QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/08/22 (Sat) 21:00

閑さや 岩にしみ入 蝉の声

セミ


松尾芭蕉が山形県立石寺で詠んだ句である。
蝉の声が静かだとは、なんのことだか長年意味が理解できなかった。
筆者がこの句を得心したのは二十代後半のことだった。

夕暮れちかく、ある神社の参道を一人で歩いていた。
広く長い参道だった。
とても静かだ、そう思った時気づいた。
蝉がたくさん鳴いている。
カナカナカナカナ カナカナカナカナ
参道の木々にしみ入るような声だった。
ああこのことか、と芭蕉の句を思い出し得心した。


閑さや 岩にしみ入 蝉の声


芭蕉の聞いた蝉の種類はニイニイゼミだという説が主流のようだが、
アブラゼミ説や、ミンミンゼミの声を聞いて得心した人もいる。
筆者にとってはヒグラシの声が一番納得がいくが、
何百年も昔と今では気候や蝉の分布は違うだろうから、
何蝉かは今となっては断定できないし、本当は何蝉でも良いと思う。
夏の夕方の雰囲気さえ味わうことができれば・・・


奥の細道 Amazon検索



参考URL
奥の細道原文
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/okunohosomichi/okuno23.htm
蝉の種類についての議論
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/okunohosomichi/okuno23.htm#ku
ミンミンゼミの声を聞いて得心した人のブログ
http://blog.livedoor.jp/pollock324/archives/50826054.html

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/88-8b707e4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。