QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/04/29 (Wed) 21:00

70%の愛

あなたは、人に親切をしたり、ボランティア活動したり、お布施や寄付をしたりするとき、
本当に愛情をもって、慈悲の心をもって、相手のためを思ってしているでしょうか?
それとも何か見返り、何かお返しがもらえるとか、徳が上がるとか、感謝されたいとか、
自己満足のためとかにやっているのでしょうか?

即答できた方はたぶん何か間違った思い込みをしています。
なぜなら人間の動機は通常一つではないからです。
いくつかの動機が重なって何か行動を起こすのです。
よく自分の心を観察してみましょう。
そして相手のためと自分のための割合を計算してみましょう。

もしかしたら100%相手のためにやったことがある場合もあるかもしれません。
例えば野良猫に餌をやったとか、小さなことかもしれません。
しかし通常はいくつかの動機が合わさっていることに気づくでしょう。

筆者は70%の愛で良いと思います。
常に100%相手のためだけに生きていけるとしたら、あなたはもう悟っています。
また相手のためとは、相手が喜ぶことだけとは限りません。
憎まれ役になっても、言ってやらなければいけないこともあります。
いつも自分の複数の動機を観察し、愛・慈悲のパーセンテージを上げていきましょう。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

Comment

98%の悟りで良い

僕は最近こんな事を言っています

98パーセント理解すれば良いです

2パーセント残しておくと何故か?良いこと有ります

100%でもいいのですけどね

理解できない部分は絶対的にあります

肉体と言う限界を持っていますのでね

バカの壁

男と女とかね

いろいろ壁があります

ミクロとマクロとか

宇宙の果てまで行ければいいですけど膨張宇宙は絶対的に追いつかない
青野信 |  2009年05月02日(土) 07:21 |   |  コメント編集

なるほど

青野信さん

なるほど、一理ありますね。
ありがとうございます。
CyberBaba |  2009年05月02日(土) 20:08 |   |  コメント編集

No title

少しピントがずれますが。
「理解とは誤解の一種にすぎない」と諭され、すごく楽になったことがあります。
とても面白い話をしてくれる人がいたのですが、「いつも自慢話!」と決めつける人がいて、一理あるので、自分は自慢話にならないようになんて愚かなことを考えました。
楽しむ人もいるのです。そんな自己規制やめようと思います。
arthur |  2010年04月29日(木) 21:38 |   |  コメント編集

Re: 理解とは誤解の一種にすぎない

「理解とは誤解の一種にすぎない」とは面白いですね(笑)
そういう場合も多々あるでしょうが、
それはやっぱり誤解というものではないかと思います。
でも楽になったのなら良い方便だったということでしょうね。
ありがとうございます。
CyberBaba |  2010年04月30日(金) 20:57 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/56-70354f59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。