QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/09/09 (Wed) 21:00

正念と正定

今回は八正道の正念と正定についてです。
八正道の正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の中で、
最も理解が難しい部分でしょう。

正念と正定は対で考えるのが理解しやすいです。
(あくまでも論理的に理解しやすいという意味で、
 境地を理解するという意味ではありませんが)

正念と正定はどちらも瞑想を指しています。

正念とはパーリ語で samma sati です。
正定とはパーリ語で samma samadhi です。

samma とは正しいという意味です。
sati というのは気づき、つまり観察です。
samadhi というのは三昧、つまり禅定です。

従って正念とは正しい観の瞑想、ヴィパッサナー瞑想を指し、
正定とは正しい止の瞑想、サマーディ瞑想(サマタ瞑想)を指します。

つまりヴィパッサナー瞑想、サマタ瞑想両方を正しく修行しなさいとなります。

参考記事
瞑想学基礎

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/93-99edd73a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。