QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/09/30 (Wed) 21:00

瞑想の危険性

瞑想とは心を安定させ、己を観察することですから、本来危険はありません。
にもかかわらず、場合によっては危険があります。

一つには、妄想にとらわれる場合があります。
これは瞑想のやり方が間違っている場合に起こります。
瞑想に何か目的と結果を求めるのがその原因です。
特に何か通常では見えないヴィジョンや超能力などを求めると、妄想に陥ります。
ただひたすら心を安定させ己を観察して何も結果を求めないようにすれば、
この危険性は防げます。

もう一つには、高慢になりエゴが増長される場合があります。
自分は何か立派なことをしている、他人とは違うんだと思い込み、
高慢になる場合があります。
これは正しい瞑想をしていても、その過程で誰もが陥りやすい罠です。
これを防ぐには日常生活でも自分をよく観察することです。
他人をやたらに批判したくなる心が生じるのでよく観察していればすぐに判ります。
こういう心が生じたら、人と接すること、つまり慈悲の実践をすると良いでしょう。

この二つに注意すれば瞑想は危険ではありません。
心を安定させ、己の本質を洞察する、これが瞑想ですから、
瞑想は特殊なことではなく、誰にでも必要なことだと言えます。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

Comment

禅の世界では「禅病」や「偏差」と言われる自律神経失調症のような病があると聞きます。
「頭に気が登って降りてこない状態」らしいのですが、
これらは禅(も瞑想?)に没頭するあまりの、ストレスからくるものなのでしょうか?
また、ヨーガの世界でも、クンダリニーやチャクラの開発などで良く似た副作用が起こることがあると聞きます。
何か気功の世界も混じって、ご専門とされる分野から少々ずれている感もありますが、
何かご存知でしたら
ぽっち |  2009年10月01日(木) 22:22 |   |  コメント編集

閉じこもり

ぽっちさん

コメントありがとうございます。

閉じこもりと言うのもありがちがちだと思います。
私のヨーガの先生は、クンダリニーヨーガはやるなと言っていました。
他に安全な方法があるのに、わざわざ危険な方法を選ぶ必要はないと。
気功でもほどほどに通常にやっていればそれで良いのですが、
得てして超能力的なものを求めてしまうケースが多々あります。
そのあたりをよく理解してやる分には問題ないと思います。
ストレスからくるといいうより、なにか特殊なものを求める気持ちが、
危険を招くと解釈されます。
CyberBaba |  2009年10月02日(金) 21:57 |   |  コメント編集

ありがとうございます

ご返答ありがとうございます。

自分も、気づかないうちに横道にそれないよう、重々気をつけたいと思います。
以前、気功等を行う人に「何かおかしいな」と感じたことがあります。
挙動不審だったり、急に大声を出したり、「神がみえた」とか言い出したり…、
瞑想を行う人が徐々に増えつつあるようですが、
誤った解釈が広まらないように願うばかりです。
ぽっち |  2009年10月03日(土) 19:51 |   |  コメント編集

どういたしまして

ぽっちさん、こちらこそありがとうございます。

おっしゃるとおり誤った解釈が広まらないように願っております。

今日は「瞑想と食事の会」の瞑想会と食事会に行きましたが、
瞑想を始めたばかりの方が瞑想中に体が自然に動くと相談を受けました。
気功などでもよくある現象です。
誤った解釈をしそうになっていたので、未然に防げてよかったです。
CyberBaba |  2009年10月03日(土) 23:38 |   |  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cyberbaba.blog57.fc2.com/tb.php/97-b958da7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。