QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2009/04/08 (Wed) 21:00

諸法無我は間違い?

前々回、前回の諸行無常は間違い?一切皆苦は間違い?で、
諸行無常と一切皆苦の解釈は、おそらく本来のブッダの意図とは違うと解説しましたが、
今回はシリーズ最終回の諸法無我についてです。

諸法無我は通常、人間としての我は存在しないと解釈されていますが、
この解釈は主語である諸法の部分を完全に無視しています。

我というのは存在しないというのは究極的には正しいと、
クリシュナムルティもオショー(ラジニーシ)も言っていますが、
この文脈ではそこまでは言っていません。

原文にあたってみましょう。(ダンマパダ279)
sabbe dhamma anatta ti yada pabbaya passati
atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiya
http://ccbs.ntu.edu.tw/BDLM/lesson/pali/reading/gatha279.htm

日本語ではこういう訳もあります。
「一切の事物は我ならざるものである(諸法非我)と明らかな知慧をもって観るときに、
 ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。」
http://seijyaku.fc2web.com/hou.htm

これならまだ分かりますがこの訳でも、人間としての我が存在しない、
とまでは言っていません。

諸法無我の部分に注目してみましょう。
sabbe(全ての) dhamma(法は) anatta(魂、自己がない)

dhamma とは宗教・教え・法則の意味で、事物という意味ではありません。
anatta とは attan(魂、自己)の否定語で、それ自体単独で存在しないという意味です。

つまりここでの諸法無我は、以下のように解釈されます。
「全てのダンマ(法・宗教・教え・法則・教義・ドグマ)というものは、
 それ自体単独で存在してはおらず、真理そのものではない。
 (つまり方便であり月を指す指であり月そのものではない。)
 このことを明らかな智恵をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。
 これこそ人が清らかになる道である。」

こう解釈するのがここでは正しいと考えられます。
仏教用語で言えば、般若心経の諸法空相の方がより近い訳でしょう。

振り返ってみると、諸行無常、一切皆苦、諸法無我に縛られて、
そのために苦しんでいる人がいかに多いかが分かります。
今までのシリーズを読んで、正しい解釈を知った瞬間に苦しみを離れた人も多いと思います。
以上でこのシリーズを終了します。


シリーズ記事
諸行無常は間違い?
一切皆苦は間違い?
諸法無我は間違い?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(15)  |  ↑Top

2009/04/15 (Wed) 21:00

呼吸を観る瞑想(アーナパーナ・サティ)

以前呼吸を観る瞑想(瞑想の基本)で、呼吸を観る瞑想は基本的かつ安全な瞑想であると解説しましたが、呼吸を観る瞑想は奥が深い瞑想でもあります。今回はアーナパーナサティ・スッタ(安那般那念経)より中心部分を引用します。ただ呼吸を観るだけでなく、体も心も総てを観察することが分かります。

呼吸による気づきの教え(アーナパーナサティ・スッタ 289)

修行者は森に行き、樹下に行き、あるいは空家に行って、足を組んで坐り、身体をまっすぐに保って、対象に満遍なく気づきを向け、気をつけて息を吸い、気をつけて息を吐く。

最初の四考察(身体に関する組)
1.長く息を吸ったときは、私は長く息を吸ったと余すところなく自覚し、
 長く息を吐いたとき、私は長く息を吐いたと余すところなく自覚する。
2.短く息を吸ったときは、私は短く息を吸ったと余すところなく自覚し、
 短く息を吐いたとき、私は短く息を吐いたと余すところなく自覚する。
3.息を吸って、すべての体を知ることを課題とする。
 息を吐いて、すべての体を知ることを課題とする。
4.息を吸って、体の変調を静めることを課題とする。
 息を吐いて、体の変調を静めることを課題とする。

第二の四考察(感受に関する組)
5.息を吸って、喜悦を感受することを課題とする。
 息を吐いて、喜悦を感受することを課題とする。
6.息を吸って、幸福を感受することを課題とする。
 息を吐いて、幸福を感受することを課題とする。
7.息を吸って、心の変調を感受することを課題とする。
 息を吐いて、心の変調を感受することを課題とする。
8.息を吸って、心の変調を静めることを課題とする。
 息を吐いて、心の変調を静めることを課題とする。

第三の四考察(心に関する組)
9.息を吸って、心を感受することを課題とする。
 息を吐いて、心を感受することを課題とする。
10.息を吸って、心を歓喜で満たすことを課題とする。
  息を吐いて、心を歓喜で満たすことを課題とする。
11.息を吸って、心を安定させることを課題とする。
  息を吐いて、心を安定させることを課題とする。
12.息を吸って、心を解放することを課題とする。
  息を吐いて、心を解放することを課題とする。

第四の四考察(法則性に関する組)
13.息を吸って、常に無常を見ることを課題とする。
  息を吐いて、常に無常を見ることを課題とする。
14.息を吸って、常に色あせてゆくのを見ることを課題とする。
  息を吐いて、常に色あせてゆくのを見ることを課題とする。
15.息を吸って、常に消滅を見ることを課題とする。
  息を吐いて、常に消滅を見ることを課題とする。
16.息を吸って、常に手放すことを見ることを課題とする。
  息を吐いて、常に手放すことを見ることを課題とする。


このようにアーナパーナ・サティは、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の、
両方の要素を兼ね備えていることが分かります。
是非呼吸を観る瞑想、アーナパーナ瞑想をお勧めします。

関連記事
瞑想学基礎
ヴィパッサナーで観るもの
呼吸を観る瞑想(瞑想の基本)

シリーズ記事
呼吸を観る瞑想(瞑想の基本)
呼吸を観る瞑想(アーナパーナ・サティ)
呼吸を観る瞑想(注意点)

参考URL
http://hikumano.umin.ac.jp/anapanasati.doc
http://72.14.235.132/search?q=cache:7er3pxKvm0QJ:hikumano.umin.ac.jp/anapanasati.doc+%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41363322&comm_id=3876435

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

2009/04/22 (Wed) 21:00

呼吸を観る瞑想(注意点)

呼吸を観る瞑想の注意点です。瞑想一般の注意点も含まれています。

1.基本的やり方
 呼吸を観る瞑想(アーナパーナ・サティ)の1番と2番をやることから始めます。
 この2つだけで他の瞑想に移る方法や、ひたすら1番と2番だけをやる方法もあるので、
 先ず以下の2つから始めてください。

1.長く息を吸ったときは、私は長く息を吸ったと余すところなく自覚し、
 長く息を吐いたとき、私は長く息を吐いたと余すところなく自覚する。
2.短く息を吸ったときは、私は短く息を吸ったと余すところなく自覚し、
 短く息を吐いたとき、私は短く息を吐いたと余すところなく自覚する。


2.あるがままを観察すること
 呼吸はコントロールせず、あるがままを観察します。
 コントロールしないことは結構難しいです。
 呼吸に意識を向けただけで呼吸は変わってしまいます。
 筆者の場合はよく息を詰める癖があるのですが、
 これを観察できるようになるにはかなり時間がかかりました。
 ただし多少変わるくらいはそれでも良いです。

3.呼吸自体を楽しむこと
 瞑想を何か目的を達成する手段にはしないようにしましょう。
 呼吸自体を楽しみ、呼吸と静寂を味わいましょう。

4.思考(雑念・妄想)が現れた場合の対処方法1
 思考が現れた場合は、そのまま受け流します。
 追いかけたり拒絶したりしてはいけません。
 また良いとか悪いとか判断してはいけません。
 空に浮かぶ雲を眺めるように思考を眺めます。
 雲と雲の切れ目、つまり思考の切れ目に青い空が見えます。

5.思考(雑念・妄想)が現れた場合の対処方法2
 思考が現れた場合は、意識を呼吸に引き戻します。
 思考を無理に押さえ込んではいけません。
 凧の糸を引っ張るようにぐいっと呼吸に意識をもどします。

シリーズ記事
呼吸を観る瞑想(瞑想の基本)
呼吸を観る瞑想(アーナパーナ・サティ)
呼吸を観る瞑想(注意点)

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

2009/04/25 (Sat) 21:00

悟りとは何か?

今回は悟りとは何かという言葉の定義についてです。
悟りは言葉では表せないというのは真実であり、
定義とか嫌う人もいると思いますが、
その境地は言葉では表現できませんが、
意味自体ははっきりとしていて漠然としたものではありません。

悟りとは2つの意味で使われます。

・何か物事の本質に気づき、実感として解ること、理解すること(小悟)
・自分の本質を洞察して理解し、全ての苦しみから離れること(大悟、覚り)

小悟は普通の人でもいくらでもあります。言葉の使用例を挙げてみます。

・物事の道理を悟った
・相手の心の本音を悟った
・人の気配を悟った
・死期を悟った
・このやり方ではダメだと(あるいはこれでよいと)悟った

全て気づいて実感として理解したということを意味しています。

大悟、覚りとは、こういう悟りの内で最大のもので、自分の本質を悟ることです。
筆者は大悟していませんが、大悟したと思われる人たちの言葉によると、
自分(エゴ)というものは本質的には存在しないと解るそうです。
そうするとどうなるかというと、一切の苦しみから離れることができるのです。
なぜ苦しみがなくなるかというと、苦しむ自分がないからです。
そして自他の区別がなくなるので慈悲深くなるのです。
それが本当の智恵でもあります。

大悟するためには、つまり本質的には自己は存在しないと理解するには、
徹底した自己観察が必要だとされ、それが瞑想(ヴィパッサナー瞑想)です。

このことは般若心経にも書いてあります。
詳しくは般若心経シリーズをお読みください。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  ↑Top

2009/04/29 (Wed) 21:00

70%の愛

あなたは、人に親切をしたり、ボランティア活動したり、お布施や寄付をしたりするとき、
本当に愛情をもって、慈悲の心をもって、相手のためを思ってしているでしょうか?
それとも何か見返り、何かお返しがもらえるとか、徳が上がるとか、感謝されたいとか、
自己満足のためとかにやっているのでしょうか?

即答できた方はたぶん何か間違った思い込みをしています。
なぜなら人間の動機は通常一つではないからです。
いくつかの動機が重なって何か行動を起こすのです。
よく自分の心を観察してみましょう。
そして相手のためと自分のための割合を計算してみましょう。

もしかしたら100%相手のためにやったことがある場合もあるかもしれません。
例えば野良猫に餌をやったとか、小さなことかもしれません。
しかし通常はいくつかの動機が合わさっていることに気づくでしょう。

筆者は70%の愛で良いと思います。
常に100%相手のためだけに生きていけるとしたら、あなたはもう悟っています。
また相手のためとは、相手が喜ぶことだけとは限りません。
憎まれ役になっても、言ってやらなければいけないこともあります。
いつも自分の複数の動機を観察し、愛・慈悲のパーセンテージを上げていきましょう。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  ↑Top

2009/05/02 (Sat) 21:00

自由意志は存在するのか?

自由意志は存在するのか、それとも全ては運命で決まっているのか、
たぶん誰もが一度は考えたことがあると思います。

筆者の観察によると、自由意志は存在します。
以下の方法で確認してみました。

瞑想するか、シャヴァアーサナをやって、ゆっくり目を開けます。
そして瞬間に眼だけを右か左に動かすのです。
右か左に決めたら、即座にその方向に動かします。
そこに過去からの因果関係があるかどうかを観察します。

何度もやってみましたが、驚くべきことに、
過去からの因果関係を見出すことは全くできませんでした。

筆者の結論では、ある限定された範囲では生命は全く自由です。
この場合は眼をどの方向にも好きなように動かすことができます。
行動はもちろん限定はされています。
例えば目の後ろを見ることはできません。
しかし意思自体は全く自由です。

みなさんも是非実験してみてください。

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  ↑Top

2009/05/06 (Wed) 21:00

サマーディについての誤解

今回はサマーディ(三昧、禅定)とは何かについてです。
サマーディはサマタ瞑想(精神統一をし、心を安定させる瞑想)の最高の境地で、
思考も感情も全くまたはほとんど無く、意識だけがある状態で平安な境地です。
いわゆる無心とも言える状態です。

ここでサマーディに関する誤解を挙げてみます。

1.サマーディ=覚り(大悟)である
 サマーディ=覚り(大悟)ではありません。
 高い境地ではありますが、サマーディから出ればまた世俗の苦しみが待っています。
 従ってサマーディは覚り(大悟)ではありません。

2.サマーディは恍惚である
 サマーディでは思考も感情もありません。
 従って恍惚という感情もありません。
 平安で平静な境地です。

3.無心であればサマーディである
 無心というのが、実はバヴァンガ(有分心)という眠りの一種の場合があります。
 眠りはサマーディではありません。
 サマーディでは意識はあります。

シリーズ記事
サマーディについての誤解
サマーディの達成の判定方法(五自在)
サマーディで残る心(五禅支)
サマーディは覚りに必須か?

関連記事
瞑想学基礎
悟りとは何か?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2009/05/09 (Sat) 21:00

サマーディの達成の判定方法(五自在)

サマーディ(三昧、禅定)とは思考も感情もほとんど、または全く無い状態ですが、
サマーディ状態に自在に達することができるようにならなければ、
サマーディを達成したとはみなされません。

何が自在にできるかというと以下の5つが自在にできるということです。

五自在
1.引転自在-サマーディから出た後で、
 サマーディ中にまだ残っている思考・感情を判別・確認する能力
2.入定自在-サマーディに入りたいと思うとき、いつでも出来る能力
3.在定自在-自分の決めた時間にサマーディに留まることが出来る能力
4.出定自在-自分の決めた時間がきたらサマーディから出る能力
5.省察自在-サマーディ中にまだ残っている思考・感情を判別・確認できる能力


つまり、自分が決めた時間、いつでも自在にサマーディに入り出ることができ、
またその間の境地を確認できたときにサマーディを達成したとみなされます。
たまたまサマーディに達しただけではサマーディを達成したとはみなされません。

自分の決めた時間というのは、たまに誤解されるように、
何日でもぶっ続けというわけではありません。
2、3時間の範囲内で自分の決めた時間で、
誤差5分程度でサマーディに入れることができればOKです。

サマーディ中にまだ残っている5つの思考・感情(五禅支)が何かについては、
次回解説します。

シリーズ記事
サマーディについての誤解
サマーディの達成の判定方法(五自在)
サマーディで残る心(五禅支)
サマーディは覚りに必須か?

関連記事
瞑想学基礎
悟りとは何か?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2009/05/13 (Wed) 21:00

サマーディで残る心(五禅支)

サマーディ(三昧、禅定)とは思考も感情もほとんど、または全く無い状態ですが、
サマーディに達しても、五禅支と呼ばれる5つの心が残っています。

五禅支
尋(じん、vitakka)-意識を対象に向ける心。意志。
伺(し、vicaara)-対象に向けた意識を維持する心。意志。
喜(き、piti)-喜びの心。感情。
楽(らく、sukha)-楽な感覚又は楽しさ。感情、気分。
一境性(いっきょうせい、ekaggata)-対象に気づいている心。意識。


これ以外の心は起こりません。
ただし、完全に覚る(大悟)するまではその他の心もちらっとは現れるそうです。
また禅定が深まるにつれ、尋、伺、喜、楽の心がなくなっていきます。
禅定には初禅から四禅まで4つの段階(分類法によっては5つの段階)があります。
禅定の浅い順からどの心があるかを記述します。

初禅 尋、伺、喜、楽、一境性
二禅 喜、楽、一境性
三禅 楽、一境性
四禅 一境性


つまり初禅ではまだ対象に意識を向け、それを維持しようとする意志が働きますが、
二禅ではその意志がなくなり、自然に対象に意識が向けられます。

二禅では喜びの感情がまだありますが、
三禅になると喜びという強い感情は消えます。

三禅では楽だという感情がまだありますが、
四禅では意識のみが残り、平静な境地に達します。

さらにこれ以上の境地として、
四無色(空無辺処・識無辺処・有所無処・非想非非想処)という、
対象がなく意識だけがある境地が4つありますが、
筆者の理解の範囲を超えるので省略いたします。

概略を分かりやすく知りたい方には、「初期仏教キーワード」という書籍をお勧めします。

著者星飛雄馬さんのブログ The Sound of Silence Free Tibet !

シリーズ記事
サマーディについての誤解
サマーディの達成の判定方法(五自在)
サマーディで残る心(五禅支)
サマーディは覚りに必須か?

関連記事
瞑想学基礎
悟りとは何か?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2009/05/16 (Sat) 21:00

サマーディは覚りに必須か?

サマーディ(三昧、禅定)とは思考も感情もほとんど、または全く無い状態で、
また非常に高い境地ではあるが、覚り(大悟)ではないことを解説してきましたが、
ではサマーディは覚りに必須かという問題についてです。

いままでの研究調査による結論は以下になります。
覚るためにはサマーディに達していたほうが望ましいが、必須とはいえない。

以前悟りとは何か?で解説したように覚り(大悟)とは、
自己というものは本質的には存在しないと実感として理解し、
全ての苦しみから離れることです。

これを理解するためには、思考も感情も無い状態は必ずしも必要ではありません。
サマーディの体験無く覚った人を、仏教用語では乾観行者と呼びます。
乾観とはサマーディの潤いを知らずに、
観の瞑想(ヴィパッサナー瞑想)だけで覚ったためです。

しかし現実問題としては、
サマーディに達した方が覚れる可能性が高いというのが通論のようです。

なぜならば、精神統一され思考も感情も無い状態から、
そこからわずかに生じた心を精密に観察すると、
自己が存在するという錯覚が生じる過程がよく解り、
それによって覚れるからです。

しかし、サマーディを達成することも簡単ではありません。
サマーディ経由で覚りを目指すか、サマーディを経由しないで覚りを目指すか、
どちらが近道かについては異論がたくさんあります。

人によって向き不向きもあるでしょうから、
信頼できる指導者の判断に頼るか、
サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想の両方を、
真剣に何度もやってみるしかないでしょう。
勘や知識だけで簡単にどちらが良いかを勝手に判断するのは禁物だと考えられます。

以上でサマーディシリーズいったん終了です。

シリーズ記事
サマーディについての誤解
サマーディの達成の判定方法(五自在)
サマーディで残る心(五禅支)
サマーディは覚りに必須か?

関連記事
瞑想学基礎
悟りとは何か?

瞑想・慈愛  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。