QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/04/01 (Wed) 21:00

諸行無常は間違い?

諸行無常とは初期仏典であるダンマパダ(法句経、ブッダの真理のことば)で
初めて登場する言葉で、一切皆苦、諸法無我とともに、
特に上座部仏教では教えの根本とされる言葉です。

通常はすべての物事、現象は無常である、常に変化すると解釈されています。

原文のダンマパダ277には以下のように書かれています。
sabbe savkhara anicca ti yada pabbaya passati
atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiya
http://ccbs.ntu.edu.tw/BDLM/lesson/pali/reading/gatha277.htm

日本語では通常以下のように訳されています。
「一切の形成されたものは無常である(諸行無常)と明らかな知慧をもって観るときに、
 ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。」
http://seijyaku.fc2web.com/hou.htm

しかし諸行無常の部分、
sabbe(全ての) savkhara(サンカーラは) anicca(無常である) の
savkhara(サンカーラ)に注目すると、一切の物事が無常というのは、
誤った解釈ではないかと考えられます。

以前カルマの法則で書いたようにサンカーラというのは、
潜在意識の残存印象、経験の蓄積によって条件付けられたすべてのパターンの保管場所で、
いわゆるエゴに当たるものであり、用語として熟しています。

ブッダがここでわざわざサンカーラをいう用語を使ったということは、
十分この単語の意味を理解して使っているはずなので、
本来は以下の意味で使っていたのだと考えられます。

「潜在意識の残存印象、経験の蓄積によって条件付けられた全てのパターン、
 すなわち全ての記憶やパターンやエゴというものは無常である。
 このことを明らかな智恵をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。
 これこそ人が清らかになる道である。」

これならば意味は明快です。

「サンカーラ、つまり全ての記憶やパターンやエゴというのは無常であり、
 それに縛られる必要がないと理解すれば、
 苦しみから遠ざかり離れることができる。
 これこそ人が清らかになる道である。」

すべての物事、現象は無常であるというのも真理ではありますが、
だから何故それを理解すれば苦しみから離れることができるのか?
と聞かれると説明に困るので、おそらく本来のブッダの意図とは異なるでしょう。

そしてこの理解はヒンドゥー教のカルマヨーガによるサンカーラの浄化にくらべ、
サンカーラの本質を直接理解することにより全てのカルマからの解脱を説いているので、
より深い教えだと考えられます。(カルマヨーガの方が実践的で分かりやすいですが)


シリーズ記事
諸行無常は間違い?
一切皆苦は間違い?
諸法無我は間違い?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

Comment

No title

Yes!

ああ、その解釈の方が全く合ってると思います。
感動。
Mangala |  2009年04月01日(水) 23:53 |   |  コメント編集

No title

Mangalaさん、コメントありがとう!

理論では解るし、実感でも多少は分かりますが、
まだサンカーラに支配されている「自分」が見え隠れいています。
まだまだ修行が必要だと思っています。
やっぱり「ニュー・アース」を読み直すのが近道かな?
http://cyberbaba.blog57.fc2.com/blog-entry-16.html
CyberBaba |  2009年04月02日(木) 00:06 |   |  コメント編集

No title

おはようございます。

これは、単なる私なりのお意見で文献上云々のことではありません。従って、間違えに相当する事実がわかり次第変更するつもりです。


このように考えられないでしょうか。
つまり理論と実践。


ちなみにナーマとルーパの生滅、つまりは無常性を体得するのは、観察瞑想において重要であることはご存知かと思われます。


しかし、ナーマとルーパの無常を明らかな智恵でもって云々を、一般化して真理とするのはどうでしょう。


ナーマとルーパならざるものは常住である。をある意味肯定できます。例えば神がそうかもしれません。


ブッダの時代は数多くの論者がいて、かなりの実体論者がいたと言われてます。また彼らは非常に論理には長けていたようです。

論理だけで語る場合、意味をなるべく広くたほうが、例えば無常を語る場合有利かと思います。


さて、その意味でとればサンカーラの意味も明らかかと思います。


記事の意味ですと論破されてしまうと思います。


さらに、サンカーラ(現象)ならざるものは、無常とは限らない。という理屈も可能かと思います。少なくとも頭脳明晰な論者ならブッダの論点を突けただろうと。


その意味で、一切ダンマは無我である。は有効かと思います。


この否定、ダンマならざるものは無我と言えない。は言えないでしょう。肝心のダンマを自ら否定しているので、自己矛盾だからです。


つまり、そこまでしてブッダは実体論を否定されない工夫をしたのではないか。というのが私の見解です。


しかし、実践では自分という実体はないことが優先されると思います。あくまで、ブッダの教えに従う場合ですが(笑)。
しんちゃん |  2010年05月25日(火) 10:24 |   |  コメント編集

ありがとうございます

しんちゃんさん

コメントありがとうございます。

諸行無常にしても諸法無我にしても通常の解釈はそれはそれで正しいとは思っています。ここで言っているのはそのことの否定ではなく、ダンマパダを素直に読んだらどう解釈されるかについてです。

諸行無常と一切皆苦では主語はサンカーラ、諸法無我では主語はダンマだというのがここでの主張です。サンカーラならざるものは無常だとも永遠だとも言っていないし、ダンマならざるものが無我だとも有我だとも言っていません。また文献には詳しくありませんが、サンカーラやダンマを現象や事物とする解釈は、ダンマパダのこの部分以外では見られないようで、この部分だけサンカーラやダンマを通常の意味以外に使うのは無理があると考えられます。

広く意味をとれば確かに議論には有利かもしれませんが、修行者の実用的価値は下がる場合があります。意味が漠然としてしまうからです。私も元々は一般的な解釈である意味を広く取る方しか知らなかったのですが、ダンマパダのこの部分について原文を読んでみて釈然としました。サンカーラつまりカルマの元が無常であり苦である、ダンマはそれ自体で成立し永遠なるものではない。目から鱗が落ちる思いで、それまでの囚われから解放されました。そして明らかに苦が無くなる方向に進んで行ったのです。

ちなみにナーマルーパについてですが、その消滅を見たという方の書いたもの(指導書)を読んだことがあります。それによると、ナーマルーパの消滅を見ている自分があるそうです。となると、それが我であって無我ではないではないかと突っ込みたいのですが、まだその機会は訪れていませんし、また機会があっても訊かないと思います。自分で体験するまで、この部分については黙っていようと思っています。

またよろしくお願いいたします。
CyberBaba |  2010年05月25日(火) 11:14 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/48-910770e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。