QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  ↑Top

2012/12/08 (Sat) 11:00

プラユキ・ナラテボー講演会・瞑想会

プラユキ・ナラテボー師の講演会・瞑想会を開催いたします。

【日時】2013年1月6日(日)9:00~14:00

【テーマ】四聖諦と八正道 ~明るく、楽しく、自由に生きるブッダの智慧と実践~
四聖諦と八正道はブッダが初説法で説いた仏教の最も基本的な教えです。今まで烏山瞑想会主催のプラユキ師の講演会でも度々さわりだけ触れてきましたが、今回はこれにテーマを絞ってじっくりと解説いたします。今まで参加経験のある方にも初参加の方にもどちらにもお勧めの内容です。

【会場】寺町通り区民集会所2階第1会議室
東京都世田谷区北烏山5丁目1番4号
京王線千歳烏山駅東口より徒歩15分
またはバス(烏01系統)で、寺院通1番停留所下車徒歩2分。

【スケジュール】9:00 受付開始
09:15~11:00 講演会
11:00~12:00 質疑応答
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 瞑想会

※昼食と瞑想会は1階和室20畳へ移動します。和室は椅子のご用意も可能です。
※1時間毎に約10分の休憩をはさみます。
※進行の都合上若干の変更がある場合があります。

【参加費】4,000円(当日受付にてお支払いください)
学生の方、障害者の方、生活保護の方、失業中の方など、経済的に余裕のない方には割引制度があります。2000円とさせていただきます。経済的に余裕のない方はお申込の際にお申し出ください。自己申告で書類等を確認することはいたしませんが、経済的に余裕のない方に限ります。
参加費は、運営費および、プラユキ師の渡航費、ハードウェア代を含む通信費、国内滞在費、国内交通費等に充てられます。

【定員】20名(定員になり次第締切)

【申込方法】メールにて下記必要事項をご記入の上お申し込みください。
メールアドレス mercy.wisdom.1@gmail.com
メールタイトル 講演会申込
お名前(ふりがな)
ご住所
連絡先(メールアドレスまたは電話番号)

※お名前にはふりがなをお願いいたします。
※ご住所は市区町村名までで結構です。
※連絡先は当日連絡が取れる連絡先をお書きください。万一変更中止などがある場合はこちらに連絡いたします。申込メールアドレスと同じ場合は、「申込メールアドレスと同じ」とお書きください。

【キャンセルについて】
キャンセル待ちの方が出る可能性もあります。申込受付後キャンセルされる方は、キャンセル待ちの方が参加できるよう、なるべく早めに、遅くとも前日1月5日(土)の18:00までにはご連絡ください。それ以降のキャンセルについては、キャンセル料をいただく場合もございます。

【座談会】
会終了後に、会場1階の和室にて講師を交えてお茶を飲みながら約2時間程度の自由参加の座談会を行います。途中退席も自由ですので、お時間のある方はこちらも是非ご参加ください。

【昼食について】
お手数ですがお弁当をご持参ください。会場から歩いて10分以内には食事を取れる店やコンビニエンスストアはありません。ご来場の際にはあらかじめお弁当をご用意ください。なおプラユキさんにお弁当のお布施をしたい方、歓迎です。お申し込みの際にお申し出ください。

【自動販売機について】
会場には冷水器はありますが、自動販売機はありません。飲み物が必要な方はあらかじめペットボトル等をご用意ください。会場より一番近い自動販売機は、下記地図の「寺町通り高速下」信号千歳烏山駅側の角にあります。座談会でのお茶はこちらでご用意いたします。

【会場について】
お寺に囲まれた落ち着いた良い所です。建物もきれいです。駅から徒歩15分と遠いので、地図をご確認の上余裕を持ってお越しください。
道は駅からほとんど一本道です。途中の目印としては、先ず地図の「千歳烏山駅入口」信号を目指してください。地図にはありませんが、信号のところに交番があるので、迷ったら交番の場所を訊いてください。信号の名前より交番の方が有名です。次に烏山中学校、その次に烏山北小学校を目指します。烏山北小学校まで来ればあとは迷うことはないでしょう。
バスは15分に1本くらいですので、健康な方にはおすすめできません。

teramachidori_kuminshukaijo.jpg

【スタッフ募集】
当日受付やお茶の用意などをするスタッフを2名募集いたします。スタッフ希望の方はお申込の際にお申し出ください。スタッフをやってくださる方は割引いたします。

【お問い合わせ】メールにてお問い合わせください。
メールアドレス mercy.wisdom.1@gmail.com
メールタイトル 問い合わせ

【主催】烏山瞑想会 伴 浩明

【講師紹介】プラユキ・ナラテボー
本名、坂本秀幸。1962年、埼玉県生まれ、上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動を行い、タイ語を学ぶ。
大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。
1988年、ルアンポー・カムキアン師の下にて出家。
現在タイ国スカトー寺副住職。

【参考リンク】
当会主催以外の講演会・瞑想会については、ブログ『プラユキ・ナラテボー師 「よき縁ネット」』およびミクシィコミュニティ「プラユキ・ナラテボー比丘」にかなり集約されていますので、こちらも是非ご参照ください。
「よき縁ネット」http://blog.goo.ne.jp/yokienn
「プラユキ・ナラテボー比丘」http://mixi.jp/view_community.pl?id=5086426

【著作】











コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/12/05 (Wed) 09:30

Linux Mint 13 Lock Screen on Suspend Hibernate

Locking screen (requiring password) when suspend and/or hibernate on Linux Mint 13 should work by setting mateconf-editor, but it doesn't work properly. So I have created a script.

To start mateconf-editor, select "Menu" -> "All" -> "Configuration Editor" or type "mateconf-editor" from terminal.

Then select /apps/mate-power-manager/lock/suspend and check or uncheck suspend and hibernate as you like.

ConfigurationEditor-lock-1.png

But it doesn't work properly. To solve this problem, create a script as as bellow.

Details.

1. Startup editor.

sudo pluma /usr/lib/pm-utils/sleep.d/00lock-screen


2. Copy and paste the following script.

#!/bin/sh

# getXuser gets the X user belonging to the display in $displaynum.
# If you want the foreground X user, use getXconsole!
getXuser() {
        user=`pinky -fw | awk '{ if ($2 == ":'$displaynum'" || $(NF) == ":'$displaynum'" ) { print $1; exit; } }'`
        if [ x"$user" = x"" ]; then
                startx=`pgrep -n startx`
                if [ x"$startx" != x"" ]; then
                        user=`ps -o user --no-headers $startx`
                fi
        fi
        if [ x"$user" != x"" ]; then
                userhome=`getent passwd $user | cut -d: -f6`
                export XAUTHORITY=$userhome/.Xauthority
        else
                export XAUTHORITY=""
        fi
        export XUSER=$user
}

if pidof mate-screensaver > /dev/null; then
    for x in /tmp/.X11-unix/*; do
        displaynum=`echo $x | sed s#/tmp/.X11-unix/X##`
        getXuser;
        if [ x"$XAUTHORITY" != x"" ]; then
            SESSION_PID=`pgrep -U $XUSER -fx "mate-session|x-session-manager"`
            DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$(grep -z DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS= /proc/$SESSION_PID/environ | sed -e 's/DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=//')

            screensaver_lock=`sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS \
                            mateconftool-2 --get /apps/mate-screensaver/lock_enabled`
            use_screensaver_settings=`sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS \
                            mateconftool-2 --get /apps/mate-power-manager/lock/use_screensaver_settings`
            lock_suspend=`sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS \
                            mateconftool-2 --get /apps/mate-power-manager/lock/suspend`
            lock_hibernate=`sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS \
                            mateconftool-2 --get /apps/mate-power-manager/lock/hibernate`

            if [ "`sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS LANG=C mate-screensaver-command --time`" = \
                 "The screensaver is not currently active." ]; then
                is_screensaver_active="false"
            else
                is_screensaver_active="true"
            fi
            echo $is_screensaver_active

            case "$1" in
                suspend)
                    if [ $is_screensaver_active = "false" ]; then
                        if [ $use_screensaver_settings = "true" ] && [ $screensaver_lock = "true" ] ||
                           [ $use_screensaver_settings = "false" ] && [ $lock_suspend = "true" ]; then
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate --lock
                        else
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate
                        fi
                    else
                        if [ $use_screensaver_settings = "false" ] && [ $lock_suspend = "true" ]; then
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --deactivate
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate --lock
                        fi
                    fi
                ;;
                hibernate)
                    if [ $is_screensaver_active = "false" ]; then
                        if [ $use_screensaver_settings = "true" ] && [ $screensaver_lock = "true" ] ||
                           [ $use_screensaver_settings = "false" ] && [ $lock_hibernate = "true" ]; then
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate --lock
                        else
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate
                        fi
                    else
                        if [ $use_screensaver_settings = "false" ] && [ $lock_hibernate = "true" ]; then
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --deactivate
                            sudo -u $XUSER DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=$DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS mate-screensaver-command --activate --lock
                        fi
                    fi
                ;;
                resume|thaw)
                    # nothing
                ;;
            esac
        fi
    done
fi


3. Change permission.

sudo chmod +x /usr/lib/pm-utils/sleep.d/00lock-screen



Then lock screen should work properly.
This program is FREE, but ABSOLUTELY NO WARRANTY.

コラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/11/14 (Wed) 08:30

Inkscape Extension Hue Saturation Lightness

Free vector graphic editor Inkscape has color extensions to change hue, saturation and lightness by default. They are "More Hue", "Less Hue", "More Saturation", "Less Saturation", "More Light" and "Less Light". They can be called from "Menu" -> "Extensions" -> "Color".

However, they are not convenient. So I integrated these extensions to one. This new extension is free to use.

How to install
Create two files "color_huesaturationlightness.inx" and "color_huesaturationlightness.py" under ~/.config/inkscape/extensions/ or /usr/share/inkscape/extensions/ directory. Contents of these files are as bellow.

color_huesaturationlightness.inx

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<inkscape-extension>
    <_name>Hue Saturation Lightness</_name>
    <id>org.inkscape.color.huesaturationlightness</id>
    <dependency location="extensions" type="executable">coloreffect.py</dependency>
    <dependency location="extensions" type="executable">color_huesaturationlightness.py</dependency>
    <dependency location="extensions" type="executable">simplestyle.py</dependency>
    <param _gui-text="Hue (-180 - 180):  " max="180" min="-180" type="int" name="hue" />0
    <param _gui-text="Saturation (-128 - 128):  " max="128" min="-128" type="int" name="saturation" />0
    <param _gui-text="Lightness (-128 - 128):  " max="128" min="-128" type="int" name="lightness" />0
    <effect>
        <object-type>all</object-type>
        <effects-menu>
            <submenu _name="Color"></submenu>
        </effects-menu>
    </effect>
    <script>
        <command reldir="extensions" interpreter="python">color_huesaturationlightness.py</command>
    </script>
</inkscape-extension>


color_huesaturationlightness.py

#!/usr/bin/env python

import coloreffect, inkex

class C(coloreffect.ColorEffect):
  def __init__(self):
    coloreffect.ColorEffect.__init__(self)
    self.OptionParser.add_option("-H", "--hue",
                    action="store", type="int",
                    dest="hue", default=0,
                    help="hue (range -180 - 180)")
    self.OptionParser.add_option("-S", "--saturation",
                    action="store", type="int",
                    dest="saturation", default=0,
                    help="saturation (range -128 - 128)")
    self.OptionParser.add_option("-L", "--lightness",
                    action="store", type="int",
                    dest="lightness", default=0,
                    help="lightness (range -128 - 128)")

  def colmod(self,r,g,b):
    hsl = self.rgb_to_hsl(r/255.0, g/255.0, b/255.0)
    #inkex.debug("hsl: " + str(hsl[0]) + ", " + str(hsl[1]) + ", " + str(hsl[2]))

    # hue
    hsl[0] = hsl[0] + float(self.options.hue) / (180 * 2)
    if hsl[0] > 1.0:
        hsl[0] = hsl[0] - 1.0
    if hsl[0] < 0.0:
        hsl[0] = 1.0 + hsl[0]

    # saturation
    hsl[1] = hsl[1] + float(self.options.saturation) / (128 * 2)
    if hsl[1] > 1.0:
        hsl[1] = 1.0
    if hsl[1] < 0.0:
        hsl[1] = 0.0

    # lightness
    hsl[2] = hsl[2] + float(self.options.lightness) / 128
    if hsl[2] > 1.0:
        hsl[2] = 1.0
    if hsl[2] < 0.0:
        hsl[2] = 0.0

    #inkex.debug("hsl: " + str(hsl[0]) + ", " + str(hsl[1]) + ", " + str(hsl[2]))
    #inkex.debug("")
    rgb = self.hsl_to_rgb(hsl[0], hsl[1], hsl[2])
    return '%02x%02x%02x' % (rgb[0]*255, rgb[1]*255, rgb[2]*255)

if __name__ == '__main__':
    c = C()
    c.affect()


How to use
1) Select objects to change color.
2) Select "Menu" -> "Extensions" -> "Color" -> "Hue Saturation Lightness...".
3) Then a pop up window comes up. Change values as you like.
    HueSaturationLightness.png

This software is FREE, but ABSOLUTELY NO WARRANTY.
If any bugs, please add a comment. Fixing bug is most welcome.

コンピュータ  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)  |  ↑Top

2012/10/19 (Fri) 20:00

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

Ubuntu などでは、パッケージのアップデートの自動通知や自動アップデート機能が使えるが、Bodhi Linuxではデフォルトで自動通知機能は含まれておらず、またインストールしても完全には機能しない。update-notifier は完全に機能するが、update-manager が Bodhi Linux のリポジトリが鍵認証を用いていないため、信頼できないパッケージがあるとしてエラーメッセージを出すためである。(詳細はBodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説を参照のこと)

しかし update-notifier の自動通知機能だけ使って、実際のアップデートは Synaptic または apt-get を使うとか、Bodhi Linux 関連のパッケージがアップデートパッケージに含まれていない場合には update-manager を使い、含まれている場合には Synaptic や apt-get を使うという選択肢もあり得る。

そこで今回は、update-notifier と update-manager のインストールと設定について解説する。なお update-notifier は update-manager に依存しているので、単独でインストールすることはできない。

手順の概略は次の通り。
・ダウンロードサーバの設定の確認
・update-notifier と update-manager のインストール
・スタートアッププログラムへの登録
・再起動
・自動通知の設定
・アップデートの実行
・パスワード入力の設定

では以下詳細について解説。

・ダウンロードサーバの設定の確認
ダウンロードサーバの設定が最適なサーバに未変更の場合、最適なサーバに変更する。すでに変更済の場合は変更不要。変更方法はBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ダウンロードサーバの変更を参照のこと。

・update-notifier と update-manager のインストール
Synaptic または apt-get を用いて update-notifier のインストールをする。update-manager は update-notifier の依存パッケージなので自動的にインストールされる。その他自動で合計36個の新規インストールと3個のアップグレードが行われる。(個数はそれまでのインストール状況などやバージョンによって変わる可能性あり)。

Synaptic での手順。
・Reload アイコンをクリックする。
・update-notifier を検索する。
・update-notifier をクリックして、Mark for Installation を選択する。
・Apply アイコンをクリックする。
・Apply ボタンをクリックする。
・インストール途中で Replace configuration file '/etc/apt/apt.conf.d/10periodic'? と訊かれる。
・Difference between the files をクリックして内容を確認し、leafpad などで内容を控えておく。
・インストール途中の設定変更は Keep がデフォルトだが、ここは Replace を選択する。
・インストール終了まで待って Synaptic を閉じる。
以上でインストール終了。

apt-get での手順。
・ターミナルより以下のコマンドを入力し、パッケージ情報の更新をする。

sudo apt-get update

・パスワードを訊かれるのでパスワードを入力する。
・次のコマンドを入力し、インストールを開始する。

sudo apt-get install update-notifier

・Do you want to continue? と訊かれるので Enter または Y を入力する。
・インストール途中で次のように訊かれる。

Configuration file '/etc/apt/apt.conf.d/10periodic'
(中略)
***10periodic (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ?

・D を入力して内容を確認し、leafpad などで内容を控えておく。
・q を入力して差分確認画面を閉じる。
・インストール途中の設定変更は N がデフォルトだが、ここは Y を選択して設定変更する。
・インストール終了まで待つ。
以上でインストール終了。

/etc/apt/apt.conf.d/10periodic の変更内容について。表示された変更内容のコピーは以下の通り。

--- /etc/apt/apt.conf.d/10periodic 2012-10-19 12:37:19.965242574 +0900
+++ /etc/apt/apt.conf.d/10periodic.dpkg-new 2012-05-16 08:22:32.000000000 +0900
@@ -1,2 +1,3 @@
+APT::Periodic::Update-Package-Lists "1";
APT::Periodic::Download-Upgradeable-Packages "0";
-APT::Periodic::Unattended-Upgrade "0";
+APT::Periodic::AutocleanInterval "0";


ここで、行頭に + がついているのは追加される行で、- がついているのは削除される行。
各行の意味は次の通り。

APT::Periodic::Update-Package-Lists "1";
 apt-get update を 1 日毎に実行する。
APT::Periodic::Download-Upgradeable-Packages "0";
 upgrade できるパッケージの自動ダウンロードをしない。
APT::Periodic::Unattended-Upgrade "0";
 apt-get upgrade を自動的に実行しない。
APT::Periodic::AutocleanInterval "0";
 apt-get autoclean を自動的に実行しない。

・スタートアッププログラムへの登録
スタートアッププログラムに PolicyKit Authentication Agent と Update Notifier を追加する。
手順は以下の通り。

・Menu -> Settings -> All -> Apps -> Startup Applications を開く。
bodhi_update_73.jpg

・PolicyKit Authentication Agent を追加する。
bodhi_update_74.jpg

・Update Notifier を追加する。
bodhi_update_75.jpg

・スタートアップアプリケーションの順番を確認する。
bodhi_update_76.jpg

PolicyKit Authentication Agent は、update-manager の操作をする際、root 権限が必要になるので、その認証ポリシーのために必要となる。スタートアップで起動しておかないと、認証が必要ケースでボタン等をクリックしても何も変更ができない。

スタートアップアプリケーションの起動順序は以下の順にする。
・Network
・PolicyKit Authentication Agent
・Update Notifier
たぶんどのような順序でも実際には動作するが、この順序であるべき。

・再起動
ここまで終わったら再起動する。たぶんログアウト・ログインでも問題ないが、念のため。

ログインして Update Manager が自動的に起動したらインストールは成功している。
ただし、前回パッケージをアップデートした後、今回のインストールの間に新しいアップデートがない場合は通知するものが何もないので起動しない。その場合は次の手順で Update Manager を起動する。
Menu -> Applications -> Preferences -> Update Manager (Software Updates)
bodhi_update_77.jpg


・自動通知の設定
自動通知の設定の手順について。
Update Manager の起動画面は次の画像。
bodhi_update_78.jpg

左下の Settings をクリックして設定画面を開く。この画面は Synaptic の Repositories と共通である。
bodhi_update_79.jpg
設定変更前

どこか設定を変更しようとするとパスワードの入力を求められるので、パスワードを入力する。ただし、When there are other updates の変更だけはなぜかパスワードの入力なしでできる。なお先程スタートアッププログラムに PolicyKit Authentication Agent を登録したが、登録しておかないとパスワードも訊かれないが、変更しても何も反映されない。一度設定画面を閉じ、もう一度開くと元に戻っている。
bodhi_update_80.jpg

設定を好きなように変更する。お勧めの設定は以下の通り。(画面をクリックすると拡大される)
bodhi_update_81.jpg
設定変更後

それぞれの設定の意味はこちらが分かりやすい。
kledgeb: Ubuntu 12.04 アップデートマネージャ その5 - アップデートの設定
このシリーズはその1からその7まであるので、目を通しておくと良い。
kledgeb: Ubuntu 12.04 アップデートマネージャ

こちらの記事もお勧めなので、こちらも目を通しておくと良い。
Ubuntu Weekly Recipe:第83回 アップデートの管理
Ubuntu Japanese Team のスタッフが書いているので、質の高い情報が得られる。

・アップデートの実行
設定が終わったら設定画面を閉じ、メイン画面に戻り、Check をクリックする。
画面にアップデートするパッケージが表示されていたら内容を確認して、Install Updates をクリックする。
するとパスワードの入力を求められるのでパスワードを入力する。
bodhi_update_82.jpg


これでアップデートが始まればそれでOKである。
しかし以下のようなエラーが表示される場合がある。

Require installation of untrusted packages
The action would require the installation of packages from not authenticated sources.


bodhi_update_83.jpg

Details をクリックして中身をみると、Bodhi Linux 関連のパッケージが引っかかっているはずである。
bodhi_update_84.jpg

この場合は Update Manager でのアップデートを諦めて、Synaptic または apt-get でアップデートする。

なお、中途半端にアップデートできるものだけアップデートしようとしない方が良いだろう。理解して選択するなら良いが、そうでない場合、依存関係の整合性が取れなくなるかもしれない。筆者も試しに Synaptic から Bodhi Linux 関連のパッケージのみアップデートしてみたことがあるが、Enlightenment が起動しなくなり、再インストールをするはめになった。

・パスワード入力の設定
Update Manager でいちいちパスワードを入力するのが面倒な人は、パスワード入力を省く方法がある。Ubuntu では 11.10 からパスワード入力なしでアップデートできるようになっている。Ubuntu と同じようにしたいなら、policykit-desktop-privileges をインストールすると同じようになる。ただしこれは Ubuntu 用なので、Bodhi Linux、より正確に言えば Enlightenment にとっては不要な記述や副作用のある記述が含まれている。(例えばハイバネートできないようにしてある)。しかし書き方の参考にはなるので、一度インストールしてコピーを取っておくと良い。コピーを取ったらアンインストールすれば良い。インストールすると /var/lib/polkit-1/localauthority/10-vendor.d/com.ubuntu.desktop.pkla というファイルができるので、これのコピーを取っておく。

インストールとアンインストールは以下のコマンド。

sudo apt-get install policykit-desktop-privileges
sudo apt-get purge policykit-desktop-privileges


もちろん Synaptic を使っても良い。ちなみに Synaptic では、以下の方法でインストールしたファイルの一覧を簡単に見ることができる。

Properties アイコン -> Installed Files タブ


次に設定ファイルの作成を行う。ローカルの設定ファイルは /var/lib/polkit-1/localauthority/50-local.d/ に置くと決まっているようであるので、それに従う。名前は .pkla で終われば何でも良いようなので、update-manager.pkla とでもしておく。

sudo leafpad /var/lib/polkit-1/localauthority/50-local.d/update-manager.pkla


以下の内容を記述して保存する。

[Update already installed software]
Identity=unix-group:adm;unix-group:sudo
Action=org.debian.apt.upgrade-packages
ResultActive=yes

Identity=unix-group:adm;unix-group:sudo
Action=org.debian.apt.install-or-remove-packages
ResultActive=yes

[Apply software properties changes]
Identity=unix-group:adm;unix-group:sudo
Action=com.ubuntu.softwareproperties.applychanges
ResultActive=yes


あるいは1ブロックにまとめても良い。

[No password for Update Manager]
Identity=unix-group:adm;unix-group:sudo
Action=org.debian.apt.upgrade-packages;org.debian.apt.install-or-remove-packages;com.ubuntu.softwareproperties.applychanges
ResultActive=yes


[]はコメント。
Identity はこのポリシーが適用されるグループまたはユーザ。
Action はアップデートマネージャのパスワード要求画面の Details をクリックすると表示される Action。
ResultActive は yes ならパスワードなし、auth_admin ならパスワード要求。

ファイルを作成すれば、再起動をしなくても即時に反映されるはずである。

アップデートマネージャのパスワード設定について参考にしたのはこちら。
11.10 - Update Manager doesn't ask for a password - Ask Ubuntu
マニュアルはこちら。
Ubuntu Manpage: pklocalauthority - PolicyKit Local Authority

以上でアップデートの自動通知設定の解説と「Bodhi Linux アップデート手順と注意点」シリーズは終了。
なお、Bodhi Linux のアップデートの自動通知設定については参考資料がなく、Ubuntu の資料を参考に試しながらやったので、不具合があった場合はご容赦を。また何か不具合や情報があればコメントいただければありがたいです。


Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/10/19 (Fri) 12:00

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート

Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

前回までインストール直後のアップデートの手順と注意点の解説行った。
今回は2回目以降のアップデートの手順と設定について解説する。概略は次の通り。
・Synaptic を使ったアップデートの手順
・apt-get を使ったアップデートの手順
・Synaptic または apt-get を使う場合の設定

以下2回目以降のアップデートの手順と設定について解説。

・Synaptic を使ったアップデートの手順
bodhi_update_61.jpg

Synapticパッケージマネージャを起動し、次の順にアイコンをクリックする。
つまり、アイコンを左から順にクリックしていけば良い。

Reload
Mark All Upgrades
Apply


Reload はリポジトリにあるパッケージ情報の再読読込。apt-get update と同じ。
Mark All Upgrades はアップデートのある全てのパッケージのアップデート指定。
Apply はアップデートの実行。

以上で終了。アップデートの途中で何か質問されてきたり、トラブルがあった場合の対処についてはBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)を参照していただきたい。
また Mark All Upgrades でアップデートするパッケージがない場合は Apply がアクティブにならないので、そのままSynaptic を終了して良い。

・apt-get を使ったアップデートの手順
ターミナルを起動し、以下の順にコマンドを入力する。

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade


以上で終了。アップデートの途中で何か質問されてきたり、トラブルがあった場合はやはりBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)が参考になるだろう。

なおパッケージのアップデートは、sudo apt-get dist-upgrade の他に、sudo apt-get upgrade があるが、少なくとも Bodhi Linux の場合は dist-upgrade の方が良い。upgrade だと取り残されるパッケージが発生する場合があり、Enlightenment が起動しなくなる場合がある。Synaptic では内部で dist-upgrade を使っているので取り残されるパッケージはない。upgrade と dist-upgrade の違いについての詳細は検索していただきたい。

場合によってはアップデート終了後、次のコマンドを入力しても良い。

sudo apt-get autoremove


autoremove は不要になったパッケージの自動削除である。不要になったパッケージがある場合は upgrade の最中に表示され、sudo apt-get autoremove を入力すると自動削除できると教えてくれる。やらなくても良いが、無駄なパッケージを置いておいても仕方ないし、ディスクスペースの解放になる。

さらに、好みによって以下のコマンドのどちらかを実行しても良い。

sudo apt-get autoclean
sudo apt-get clean


これらはダウンロードされたパッケージインストールファイル(パッケージ名.deb ファイル)の削除である。.deb ファイルは /var/cache/apt/archives/ にキャッシュされている。それらのファイルの削除である。autoclean と clean の違いは、autoclean はもうインストールされていないパッケージの .deb ファイルの削除、clean は全ての .deb ファイルの削除である。なお筆者のばあいはどちらも実行しない。理由は、旧いバージョンのパッケージが必要となったり、.deb ファイルの情報が必要となったりする場合があるためである。しかし一般にはそういうケースはほとんどないだろうから、削除してしまっても良い。

・Synaptic または apt-get を使う場合の設定
Synaptic または apt-get を使う場合の設定は通常デフォルトのままで良いが、変更したい場合の手順について。Synaptic を起動し、以下の順でリポジトリ情報を表示する。

Menu -> Settings -> Repositories


タブが5つあるので、左のタブから順に簡単に説明する。

bodhi_update_62.jpg
Ubuntu Software

Ubuntu のパッケージのリポジトリである。チェックボックス5つは基本的にデフォルトままで良いだろう。Download from: については、もし以前に何も設定を変えていないなら、最適なサーバに変更した方がダウンロードが速くなるので、最適なサーバに変更した方がよい。変更の方法はBodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)を参照のこと。ここでの変更は /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_63.jpg
Other Software

Ubuntu 以外のパッケージのリポジトリである。Bodhi Linux のパッケージのリポジトリもここに含まれている。基本的にこのままで良いが、もし他のリポジトリを追加し、もうそのリポジトリのパッケージが不要になったらチェックを外すか、または削除した方が良い。ダウンロードが速くなる。ここでの変更も /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_64.jpg
Updates

アップデート通知(update-notifier)を使わない場合、関係するのは上の4つのチェックボックスのみである。下の4つのドロップダウンメニューはアップデート通知に関連なので、アップデート通知を使わない場合は関係ない。デフォルトのままでも良いが、4番目の Unsupported updates (precise-backports) のチェックは外したほうが良いかもしれない。詳しくはこちらを。
Ubuntu Weekly Recipe:第83回 アップデートの管理
ここでの変更も /etc/apt/sources.list に反映される。


bodhi_update_65.jpg
Authentication

リポジトリの公開鍵の一覧である。鍵の追加や削除はここで行う。(コマンドから行なっても良いが)。通常あまりいじることはないだろう。


bodhi_update_66.jpg
Statistics

ソフトウェアのインストール情報の Ubuntu チームへの匿名での送信。パッケージの人気度の調査に使う。チェックしておけば Ubuntu パッケージの改善に協力することになる。チェックしてもしなくてもどちらでも良い。

以上で2回目以降のアップデートの手順の解説は終了。


Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  ↑Top

2012/10/18 (Thu) 04:15

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)

Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説

Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

第1回目では、インストール直後のアップデートの手順と、注意点について触りだけ述べた。今回は注意点の詳細について解説する。注意点は以下の2つ。

・アップデートマネージャは使えない場合があるので、基本的にアップデートは手動で行う。
・カーネルのアップデートはしない方が良い。

以下詳細について解説する。

・アップデートマネージャは使えない場合があるので、基本的にアップデートは手動で行う。
Bodhi Linux 2には、アップデートマネージャやアップデート通知はデフォルトでは含まれていない。またアップデートマネージャを使うことを全く意識していない。Bodhi Linux のフォーラムを見ると、開発者グループ自身によって、apt-get または Synaptic でアップデートせよと書かれている。アップデートマネージャのようなものを使って自動でやるよりも、手動でやるべきだとも書いてある。しかし今回、update-manager と update-notifier をインストールして、使えるかどうかを試してみた。

結論から書くと、Bodhi Linux 関連、つまり主に Enlightenment 関連以外のパッケージはアップデート可能である。また、Bodhi Linux 関連のパッケージも、更新の通知だけは受け取れる。従って、update-manager と update-notifier を使うかどうかは個人の判断による。不完全ながらもツールとして使うか、元々それらをインストールしないかである。いずれにしても手動アップデートは必ず必要な時がある。

ではなぜ Bodhi Linux 関連パッケージがアップデートマネージャでアップデートできないのかを解説する。

先ずアップデートマネージャのエラー画面を見ていただきたい。
bodhi_update_51.jpg

信頼できないパッケージが含まれいる、というセキュリティエラーである。Details をクリックして何がエラーパッケージかを見ると、Bodhi Linux 関連のパッケージが並んでいる。
bodhi_update_52.jpg

なぜ Bodhi Linux 関連のパッケージが信頼できないのか、Synapticパッケージマネージャでリポジトリ情報を見てみる。(アップデートマネージャからも同じものを見ることができる)Synaptic を起動して、以下の手順でリポジトリ情報を表示する。

Menu -> Settings -> Repositories


Ubuntu Software と Other Software を見てみると、Bodhi Linux は Other Software に含まれていることが判る。
bodhi_update_53.jpg
Ubuntu Software

bodhi_update_54.jpg
Other Software

つまり Synaptic やアップデートマネージャから見ると、Bodhi Linux はその他のソフトウェアに過ぎないのだ。
さらに、Authentication を見てみる。
bodhi_update_55.jpg
Authentication

なんと Bodhi Linux のリポジトリの公開鍵が登録されていない。

なんとかアップデートマネージャを完全に使えるようにできないかと色々調べたが、以下の事が判った。
Bodhi Linux のリポジトリには公開鍵がない。そもそも鍵認証をしていない。
アップデートマネージャに鍵認証なしで強制的にアップデートさせる方法はない。
つまりどうにもならない。よって最初の結論に達する。ひどい話である。
(いや、実は方法はなくはない。update-manager のソースをダウンロードして、エラーチェックの部分を探し出し、そこをコメントアウトすればできるはずだ。しかしそこまでやるか?という感じである。)


・カーネルのアップデートはしない方が良い。
これもひどい話なのだが、、、
通常カーネルのアップデートはやるべきである。しかし Bodhi Linux の場合、カーネルのアップデートをすると不具合が生じる場合がある。Bodhi Linux 2.0.1 32bit の元々のカーネルのバージョンは 3.2.0-26-generic である。そしてデフォルトではカーネルのアップデートはしないように設定されている。
試しに Synaptic より以下のバージョンのカーネルをインストールしてみた。

3.2.0-27
3.2.0-29
3.2.0-30
3.2.0-31
3.2.0-32
3.4.0-3
3.5.0-11


3.4.0-3 と 3.5.0-11 は全くダメだった。ログイン画面までは順調に進み、ログインして Enlightenment を起動すると次の画面のようになった。
bodhi_update_42.jpg

3.2.0-31 と 3.2.0-32 は起動画面が乱れて次の画面のようになった。(ただしログイン画面は正常に表示され、Enlightenment も一応正常に起動できているようではあったが)
bodhi_update_43.jpg

その他のバージョンも、起動時に一瞬エラーメッセージが表示されるバージョンもあった。

つまり、カーネルをアップデートすると何が起きるか分からない。よって、カーネルのアップデートはしない方が良いという最初の結論に達する。

それでも自分で試して見たい方は、必ず grub2(ブートローダ)の設定を変更してから試すことをお勧めする。デフォルトの設定では、起動時に grub2 はカーネルバージョン選択画面を表示しない。カーネルバージョンを選択できるようにしておかないと、不具合が起きて万一 GUI が使えなくなった場合、CUI で設定の変更を余儀なくされ、面倒なことになる可能性がある。grub2 でカーネルの選択ができるようにしておけば、何かあった場合でも再起動してカーネルを選択し直すだけで問題ない。

具体的には以下のように行う。

sudo leafpad /etc/default/grub


次の行を探す。

GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0


この行をコメントアウトする。

# GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0


次のコマンドを入力する。

sudo update-grub2


grub2 について基本的な解説はこちらが良い。
GRUB を設定する ~ GRUB 2 編 - いますぐ実践! Linuxシステム管理
さらに、前回起動したバージョンを次回起動時にデフォルトにする設定はこちらを。
個人的Linux: Grub2で前回起動したものを記憶させる

ちなみに、3.2.0 系列のカーネルを常にアップデート対象に含めるには以下のコマンド。

sudo apt-get install linux-generic


もちろん Synaptic からインストールしても良い。

以上でアップデートの注意点解説は終了。


Bodhi Linux アップデート手順と注意点シリーズ目次
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その1)ー インストール直後のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その2)ー アップデートの注意点解説
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その3)ー 2回目以降のアップデート
Bodhi Linux アップデート手順と注意点(その4)ー アップデートの自動通知設定

目次
Bodhi Linux 目次
Bodhi Linux インストール後作業一覧

Bodhi Linux  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。