきたい。

参考例
ホストOS .vmx ファイル(VMware設定ファイル)の共有フォルダ記述例

##### Shared Folders #####
sharedFolder0.enabled = "TRUE"
sharedFolder0.present = "TRUE"
sharedFolder0.writeAccess = "TRUE"
sharedFolder0.readAccess = "TRUE"
sharedFolder0.hostPath = "C:\share"
sharedFolder0.guestName = "share"
sharedFolder0.eXpiration = "never"
sharedFolder.maxNum = "1"


ゲストOS /etc/fstab 記述例

.host:/ /mnt/hgfs vmhgfs defaults,ttl=5 0 0


参考URL
http://open-vm-tools.wiki.sourceforge.net/Packaging
関連記事
Fedora 10 に VMware Tools をインストール
Vine Linux 4.2 に VMware Tools をインストール
VMware Tools vs. open-vm-tools
VMware Tools 動作確認一覧表

コンピュータ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/43-cbe03f70

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。