QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/08/01 (Sat) 21:00

ヴィパッサナーの選び方(中級篇)

ヴィパッサナーの選び方の中級篇です。
ここでは、中級者とは、
だいたい30分から1時間くらい安定して坐れる人を指すことにします。
ただしあくまでも便宜上の分け方ですのであまりこだわらないようにお願いします。

このレベルの人は、自分に合った瞑想を探すようにするべきです。
従って、パオ式マハシ式ゴエンカ式オショウ式
また番外編としてティク・ナット・ハン式全てを体験することをお勧めします。
この中から自分に合った方法を続けるのが良いでしょう。

大切なのは続けられる方法を選ぶことです。
そのためにはメソッドだけでなく、
指導者との相性や周りの人たちの雰囲気も重要になってきます。

避けるべき態度は、自分が選んだ方法だけが優れていると思い込むことです。
自分には合っているかもしれませんが、他の人には向いていないかもしれません。
自分が選んだ方法が一番だと思うのは誰にでもあることですが、
これはエゴに他なりません。

これを避けるためにも全てを自分で体験することが重要です。
全部が無理な場合でもせめて2,3種類くらいは体験してみましょう。
ただし、一度にあっちこっちに手を出すのは勧められません。
一つの方法をある程度マスターしてから次の方法へ移りましょう。

シリーズ記事
ヴィパッサナーの選び方(初級篇)
ヴィパッサナーの選び方(中級篇)
ヴィパッサナーの選び方(上級篇)

参考記事
ヴィパッサナーの種類
パオ式ヴィパッサナーの特徴
マハシ式ヴィパッサナーの特徴
ゴエンカ式ヴィパッサナーの特徴
オショウ式ヴィパッサナーの特徴
ティク・ナット・ハン式瞑想の特徴

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/82-553c482d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。